【3174】 ○ ディーン・パリソット 「名探偵モンク(第1話)/狙われた市長候補」 (02年/米) (2004/03 NHK-BS2) ★★★★ (○ ケビン・インチ 「名探偵モンク(第2話)/第一発見者は超能力者」 (02年/米) (2004/04 NHK-BS2) ★★★☆)

「●TV-M (名探偵モンク)」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【2923】 「名探偵モンク(第14話)/時計台の殺人
「●や‐わ行の外国映画の監督①」の インデックッスへ 「○外国映画 【制作年順】」の インデックッスへ 「○都内の主な閉館映画館」の インデックッスへ(京王地下)

記念すべき第1話は2つの事件を扱う拡大版。第2話でいきなり変化球。

名探偵モンク d1.jpg 「狙われた市長候補」1.jpg 「第一発見者は超能力者」1.jpg
名探偵モンク シーズン1 バリューパック [DVD]」第1話「狙われた市長候補」"Mr. Monk and the Candidate"/第2話「第一発見者は超能力者」"Mr. Monk and the Psychic"
第1話「狙われた市長候補」
「狙われた市長候補」2.jpg サンフランシスコ市警の名刑事だったモンクは、ある事件以来、極度の神経症のため3年間の休職を余儀なくされながらも、犯罪コンサルタントとして怪事件の解決に貢献していた。ある日、サンタクララで起きた女性の殺人事件のコンサルタントを頼まれたモンクは、シャローナと一緒に犯罪現場を訪れ、犯人の特徴を言い当てる。その後自宅に戻ってきたモンクだが、サンフランシスコ市長選挙の候補者の一人ワレン(マイケル・ホーガン)が演説中に暗殺未遂に遭い、ボディガードが殺される。事態を重く見た助役から捜査の協力を頼まれ―。

 「狙われた市長候補」は、2002年7月スタートのシーズン1(全13話)(日本ではNHK-BS2で2004年3月からレギュラー放送を開始したが、シーズン1については2003年6月から「モンク」のタイトルでビデオレンタルとしてVol.1〜6(全13話)が出されていた)の記念すべき第1話であり、前後編から成る拡大版で、内容的にも2つの事件を扱うものになっています。

「狙われた市長候補」3.jpg この頃は、モンクが警察官への復職を強く望み、一方で元上司のストットルマイヤー警部や元同僚のディッシャー警部補はモンクの異常な潔癖ぶりに彼をややお荷物のように感じている面もあった感じです。モンクは、そうして元上司・同僚に疎まれながらも難事件・怪事件を解決していくというパターンが主でしたが、やがてストットルマイヤー警部などはだんだんモンクを頼りにするようになっています。

 市長選挙の候補者暗殺未遂事件の謎解きが見事です。関係者を調べていくと暗殺者を雇って流れ弾で護衛の方を殺したのではないかと考え、事件時にビル街にも関わらず発砲音のあった方向から狙撃手のいた場所を言い当てた選挙参謀がどうやら怪しいと―。結局、モンクはこの事件を解決して、以来、市長から直接指名で事件捜査に当たるよう要請があったりするようになったわけです。

第2話「第一発見者は超能力者」
「第一発見者は超能力者」2.jpg 警察本部長のアシュコム(ジョン・ブルジョワ)の妻、キャサリンが行方不明に。アシュコムは記者会見を開き、妻に呼びかける。モンクはトゥルーディのことを思い出し、捜査の解決に協力を申し出る。ところがその後、事件は急展開を迎える。霊能者のドリー(リンダ・キャッシュ)がある朝目を覚ますとがけの下におり、そこにはキャサリン・アシュコムの死体が。ドリーはキャサリンの霊に招かれたと言うが、モンクは到底信じることができない。やがてモンクはアシュコムが犯人だと確信するが、一体なぜドリーが第一目撃者に選ばれ、そして何のために夫人は殺されたのか?

 「第一発見者は超能力者」は、シーズン1第2話にしてかなりコメディ的要素が強まった印象です。でも、ミステリとしてもまずまずでした。犯人が夫で市警本部長アシュコムであることも、妻を殺害する手口も冒頭から明かされていて、本題となる謎は、どのような理由で死体発見の霊能力者を絡ませたかということでした。

「第一発見者は超能力者」3.jpg モンクならずともドリーの霊能力なるものがインチキだとは誰もが思うわけですが(シャロローナは信じている風。過去に実績もあったというが偶然か)、彼女がどうして死体の第一発見者になり得たのかが(これが事件解決のカギになるわけだが)どうしても分かりませんでした。

 結局、犯人は彼女の霊能者としてもっともらしく振舞う性質を利用したわけで、ただ、死体発見後の彼女のどや顔的な振る舞いはともかく、犯人が彼女を現場に導くまでが計画犯罪としてはかなり不確定要素が大きいようにも思いました。

 最後、ドリーも超能力なんてデタラメだと自ら告白し、捜査に協力するのが可笑しいです。悪い人じゃないということですね。「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」と同じく倒叙ミステリーでしたが、これはシリーズ全体の中では少数派であり、ある意味、第2話にしていきなり変化球できたとも言えるかと思います。

「狙われた市長候補」4.jpg「名探偵モンク(第1話)/狙われた市長候補」(Season1 | Episode 1・2)●原題:Mr.MONK and the CANDIDATE●制作年:2002年●制作国:アメリカ●本国放映:2002/07/12●監督:ディーン・パリソット●脚本:アンディ・ブレックマン●時間:86分●出演:トニー・シャルーブ/ビティ・シュラム/テッド・レヴィン/ジェイソン・グレイ=スタンフォード/(ゲスト)マイケル・ホーガン/ベン・バス●日本放映:2004/03/30●放送:NHK-BS2(評価:★★★★)
   
「第一発見者は超能力者」4.jpg「名探偵モンク(第2話)/第一発見者は超能力者」(Season 1 | Episode 3)●原題:Mr.MONK and the PSYCHIC●制作年:2002年●制作国:アメリカ●本国放映:2002/07/19●監督:ケビン・インチ●脚本:ジョン・ロマノ●時間:43分●出演:トニー・シャルーブ/ビティ・シュラム/テッド・レヴィン/ジェイソン・グレイ=スタンフォード/(ゲスト)リンダ・キャッシュ/ジョン・ブルジョワ●日本放映:2004/04/06●放送:NHK-BS2(評価:★★★☆)

●「名探偵モンク」エピソード別IMDbレーティング(評価)
「名探偵モンク」エピソード別IMDb.jpg

About this Entry

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1