【2413】 ○ ロス・デベニッシュ 「名探偵ポワロ(第33話)/愛国殺人(愛国殺人事件)」 (92年/英) (1992/10 NHK-BS2) ★★★☆

「●TV-M (クリスティ原作)」の インデックッスへ Prev|NEXT⇒ 【2414】「名探偵ポワロ(第34話)/エジプト墳墓のなぞ 
「○外国映画 【制作年順】」の インデックッスへ 「●く アガサ・クリスティ」の インデックッスへ

凝ったプロットの原作を比較的分かりやすく再現。結末のスッキリ感も維持されていた。

愛国殺人 dvd.jpg 名探偵ポワロ(第33話)/愛国殺人_.jpg ポワロ 愛国殺人50.jpg 愛国殺人 hpm 2.jpg
名探偵ポワロ[完全版]Vol.17 [DVD]」「名探偵ポワロDVDコレクション 13号 (愛国殺人) [分冊百科] (DVD付)」『愛国殺人 (1955年) (Hayakawa Pocket Mystery 207)

ポワロ 愛国殺人 40.jpg 1925年インド。英国皇太子巡行の際に、女優のメイベル・セインズベリー・シールは同僚のガーダが銀行員アリステア・ブラントと結婚すると知り、その12年後、英国行きの船で一緒だったアンベリオティスに歯科医を紹介したついでにその昔話をする。英国に戻ったセインズベリー・シールは歯科医院の前で偶然ブラントと再会、彼は銀行頭取にまで出世していて、伝道師でもある彼女は寄付を頼む。ポワロは偶々その歯科医モーリィの所に通う。するとモーリィはこれから経済界を牛耳るブラントが来ると。待合室でブラントと擦れ違い歯医者を出るとセインズベリー・シールとぶつかる。待合室にいた彼女は待ち時間が長過ぎると怒って帰ってしまい、ボーイが診察室を覗くとモーリィ医師の拳銃自殺死体が。ジャップ警部からの要請でポワロは捜査に協力することになり、医師の予約簿にはポワロ、ブラント、セインズベリー・シール、アンベリオテ愛国殺人2.jpgィスの順に名が。最後に治療を受けたのがアンベリオティスだと本人からも確認したが、直後にアンベリティオスは麻酔の過剰投与の後作用で死亡する。死ぬ気配がなかったモーリィが自殺したのは投薬ミスに気づいたからだと警察は納得するが、ポワロは納得できず捜査を続行。メイドが証言では、モーリィは秘書ネビルが最近勤怠不良になっているのは失業中の恋人カーターのせいだとして2人の交際に反対していて、事件当時待合室にいた青年はそのカーターだと。話を聞こうと思ったセインズベリー・シールは失踪し、後日、チャップマン夫人の部屋に顔を潰された彼女と思しき遺体が。モーリィ医師が自殺した日に訪れた患者が二人も死んだことを訝しんだポワロは、ブラントにも話を聞くが、アーンホルト財閥の令嬢レベッカの入り婿となって一介の銀行員から経済界の実権を握った彼は、病死したレベッカの知り合いだと言われてもそんな女性に覚えはないと。そんな時、庭師として入り込んでいたカーターが発砲事件を起こし、ブラントの秘書モントレソーに現場を取り押さえられ、濡れ衣を主張するが逮捕される。歯の治療跡から顔の潰されたセインズベリー・シールだと思われた遺体はチャップマン夫人の遺体だったらしい。ではセインズベリー・シールは何処へ行ったのか。ポワロは留置場のカーターから、事件当時モーリィに文句を言いに行ったら死んでいたという証言を得、それによって当初の犯行推定時刻の1時間前、セインズベリー・シールが帰る前に殺人は行われていたと確信する。ポワロが銀行の会議室に関係者を集め、事件の種明かしが行われる―。

愛国殺人 クリスティー文庫.jpg 「名探偵ポワロ」の第33話(第4シーズン第3話(ロング・バージョン))で、本国放映は1992年1月19日、本邦初放映は1992年10月3日(NHK-BS2)。原作はクリスティー文庫『愛国殺人』(加島祥造:訳)など。

 原作のストーリーが複雑であるためか、TVシリーズの長尺版の方でありながら(103分)、それでも原作の主要な登場人物のうち、バーンズ(内務省退職官吏)、レイクス(ブラントの姪の恋人)、ライリー(モーリィの仕事上のパートナー)がカットされています。それによってかなりスッキリしたのは良いけれど、殺人の背景にある政治色が弱まったかも。バーンズを省いたことで、チャップマン夫婦の正体は何者かという、原作でポワロも引っ掛かった謎の種明かしが無くなってしまったのが少し残念です。

 ネタバレになりますが、顔の潰れた死体で発見された女性はやはりセインズベリー・シールでした。ポワロが歯医者から帰ろうとしたときにぶつかりバックル付きの靴が壊れたのを見ていて、その時履いていたストッキングは高級品だったのに、彼女の部屋には安いストッキングしかなかったし、死体の足のサイズも違っていたので、ブラント氏が会ったセインズベリー・シールとポワロが会ったセインズベリー・シールは別人だと言うことです。変装しセインズベリー・シールを演じた共犯者は犯人の秘書のモントレソーであり、彼女こそガーダでした。

ポワロ 愛国殺人640.jpg 原作では殆ど前面に出てこないこの共犯者が、この映像化作品では多分に映像化されており、但し、最初は"セインズベリー・シール"に変装して出ている訳で、では冒頭の本物のメイベル・セインズベリー・シールはまた別の女優が演じたのでしょうか(プロローグのインドでメイベル・セインズベリー・シールとガーダが一緒に出てくることからするとそうなるが、舞台メイクをしているのでよく分からない)。何れにせよ、映像面、演技面で観る側をも引っ掛かけているというのは興味深いです。

 普通ならば医療の知識も技量もないはずの人物に可能な殺人手段かとか、奥さんが死んだならばなぜ本命の女性と再婚しなかったのかとか、原作に起因する突っ込み所は幾つかありますが、事件を解くカギとなる歯科医院での複雑な人の出入りなどは比較的分かり易く再現されており、3人の主要人物をカットしたりはしているものの(その割には、ポワロが休日にジャップ警部の自宅を訪問するという"オマケ"がついていたりもするが)、原作にほぼ忠実に作られているように思いました。

 原作は幾つか突っ込み所がありながらも、プロット面でも(犯人が歯の治療記録を改竄したのは巧妙)、ラストの犯人とポワロの価値観対決という面でもまずまずの傑作。この映像化作品でも、経済界の大物がその独善による殺人を「愛国のため」と言い切る傲慢さを、ポワロが最後に事実を暴露するとともに、その誤った考え(政治観以前の人間価値観とでも言うべきもの)をも粉砕するという、そうしたスッキリ感は維持されていたのではないでしょうか。

ポワロ 愛国殺人64.jpg「名探偵ポワロ(第33話)/愛国殺人(愛国殺人事件)」●原題:AGATHA CHRISTIE'S POIROTⅣ:ONE, TWO, BUCKLE MY SHOE●制作国:イギリス●本国放映:1992/01/19●監督:ロス・デベニッシュ●脚本:クライブ・エクストン●時間:103分●出演:デビッド・スーシェ(ポアロ)、フィリップ・ジャクソン(ジャップ警部)、キャロリン・コルキュホーン(メーベル)、ジョアンナ・フィリップ=レーン(ガーダ)、ピーター・ブライス(ブラント)、ジョー・グレコ(アルフレッド・ビッグス)、クリストファー・エクルストン(フランク・カーター)、カレン・グレッドヒル(グラディス・ネビル)、ローレンス・ハリントン(ヘンリー・モーリィ)、セーラ・スチュワート(ジェーン・オリベラ)、ヘレン・ホートン(ジュリア・オリベラ)、ケボーク・マリキャン(アンベリオティス)、トリルビー・ジェームズ(アグネス・フレッチャー)●日本放映:1992/10/03●放映局:NHK-BS2(評価:★★★☆)

       



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif



和田泰明

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1