○東宝DVD名作セレクション(成瀬巳喜男監督作品)

「○東宝DVD名作セレクション(成瀬巳喜男監督作品)」 Prev|NEXT ⇒ ○日活100周年邦画クラシックス・GREATシリーズ 
○あの頃映画 松竹DVDコレクション
 ○東宝DVD名作セレクション(黒澤明監督作品) ○東宝DVD名作セレクション(成瀬巳喜男監督作品) ○日活100周年邦画クラシックス・GREATシリーズ

0秀子の車掌さん.jpg秀子の車掌さん
節面白きバスガールの案内調!都会を知らぬ乙女の純情さを描く
【CAST】高峰秀子、藤原鶏太(藤原鎌足)、夏川大二郎、清川玉枝
【STAFF】原作:井伏鱒二 監督:成瀬巳喜男 脚本:成瀬巳喜男  音楽:飯田信夫
【STORY】甲州の路線バスで働く少女の姿を生き生きと描いた、井伏鱒二の「おこまさん」を映画化。バスガールのおこまは、お客さんに喜んでもらおうと沿線の名所案内を思いつき、その原稿を旅館に逗留していた作家・井川に依頼した。バス会社の社長も賛成し、話はとんとん拍子に進んでいくが...。数々の名作を生みだした高峰秀子と成瀬巳喜男は、この作品で初めて顔を合わせた。
・1941年 【3009】 ○ 成瀬 巳喜男 (原作:井伏鱒二) 「秀子の車掌さん (1941/09 東宝) ★★★★

0めし.jpgめし
サラリーマン夫婦の微妙な愛情の交錯を鋭く描く大東宝の文芸巨大作!
【CAST】原節子/上原謙/島崎雪子/杉葉子
【STAFF】原作:林芙美子 監督:成瀬巳喜男 脚本:田中澄江、井手俊郎 音楽:早坂文雄
【STORY】周囲の反対を押し切って結婚したものの、今は倦怠な雰囲気が否めない夫婦。その家に奔放な姪が転がり込み、二人の間にささやかな波紋を投げかける。林芙美子の未完に終わった絶筆の映画化。病気降板の千葉泰樹監督に代わりメガホンを取った成瀬巳喜男は、本作で独自の映画スタイルを構築。また、日本映画史上に燦然と輝く名コンビ「原作・林芙美子=監督・成瀬巳喜男」の最初の映画でもある。主演の原節子は、毎日映画コンクール女優演技賞を獲得するなど、成瀬演出に名演で応えている。
・1951年 【3254】 ○ 成瀬 巳喜男 (原作:林 芙美子) 「めし (1951/11 東宝) ★★★★

0山の音.jpg山の音
溢れくる愁いにひとりきく山の音 愛情のなだれか女の嗚咽か......
【CAST】出演:原節子/山村聰/杉葉子/上原謙
【STAFF】原作:川端康成 監督:成瀬巳喜男 脚本:水木洋子 音楽:斎藤一郎
【STORY】ノーベル賞作家・川端康成の同名小説を「おかあさん」で成瀬と初コンビを組んだ水木洋子が脚色。鎌倉の中流家庭を舞台に、自身の老いに漠然とした不安と孤独を感じている主人公が、浮気がちな息子に耐える嫁を不憫に思い、優しく気遣ううちに、やがて複雑な気持ちの芽生えに揺れ動く姿を淡々と見つめる。清楚な美しさの中に強い意志を秘めた嫁の菊子役を、原節子が好演している。『めし』以降、成瀬の好調ぶりを如実に示す格調高い傑作となった。
・1954年 【1376】 ○ 成瀬 巳喜男 (原作:川端康成)「山の音 (1954/01 東宝) ★★★☆

0浮雲.jpg浮雲
荒野に翳る浮雲の流れ哀しき運命か あわれ女の愛情流転
【CAST】高峰秀子、森雅之、中北千枝子、岡田茉莉子
【STAFF】原作:林芙美子 監督:成瀬巳喜男 脚本:水木洋子  音楽:斎藤一郎
【STORY】戦中戦後の混乱期にあって、ただ愛欲の赴くままにお互いを拠り所とし、流され落ちていく男女を見つめた恋愛映画の傑作。成瀬巳喜男監督の集大成であり、日本映画史に残る名作。
・1955年 【3032】 ◎ 成瀬 巳喜男 (原作:林 芙美子) 「浮雲 (1955/01 東宝) ★★★★☆
   

0流れる.jpg流れる
揺れる大川端、格子づくりの家が並ぶ芸者街 ここに住む女たちの儚く美しい生活の時――
【CAST】田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、岡田茉莉子
【STAFF】原作:幸田文 監督:成瀬巳喜男 脚本:田中澄江、井手俊郎 音楽:斎藤一郎
【STORY】柳橋界隈の花街を舞台に、芸者置屋で働く女中の目を通してそこに集う女たちの悲喜劇を描く。田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子、杉村春子、岡田茉莉子など日本映画史を彩る女優たちの華やかな競演。さらに成瀬巳喜男監督に請われ18年ぶりに銀幕に復帰した、松竹蒲田撮影所のスター女優・栗島すみ子の存在が光る。
・1956年 【1495】 ○ 成瀬 巳喜男 (原作:幸田 文) 「流れる (1956/11 東宝) ★★★☆

0放浪記.jpg放浪記
花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき...
【CAST】高峰秀子、田中絹代、宝田明、加東大介
【STAFF】原作:林芙美子 監督:成瀬巳喜男 脚本:田中澄江、井手俊郎 音楽:古関裕而
【STORY】舞台でもロングランを続けた、林芙美子の自伝的ベストセラー小説を映画化。行商人の娘として生まれたヒロイン・ふみ子が、貧困にあえぐなかでカフェの女給などをしながら詩作に励み、やがて文壇で脚光を浴びるまでを描く。主演の高峰秀子をはじめ、母親役の田中絹代、夫役の宝田明の好演が光る東宝創立30周年記念作品。
・1962年 【3085】 ○ 成瀬 巳喜男 (原作:林 芙美子/菊田一夫) 「放浪記 (1962/09 東宝=宝塚映画) ★★★★

About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 00:08.

○日活100周年邦画クラシックス・GREATシリーズ was the previous entry in this blog.

○東宝DVD名作セレクション(黒澤明監督作品) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1