【2159】 △ エドワード・セジウィック 「キートンの恋愛指南番 (Parlor, Bedroom and Bath)」 (31年/米) (1931/07 MGM日本支社) ★★☆

「●バースター・キートン監督・出演作品」の インデックッスへ Prev|NEXT⇒「●ミケランジェロ・アントニオーニ監督作品」【1087】 M・アントニオーニ 「さすらい
「○外国映画 【制作年順】」の インデックッスへ

トーキー3作目。キートン作品として面白くなっているかというと全然そうなっていない。

キートンの恋愛指南番 dvd.jpg  キートンの恋愛指南番 h1.jpg キートンの恋愛指南番 h2.jpg
キートンの恋愛指南番 [DVD]

キートンの恋愛指南番 1.jpg ジェフリー・ヘイウッド(レジナルド・デニー)はヴァージニア(サリー・アイラース)と結婚したいと望んでいるが、ヴァージニアは姉アンジェリカ(ドロシー・クリスティー)が結婚しない限り、自分も結婚ができないと言い、そのアンジェリカは男をえり好んでばっかりで、なかなか結婚しそうにない。思ったようにことが進まないジェフリーだったが、ある日、電柱に広告を貼る仕事をしていたレギー(バスター・キートン)を車で撥ねてしまい、彼がアンジェリカの家で治療を受けることになったのをきっかけに、レギーを希代のプレイボーイであるかのように見せかけて彼とアンジェリカを結婚させるべく画策、しかし、実際のレギーのあまりの押しの弱さにイライラして、女性記者ポリー(シャーロット・グリーンウッド)を買収して回復したレギーと某ホテルに止まらせ故意にアンジェリカの目にかからせる作戦を練る―。

キートンの恋愛指南番 クラシック.jpg バスター・キートン主演の1931年2月本国公開作品で、キートンがMGMに移籍してからの第5作目、トーキーとしては「キートンのエキストラ」('30年3月公開)、「キートンの決死隊」('30年8月公開)に続く3作目で、日本公開は'31年7月。オリジナルはブロードウェイのコメディ劇だそうですが、確かに脚本は凝っているけれども、それがキートン作品として面白くなっているかというと全然そうなっていないという印象です。

キートンの恋愛指南番 大女.jpg ある種、群像劇という感じで、舞台出身のシャーロット・グリーンウッド演じる、恋の手ほどき役として送り込まれたでジャジャ馬の大女ポリーなど、かなりエキセントリックなキャラクターの中で、キートン演じる主人公であるはずのレギーは殆ど受身的に動くばかりであり、時折見せる"懐かしのギャグ"のようなものが、却って侘しく感じられます。

キートンの恋愛指南番 2.jpg この後のMGMでのキートン主演作は、「キートンの紐育の舗道(Sidewalks of New York)」('31年) 、「キートンの決闘狂(The Passionate Plumber)」('32年)、「キートンの歌劇王(Speak Easily)」('32年)、「キートンの麦酒王(What! No beer? )」('33年)と続きますが、"キートンのトーキー作品"としてフィルム記録的な価値はあるかもしれませんが、単にコメディとして評価した場合、この辺りで観るべき作品はあまりないように思います。

キートンの恋愛指南番 スチール.jpg 「キートンの決闘狂」にも自分の発明した謎の銃の威力を決闘の場で試そうというエキセントリックな人物が出てきますが、キートン演じる主人公を差し置いておかしな人物を登場させることで、却ってキートンの魅力を後退させ、作品としてもキートンが演じる必然性があまり感じられない凡庸なものになっているという点では、この「キートンの恋愛指南番」もそれに通じる気がします。

「キートンの恋愛指南番」●原題:PARLOR, BEDROOM AND BATH●制作年:1931年●制作国:アメリカ●監督:エドワード・セジウィック●脚色:リチャード・スカイヤー●撮影:レナード・スミス●音楽:エドワード・セジウィック/ハワード・ジョンソン/ジョセフ・メイヤー●原作:チャールズ・W・ベル/マック・スウォン●時間:79分●出演:バスター・キートン/シャーロット・グリーンウッド/レジナルド・デニー/クリフ・エドワーズ/ドロシー・クリスティー/ジョーン・ピアース/サリー・アイラース/ナタリー・ムーアヘッド/エドワード・ブロフィー/ウォルター・メリル/シドニー・ブレイシー●日本公開:1931/07●配給:MGM日本支社(評価:★★)

     
     



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif



和田泰明ブログ

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1