「週刊文春ミステリー ベスト10」 (第1位)

●「週刊文春ミステリー ベスト10」 (第1位) Prev|NEXT ⇒ ●「吉川英治文学新人賞」受賞作

 週刊文春ミステリー ベスト10...1977年~

芥川賞 直木賞 野間文芸賞 毎日出版文化賞 日本推理作家協会賞 読売文学賞 菊池寛賞 日本エッセイスト・クラブ賞 谷崎潤一郎賞 吉川英治文学賞 週刊文春ミステリー ベスト10(1位) 吉川英治文学新人賞 日本冒険小説協会大賞 山本周五郎賞 柴田錬三郎賞 このミステリーがすごい!(1位) 小林秀雄賞 本屋大賞 ミステリが読みたい!(1位) その他の主な文学賞受賞作

第四の核 上.jpg 推定無罪 上.jpg 火車.jpg 検屍官.jpg 『マークスの山』.jpg 女彫刻家 ミネット ウォルターズ 文庫.jpg 理由%20単行本.jpg 白夜行.jpg ボーン・コレクター 単行本.jpg 模倣犯 上.jpg 半落ち.jpg サラ・ウォーターズ  『半身』.jpg ダ・ヴィンチ・コード 上.jpg 容疑者χの献身.jpg 名もなき毒.jpg  あなたに不利な証拠として hpm1.jpg 女王国の城.jpg ウォッチメイカー.jpg 告白 湊かなえ.jpg 新参者.jpg 悪の教典 1.jpg ラスト・チャイルド ポケミス.jpg ジェノサイド 高野和明2.jpg 64 ロクヨン.jpg 解錠師 ハヤカワミステリ文庫.jpg 満願1.jpg その女アレックス6 2.jpg 王とサーカス.jpg 罪の声 塩田武士.jpg

いずれも「●て ジェフリー・ディーヴァー」などそれぞれのカテゴリーと重複。

・1984(昭和59)年度(海外部門)【1395】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳) 『第四の核 (上・下)』 (1984/09 角川書店) ★★★☆
・1988(昭和63)年度(海外部門)【675】 ○ スコット・トゥロー (上田公子:訳) 『推定無罪―プリジュームド・イノセント (上・下)』 (1988/09 文藝春秋) ★★★★
・1992(平成4)年度(国内部門)【496】 ◎ 宮部 みゆき 『火車 (1992/07 双葉社) ★★★★★ 
・1992(平成4)年度(海外部門)【1022】 ○ パトリシア・コーンウェル (相原真理子:訳) 『検屍官 (1992/01 講談社文庫) ★★★★
・1993(平成5)年度(国内部門)【444】 ◎ 高村 薫 『マークスの山 (1993/03 早川書房) ★★★★☆
・1995(平成7)年度(海外部門)【2015】 ○ ミネット・ウォルターズ (成川裕子:訳) 『女彫刻家 (1995/07 東京創元社) ★★★☆
・1998(平成10)年度(国内部門)【498】 ◎ 宮部 みゆき 『理由 (1998/06 朝日新聞社) ★★★★☆
・1999(平成11)年度(海外部門)【476】 ◎ 東野 圭吾 『白夜行 (1999/08 集英社) ★★★★★
・1999(平成11)年度(国内部門)【1383】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (池田真紀子:訳) 『ボーン・コレクター (1999/09 文藝春秋) ★★★★
・2001(平成13)年度(国内部門)【501】 ○ 宮部 みゆき 『模倣犯 (上・下)』 (2001/03 小学館) ★★★★
・2002(平成14)年度(国内部門)【637】 ○ 横山 秀夫 『半落ち (2002/09 講談社) ★★★☆
・2003(平成15)年度(海外部門)【2014】 △ サラ・ウォーターズ (中村有希:訳) 『半身』 (2003/05 創元推理文庫) ★★★
・2004(平成16)年度(海外部門)【678】 △ ダン・ブラウン (越前敏弥:訳) 『ダ・ヴィンチ・コード (上・下)』 (2004/05 角川書店) ★★★
・2005(平成17)年度(国内部門)【1032】 △ 東野 圭吾 『容疑者Xの献身 (2005/08 文藝春秋) ★★★
・2006(平成18)年度(国内部門)【1009】 ○ 宮部 みゆき 『名もなき毒 (2006/08 幻冬舎) ★★★☆
・2006(平成18)年度(海外部門)【1454】 ○ ローリー・リン・ドラモンド (駒月雅子:訳) 『あなたに不利な証拠として (2006/02 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2007(平成19)年度(国内部門)【1355】 ○ 有栖川 有栖 『女王国の城 (2007/09 東京創元社) ★★★☆
・2007(平成19)年度(海外部門)【1385】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (池田真紀子:訳) 『ウォッチメイカー (2007/10 文藝春秋) ★★★★
・2008(平成20)年度(国内部門)【1327】 ○ 湊 かなえ 『告白 (2008/08 双葉社) ★★★★
・2009(平成21)年度(国内部門)【1360】 ○ 東野 圭吾 『新参者 (2009/09 講談社) ★★★★
・2010(平成22)年度(国内部門)【1503】 △ 貴志 祐介 『悪の教典 (上・下)』 (2010/07 文藝春秋) ★★★
・2010(平成22)年度(海外部門)【1436】 ○ ジョン・ハ―ト (東野さやか:訳) 『ラスト・チャイルド (2010/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2011(平成23)年度(国内部門)【1909】 ○ 高野 和明 『ジェノサイド (2011/03 角川書店) ★★★★
・2012(平成24)年度(国内部門)【2001】 ○ 横山 秀夫 『64(ロクヨン) (2012/10 文藝春秋) ★★★★
・2012(平成24)年度(海外部門)【2004】 ○ スティーヴ・ハミルトン (越前 敏弥:訳) 『解錠師 (2011/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2014(平成26)年度(国内部門)【2352】 ○ 米澤 穂信 『満願 (2014/03 新潮社) ★★★★
・2014(平成26)年度(海外部門)【2351】 ○ ピエール・ルメートル (橘 明美:訳) 『その女アレックス (2014/09 文春文庫) ★★★☆
・2015(平成27)年度(国内部門)【2498】 △ 米澤 穂信 『王とサーカス (2015/07 東京創元社) ★★★
・2016(平成28)年度(国内部門)【2554】 ○ 塩田 武士 『罪の声 (2016/08 講談社) ★★★☆

                            



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif


About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 00:27.

●「吉川英治文学新人賞」受賞作 was the previous entry in this blog.

●「吉川英治文学賞」受賞作 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1