と フョードル・ドストエフスキー

「●と フョードル・ドストエフスキー」  Prev|NEXT ⇒ ●な 中上 健次 
関連 ⇒ ●海外文学・随筆など ○海外文学・随筆など (発表・刊行順)
 ●ドストエフスキー(ドストエフスキー論など)

貧しき人びと.jpg貧しき人々.jpg 二重人格 ドストエフスキー 岩波文庫.jpg 白夜.jpg 永遠の夫2.jpg永遠の夫(岩波文庫).jpg カラマーゾフの兄弟.jpgカラマーゾフの兄弟 中巻.jpgカラマーゾフの兄弟 下巻.jpg 5 映 白夜4.jpg 罪と罰 1970 2.jpg パンフレット.jpg 白夜3.jpg 4  関連 ドストエフスキイ 加賀乙彦.jpg ドストエフスキー 江川卓.gif 「ドストエフスキーのおもしろさ」.jpg 『謎とき「カラマーゾフの兄弟」』.bmp 永遠のドストエフスキー.jpg 小説家が読むドストエフスキー.jpg 「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する.jpg バーデン・バーデンの夏.jpg 8

【464】 ◎ フョードル・ ドストエフスキー (木村 浩:訳) 『貧しき人びと (1969/06 新潮文庫) 《 ドストイェフスキイ (原 久一郎:訳) 『貧しき人々 (1931/02 岩波文庫)》 ★★★★☆
【1524】 ○ フョードル・ドストエフスキー (小沼文彦:訳) 『二重人格 (1954/01 岩波文庫) ★★★★
【465】 ○ フョードル・ドストエフスキー (小沼文彦:訳) 『白夜 (1958/04 角川文庫) ★★★★
【466】 ◎ フョードル・ドストエフスキー (米川正夫:訳) 『永遠の夫 (1979/06 新潮文庫) 《 ドストエーフスキイ (神西 清:訳) 『永遠の夫 (1932/09 岩波文庫)》 ★★★★☆
【467】 ◎ フョードル・ドストエフスキー (原 卓也:訳) 『カラマーゾフの兄弟 (上・中・下)』 (1978/07 新潮文庫) ★★★★★

【465】 △ ルキノ・ヴィスコンティ (原作:フョードル・ドストエフスキー) 「白夜」 (57年/伊・仏) (1958/04 イタリフィルム) ★★★
【467】 ◎ イワン・プィリエフ(原作:フョードル・ドストエフスキー) 「カラマーゾフの兄弟」 (68年/ソ連) (1969/07 東和) ★★★★☆
【467】 ○ レフ・クリジャーノフ (原作:フョードル・ドストエフスキー) 「罪と罰」 (70年/ソ連) (1971/03 東和) ★★★★
【465】 ◎ ロベール・ブレッソン (原作:フョードル・ドストエフスキー) 「白夜」 (71年/仏) (1978/02 フランス映画社) ★★★★★

【976】 ○ 加賀 乙彦 『ドストエフスキイ』 (1973/01 中公新書) ★★★★
【977】 ○ 江川 卓 『ドストエフスキー』 (1984/12 岩波新書) ★★★★
【978】 ○ 中村 健之介 『ドストエフスキーのおもしろさ―ことば・作品・生涯』 (1988/03 岩波ジュニア新書) ★★★☆
【979】 ○ 江川 卓 『謎とき「カラマーゾフの兄弟」』 (1991/06 新潮選書) ★★★★
【980】 ◎ 中村 健之介 『永遠のドストエフスキー―病いという才能』 (2004/07 中公新書) ★★★★☆
【981】 ○ 加賀 乙彦 『小説家が読むドストエフスキー』 (2006/01 集英社新書) ★★★☆
【982】 △ 亀山 郁夫 『「カラマーゾフの兄弟」続編を空想する』 (2007/09 光文社新書) ★★★
【1018】 ○ レオニード・ツィプキン (沼野恭子:訳) 『バーデン・バーデンの夏』 (2008/05 新潮社) ★★★★ [●海外文学・随筆など]

          ブレッソン 白夜.jpg         



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif


About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 01:12.

●な 中上 健次 was the previous entry in this blog.

●と スコット・トゥロー is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1