〔27〕 業績・成果反映型賞与の設計③-原資管理に主眼を置いた「ポイント方式」

更新日

● 原資管理に主眼を置いた「ポイント方式」
前節の「等級別基礎額方式」と同じように基本給から切り離した賞与算定方式で、より柔軟な賞与原資の管理に主眼を置いたものに「ポイント方式」があります。
「ポイント式」業績賞与は、総額の確定している賞与原資がまずありき、という前提のもとに、次のような流れで算定します。
① 等級・評価ごとに支給額ポイントを設定する(ポイントテーブルの作成)
② 支給対象全員に個々の等級・評価に沿って支給額ポイントを割り当てる
③ 支給対象全員の総ポイント数を求める(Σ(支給額ポイント×人員)=総ポイント数)
④ 賞与原資÷総ポイント数=1ポイント当たりの単価
⑤ ポイント単価×等級・評価ごとのポイント=等級・評価ごとの支給額
⑤は<ポイント単価×個々の支給額ポイント=個々の賞与支給額>と言い換えることもできます。


27-01.gifポイントテーブルの作成手順は、次の通りです。
① 実績に基づく(標準評価〔B〕での)等級別支給額ポイントを仮設定する
② (標準評価〔B〕での)あるべき等級別支給額ポイントを設定する
③ 評価間格差を設定する(左表上)
④ 支給額ポイントに置き換える(左表下)


 |