【2867】 ◎ 増子 和男/林 和利/勝又 浩 『大人読み『山月記』 (2009/06 明治書院) ★★★★☆

「●文学」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【2812】 頭木 弘樹 『絶望名人カフカの人生論
「●な 中島 敦」の インデックッスへ

「山月記」「名人伝」「弟子」「李陵」で中島敦が原典をどうアレンジしたかが分かる。

大人読み『山月記』.jpg 李陵・山月記 (新潮文庫).jpg 山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫).jpg 李陵・山月記・弟子・名人伝 (角川文庫).jpg Nakajima_Atsushi.jpg 中島 敦
大人読み『山月記』』『李陵・山月記 (新潮文庫)』(表紙版画:原田維夫)[山月記/名人伝/弟子/李陵]/『山月記・李陵 他九篇 (岩波文庫)』[李陵/弟子/名人伝/山月記/文字禍/悟浄出世/悟浄歎異/環礁/牛人/狼疾記/斗南先生]/『李陵・山月記・弟子・名人伝 (角川文庫)』[李陵/弟子/名人伝/山月記/悟浄出世/悟浄歎異]

大人読み『山月記』2.JPG 中島敦の「山月記」と言えば、教科書の定番中の定番ですが、その分、教科書で読んだからということで、もう大人になってからは読まない人が多いのではないでしょうか。また、「李陵」などは、『史記』などをベースにしたものであることは分かっていても、どの部分に作者の《作家性》が反映されているかというころまでは(たとえ関心があったとしても)なかなか自分で調べるまでには至らないのではないかと思います。

 本書では、第1章(増子和男)で「山月記」「名人伝」「弟子」「李陵」の4作品について、それぞれ典拠となった「人虎伝」(『唐人説書』)、「黄帝・湯問」(『列子』)、「子路」(『孔子家譜』)など、「李広蘇建伝」」(『漢書』)などの該当部分を読み下し、作家がテキストとしたこれらの古典に、どのような作者なりの思いを込めたかを探っています。第2章(林 和利)では、狂言師・野村萬斎氏の構成・演出による舞台「敦―山月記・名人伝」を取り上げ、三次元になった中島作品を紹介し、第3章では、「山月記」を漫画化した西村悠里氏に話を聞き、第4章(勝又 浩)で、2009年に生誕100年を迎えた中島敦と作品そのものに立ち返って、中島敦と同年生まれの作家たちを並べ、その創作活動の意味を再考しています。盛り沢山で中身も濃い全4章ですが、やはり第1章の原典との比較が最も興味をそそられました。

 まず「山月記」ですが、典拠である「人虎伝」からの改変(アレンジ)として、李徴を詩作への執念にとりつかれた人として描いていることや(実際は単なる地方出身の元エリート官吏、ただし、科挙試験のあった唐代なので詩作の心得はあった?)、彼が虎に変身した理由を自らの「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」としていることなどを指摘しており、そっかあ、一番の主題部分は(ものすごく"作家"的なテーマなのだが)中島敦のオリジナルだったのだなあと。袁傪との別れに際して、妻子の今後を頼む前に自分の詩を託してしまったというのも、原典では先に妻子の今後を頼み、後から詩を託したのを、作者が敢えて順番を逆にすることで、李徴の陥った妄執の深さを強調したようです。

 次に、「名人伝」ですが、弓の修行に励む者が名人になるまでの過程を描いた話で、内容が非常にシュールというか極端であり、ちょっとユーモラスな味わいのある作品です。修行者は、訓練の末に名人の極致に達し、最後は「弓を射ることなしに射る」という境地に達するわけですが、ここまでは、道家の思想に沿った原典に拠るもの。それが、最後は弓を見ても何の道具か分からなくなってしまうというのは、この部分は中島敦オリジナルの寓話化であるとのことで、だとすれば、和光同塵に代表される老荘思想に沿った作品と言うよりも、老荘思想的な形而上学に対するアイロニーとして読めるように思いました(思えば、普通の感覚からみても、この結末はある種パロディっぽいネ)。

 「弟子」は孔子と弟子たちの遍歴の物語で、その中心にくるのは子路ですが、子路というのは孔子の弟子の中でも年長格で、教科書などでもお馴染みなぐらい登場回数が多いですが、知の人ではなく情の人だったのだなあと。だから、孔子が教えを説く《聞き手》としてはぴったりですが、その教えをどこまで理解したかは別問題で、結局、孔子の予言通り、義侠心から討ち死にします。でも、中島敦の「弟子」は、孔子が自分を慕ってどこまでも付き従う子路に、格別の愛情をかけていたことが伝わってきます。改変部分は、子路が討ち死にしたとき、刺客に冠モノの緒を切られたというのが原典であるのに対し、「弟子」では逆に、落ちていた冠モノを拾い上げて緒を正しく結び直して、君子はこうして死ぬものだと叫んだという風になっている点で、この中島敦版だと、最期に孔子の教えを実践した形になっていることになります。これ、中島敦による子路への思い遣りかな(ただし、後世の翻訳本にそう誤訳されているものがあることが最近分ったらしく、それを底本にした可能性もあるという)。

 「李陵」は、戦さで匈奴の捕虜となり、その後、別の者と間違えられて、匈奴に寝返ったという誤情報が武帝に伝わって武帝の怒りを買って家族を殺され、国に帰れないまま単于の軍事参謀のような立場であり続け、単于の娘を妻とした李陵と、匈奴に捕らえられながらも従わず、黒海(バイカル湖)付近で厳しい生活を送るうちに偶然にも国に帰る機会が訪れた蘓武の、両者の運命を対比的に描く中に、李陵を弁護したばかりに武帝の怒りを買って宮刑に処せられ、残る人生を「史記」の完成にすべた捧げた司馬遷の話を織り込んだもの。大体は原典通りですが、「武帝の怒りを買った」というのは中島敦の創作で、「寝返った」と間違えられたのは事実ですが、そうなれば当時は自動的に縁者に罪が及ぶ連座制が適用されたとのことです。だから、寝返ったという誤情報が伝わった時点で、妻子・兄弟の処刑はもう避けられない状況だったのだなあと(李陵自身も戦さの過程で、辺境の士卒に密かに付き従ってきた妻や娼婦十数人の処刑命令を下している)。

 こうしてみていくと、それぞれの作品に中島敦の"作家性"が窺えて興味深いです。1909年生まれと言えば、太宰治、大岡昇平、松本清張などと同じ年生まれ。あの太宰より6年も早く亡くなっており、長生きしていればどういったバリエーションの作品を残したかと想像すると、早逝が惜しまれます。

《読書MEMO》
●初出(巻末資料より)
「山月記」...1942(昭和17)2月「文学界」
「名人伝」...1942(昭和17)12月「文庫」
「弟子」...1943(昭和18)年2月「中央公論」
「李陵」...1943(昭和18)年7月「文学界」

      
  




ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif



和田泰明

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1