○都内の主な閉館映画館 ①1980年‐90年 閉館

●1980年〜90年 閉館 (32館) Prev|NEXT ⇒ ②1991年‐2000年 閉館 次の次 ⇒ ③2001年‐2005年 閉館 次の次の次 ⇒ ④2006年‐2010年 閉館 次の次の次の次 ⇒ ⑤2011年‐2015年 閉館 次の次の次の次の次 ⇒ ⑥2016年‐2020年 閉館 次の次の次の次の次の次 ⇒ ○都内の主な閉館映画館 【五十音順】 次の次の次の次の次の次の次 ⇒ ○1980年代またはそれ以前より存続中の映画館

●閉館年月日/その映画館で観た作品 (各館1本~3本程度ピックアップ) ●紫字 .... 自主上映ミニシアター ●緑字 .... 会館・ホール・商業施設等

新宿アートビレッジ3.png日劇文化.jpg 日劇文化入口.jpgテアトル銀座 .jpgテアトル東京2.jpg京橋フィルムセンター.jpg(現)旧丸の内ピカデリー  .jpg旧丸の内松竹2.jpg日比谷映画劇場.jpg0日比谷映画劇場(戦前).bmp有楽座.jpg池袋東映.jpg0池袋東映 - コピー.jpg0自由が丘武蔵野推理.jpg自由ガ丘武蔵野推理2.jpg自由が丘劇場  .jpg新宿西口パレス4.jpg大塚名画座 予定表.jpg 大塚名画座4.jpg 大塚名画座.jpg(現)ピンクフラミンゴ/フリークス.png飯田橋佳作座.jpg1977年8月6日 新宿京王 京王地下.jpg 三鷹文化 劇場 3.jpg新宿ローヤル.jpg新宿ローヤル3.JPG新宿ロマン2.jpg新宿ロマン劇場閉館2.jpg 渋谷東宝2.jpg 渋谷東宝会館2.jpg 渋谷文化劇場.png 馬場パール座.jpg 高田馬場パール座入口.JPG 高田馬場パール座5.jpg 中野名画座3.jpg中野駅南口.jpg 八重洲スター座 - 3.jpgヤエススター座2.jpg八重洲スター座.jpgヤエススター座 4.jpg 第一生命館.jpg 渋谷パレス座.jpg 渋谷シネパレス.jpg(現)渋谷東映20-2.jpg 渋谷松竹1.jpg渋谷松竹sibuyatoei2.jpg 五反田TOEIシネマ 2.jpg五反田TOEIシネマ.jpg 三鷹オスカー.jpg

① 新宿アートビレッジ (歌舞伎町ジャズ喫茶「タロー」3F、16ミリ専門の上映館・席数40) 1980(昭和55)年に活動停止
 ● 【1087】 ◎ ミケランジェロ・アントニオーニ 「さすらい」 (57年/伊) (1959/04 イタリフィルム) ★★★★★(79-02-03)
  併映:【1423】 ◎ ミケランジェロ・アントニオーニ 「欲望」 (66年/英・伊) (1967/06 MGM) ★★★★☆
 ● 【1966】 ◎ ルイ・マル 「死刑台のエレベーター」 (57年/仏) (1958/09 ユニオン) ★★★★☆(79-02-10)
  併映:【917】 ○ アンリ・ジョルジュ・クルーゾー 「恐怖の報酬」 (53年/仏) (1954/07 東和) ★★★★
 ● 【1054】 ◎ ジッロ・ポンテコルヴォ 「アルジェの戦い」 (66年/伊・アリジェリア) (1967/02 松竹映配) ★★★★☆(79-02-24)
  併映:【2836】 ○ ダルトン・トランボ 「ジョニーは戦場に行った」 (71年/米) (1973/04 ヘラルド映画) ★★★★
 ● 【1084】 ◎ フェデリコ・フェリーニ 「道」 (54年/伊) (1957/05 イタリフィルム) ★★★★★(79-05-01)(79-05-02)
② 日劇文化劇場 (1935年12月30日日劇ビル地下にオープン、1955年8月12日改装/ATG映画専門館) 1981(昭和56)年2月22日閉館
 ● 【1050】 ◎ 今村 昌平 「人間蒸発」 (1967/06 今村プロ=ATG) ★★★★★(80-07-05)
  併映:【1126】 ○ 岡本 喜八 「肉弾」 (1968/10 ATG) ★★★☆
 ● 【1114】 ◎ 熊井 啓 (原作:井上光晴)「地の群れ」 (1970/01 ATG) ★★★★★(80-07-01)
  併映:「絞死刑」(大島渚)
 ● 【577】 ○ 鈴木 清順 「ツィゴイネルワイゼン」 (1980/04 シネマ・プラセット) ★★★★(81-02-09)
③ テアトル銀座 (1946年オープン、テアトル東京オープン後、その地階に) 1981(昭和56)年8月31日閉館
 ● 【1015】 ○ イヴ・ロベール 「わんぱく戦争」 (61年/仏) (1963/03 日本ヘラルド映画) ★★★☆(81-05-04)
  併映:「リトル・プレイボーイ/チャーリー&スーピー ラブ・タッチ作戦」(マヌエル・サマーズ)
④ テアトル東京 (1955年11月、京橋にオープン。(1,248席) 1981(昭和56)年10月31日閉館
 ● 【763】 ○ マイケル・チミノ 「ディア・ハンター」 (78年/米) (1979/03 ユニバーサル映画) ★★★★(80-02-15)
 ● 【2569】 ○ フランシス・フォード・コッポラ 「地獄の黙示録」 (79年/米) (1980/02 日本ヘラルド映画) ★★★★(80-05-07)
⑤ 旧・京橋フィルムセンター(東京国立近代美術館フィルムセンター) (1970年5月オープン) 1984(昭和59)年9月3日火災により焼失
 ● 【264】 ○ ビットリオ・デ・シーカ 「自転車泥棒」 (48年/伊) (1950/08 イタリフィルム) ★★★★(78-11-30)
 ● 【266】 ◎ サタジット・レイ 「大地のうた」 (55年/インド) (1966/10 ATG) ★★★★☆ (80-07-08)
 1995(平成7)年5月12日リニューアル・オープン[写真]
⑥ 旧・丸の内ピカデリー(1957年7月朝日新聞社裏手にオープン(地階に「丸の内松竹」)) 1984(昭和59)年10月1日閉館
 ● 【1782】 ○ ハル・アシュビー 「チャンス」 (79年/米) (1981/01 松竹=富士映画配給) ★★★★(81-02-09)
 1984(昭和59)年10月6日後継館「丸の内ピカデリー1・2」が有楽町センタービル(有楽町マリオン)西武側9階にオープン。
⑦ 旧・丸の内松竹(1925年「邦楽座」(後の「丸の内松竹」)開館。1957年7月朝日新聞社裏手に再オープン) 1984(昭和59)年10月2日閉館
 ● 【2067】 × シルヴェスター・スタローン 「ロッキー3」 (82年/米) (1982/07 ユナイテッド・アーティスツ) ★★(82-10-22)
 1987(昭和62)年10月3日 有楽町マリオン新館5階に後継館として新生「丸の内松竹」(後の丸の内ピカデリー3)がオープン。
⑧ 日比谷映画劇場(日比谷映劇) (1934年2月1日オープン(現・日比谷シャンテ辺り)(1,680席) 1984(昭和59)年10月31日閉館
 ● 【1384】 △ ジョン・ギラーミン 「ナイル殺人事件」 (78年/英) (1978/12 東宝東和) ★★★(78-12-17)
⑨ 旧・有楽座 (1935年6月に演劇劇場として開館。1949年8月~ロードショー館(1,572席) 1984(昭和59)年10月31日閉館
 ● 【2172】 ○ スタンリー・キューブリック 「2001年宇宙の旅」 (68年/米) (1968/04 MGM) ★★★★(78-12-10)
⑩ 池袋東映・池袋名画座 (池袋東口60階通り)1985(昭和60)年頃閉館
 ● [池袋東映] 【1118】 △ 斎藤光正 (原作:横溝正史)「悪魔が来りて笛を吹く」 (1979/01 東映) ★★☆(79-01-13)
⑪ 自由が丘武蔵野推理 (「自由が丘武蔵野館」の前身)(1951年オープン) 1985(昭和60)年11月閉館 改築し,「自由が丘武蔵野館」として再オープン。2004(平成16)年2月29日閉館。
 ● [自由が丘武蔵野推理]【1052】 ○ロバート・ベントン「プレイス・イン・ザ・ハート」(84年/米)(1985/03 コロムビア映画) ★★★★(85-07-14)  併映:【1053】 △ シドニー・ポラック 「トッツィー」 (82年/米) (1983/04 コロムビア映画) ★★★
 ● [自由が丘武蔵野推理]【1055】 ○ スチュアート・クーパー 「兵士トーマス」 (75年/英)(1978/07 日本ヘラルド映画) ★★★★(77-12-21)
  併映:【264】 ○ セルゲイ・エイゼンシュテイン 「戦艦ポチョムキン」 (25年/ソ連) (1967/10 東和=ATG) ★★★★
⑫ 自由が丘劇場 (自由が丘駅北口付近、ヒューマックスパビリオン自由が丘(現「パチンコPREGO」)) 1986(昭和61)年6月閉館
 ● 【661】 ○ ジョン・フォード 「わが谷は緑なりき」 (41年/米) (1950/12 セントラル) ★★★★ (85-02-17)
  併映:【1449】 ○ ジョン・フォード 「荒野の決闘」 (46年/米) (1947/08 20世紀フォックス=セントラル) ★★★★
⑬ 新宿(西口)パレス (新宿西口小田急ハルクそば「新宿三葉ビル(現「三葉興業本社ビル」)」内。1951年12月28日オープン)1986(昭和61)年11月14日閉館
 ● 【1439】 ○ ロバート・アルトマン 「ナッシュビル」 (75年/米) (1976/04 パラマウント映画=CIC) ★★★★(78-02-08)
  併映:「バーブラ・ストライサンド スター誕生」(フランク・ピアスン)
 ● 【478】 △ マイケル・ウィナー 「ロサンゼルス」 (81年/米) (1982/03 コロムビア映画) ★★★ (82-09-18)
  併映:「シャーキーズマシーン」(バート・レイノルズ)
⑭ 大塚名画座・鈴本キネマ(大塚駅南口方面、「大塚名画座」は邦画館「鈴本キネマ」上、現「さくら水産」)1987(昭和62)年6月14日閉館
 ● [大塚名画座]【917】 ○ マーティン・バーク 「パワー・プレイ 参謀たちの夜」 (78年/英・カナダ) (1979/11) ★★★☆(80-02-21)
  併映:「Z」(コスタ・ガブラス)
 ● [大塚名画座]【1020】 ○ トニー・リチャードソン(原作:ナボコフ)「悪魔のような恋人」(69年/英)(1969/05 ユナイテッド・アーチスツ) ★★★★(78-12-12) 併映:【1020】 △ トニー・リチャードソン (原作:マルグリット・デュラス) 「ジブラルタルの追想」 (67年/英) (1967/11 ユナイテッド・アーチスツ) ★★☆
⑮ アートシアター新宿 (新宿厚生年金会館付近。1978年4月オープン、1980年~黙壺子フィルム・アーカイブの活動拠点) 1980年代後半(1988年頃)活動停止
 ● 【1061】 △ トッド・ブラウニング 「フリークス 神の子ら (怪物団)」 (32年/米) (1932/11 MGM) ★★★(84-08-01)
  併映:「ピンク・フラミンゴ」(ジョン・ウォーターズ)
⑯ 飯田橋佳作座 (1957年10月神楽坂下外堀通り沿いにオープン) 1988(昭和63)年4月21日閉館
 ● 【1090】 ◎ ロマン・ポランスキー 「水の中のナイフ」 (62年/ポーランド) (1965/06 東和) ★★★★☆(81-05-24)
  併映:「大理石の男」(アンジェイ・ワイダ)
 ● 【2085】 ○ スティーヴン・スピルバーグ 「レイダース/失われたアーク《聖櫃》」 (81年/米)(1981/12 パラマウント/CIC) ★★★☆(82-07-11) 併映:「スター・ウォーズ」(ジョージ・ルーカス)
 ● 【1086】 ○ ルキノ・ヴィスコンティ 「若者のすべて」 (60年/伊・仏) (1960/12 イタリフィルム) ★★★★(83-04-17)
  併映:「山猫」(ルキノ・ヴィスコンティ)
⑰ 新宿京王・京王地下(京王2) (新宿3丁目伊勢丹はす向い京王新宿ビル) 1980年代後半に閉館
 ● [京王地下]【2129】 △ケン・ラッセル 「アルタード・ステーツ 未知への挑戦」(80年/米)(1981/04 ワーナー・ブラザーズ) ★★★(81-05-17)
 ● [京王2]【2067】 △ シルヴェスター・スタローン 「ロッキー4 炎の友情」 (85年/米) (1986/06 MGM/UA=UIP) ★★★(86-06-07)
⑱ 三鷹文化劇場 (三鷹駅南口中央通り沿い) 1988年9月閉館
 ● 【1045】 ◎ ミケランジェロ・アントニオーニ 「情事」 (60年/伊) (1962/01 イタリフィルム) ★★★★★(82-11-06)
  併映:【676】 △ カレル・ライス (原作:ジョン・ファウルズ) 「フランス軍中尉の女」 (81年/英) (1982/02 ユナイテッド・アーチスツ) ★★★
⑲ 新宿ローヤル劇場 (新宿通り・丸井の裏手、1955年「サンニュース」オープン、1956年11月~ローヤル劇場) 1988(昭和63)年11月28日閉館
 ● 【671】 ○ スティーヴン・スピルバーグ 「JAWS/ジョーズ」 (75年/米) (1975/12 CIC) ★★★★(82-12-28)
 ● 【2067】 △ テッド・コッチェフ 「ランボー」 (82年/米) (1982/10 東宝東和) ★★★(84-09-24)
 ● 【1547】 △ ロバート・ゼメキス 「ロマンシング・ストーン 秘宝の谷」 (84年/米) (1984/12 20世紀フォックス) ★★★(85-05-06)
⑳ 新宿ロマン劇場 (明治通り・伊勢丹向かい/1924年新宿松竹館→新宿大映→新宿ロマン) 1989(平成元)年1月16日閉館
 ● 【1453】 ○ シドニー・ルメット 「評決」 (82年/米)(1983/03 20世紀フォックス) ★★★☆(83-05-03)
㉑ 渋谷東宝 (1936年東横映画劇場として開場。渋谷東宝会館1階) 1989(平成元)年2月26日閉館 1991年7月6日、跡地に渋東シネタワーオープン
 ● 【2086】 ○ ジョン・マクティアナン 「ダイ・ハード」 (88年/米) (1989/02 20世紀フォックス) ★★★★(89-02-12)
㉒ 渋谷スカラ座 (渋谷東宝会館4階(1階は渋谷東宝)) 1989(平成元)年2月26日閉館 1991年7月6日、跡地に渋東シネタワーオープン
 ● 【1843】 × ロバート・ゼメキス 「ロジャー・ラビット」 (88年/米) (1988/12 ワーナー・ブラザーズ) ★★(88-12-04)
㉓ 渋谷文化劇場 (1952年11月17日、渋谷東宝会館地下にオープン) 1989(平成元)年2月26日閉館 1991年7月6日、跡地に渋東シネタワーオープン ● 【1446】 ○ ジョージ・ロイ・ヒル 「明日に向って撃て!」 (69年/米) (1970/02 20世紀フォックス) ★★★★(77-10-23)
  併映:【1053】 ○ シドニー・ポラック 「追憶」 (73年/米) (1974/04 コロムビア映画) ★★★☆
㉔ 高田馬場パール座 (高田馬場駅西口早稲田通り。1951年封切館としてオープン。その後スーパー西友地下へ) 1989(平成元)年6月30日閉館 
 ● 【1447】 ○ フランクリン・J・シャフナー 「パピヨン」 (73年/米) (1974/03 東宝東和) ★★★★(77-12-10)
  併映:【2516】 ○ サム・ペキンパー (原作:ジム・トンプスン) 「ゲッタウェイ」 (72年/米) (1973/03 ワーナー・ブラザース) ★★★★
 ● 【1043】 ○ ジョージ・スティーブンス 「シェーン」 (53年/米) (1953/10 パラマウント映画) ★★★☆(77-12-20)
  併映:【1517】 ○ ジョン・フォード 「駅馬車」 (39年/米)(1940/06 ユナイテッド・アーチスツ) ★★★★
 ● 【1915】 ◎ 黒澤 明 「用心棒」 (1961/04 東宝) ★★★★☆(81-03-23)
㉕ 中野名画座 (中野駅南口駅前ロータリー地下) 1989(平成元)年8月27日閉館
 ● 【677】 △ ジョン・アーヴィン (原作:フレデリック・フォーサイス)「戦争の犬たち」(80年/米)(1981/03 ユナイト映画) ★★★(81-09-05)
㉖ 八重洲スター座 (1978年まで「ヤエス・スター座」)(東京駅八重洲口・八重洲大通り出て左地下入ル) 1989(平成元)年8月31日閉館
 ● 【1047】 ◎ ルイ・マル 「ルシアンの青春」 (73年/仏・伊・西独) (1975/05 20世紀FOX) ★★★★★(79-02-01)
  併映:「愛の嵐」(リリアーナ・カヴァーニ)
㉗ 旧・第一生命ホール (1952年9月15日、日比谷・第一生命館6Fにオープン) 1989(平成元)年閉館 2001年11月、晴海アイランド・トリトンスクエアに2代目第一生命ホールオープン
 ● 【627】 ◎ 小栗 康平 (原作:宮本 輝)「泥の河」 (1981/01 東映セントラル) ★★★★☆(81-05-22)
㉘ 渋谷パレス座 (1948年オープン) 1990(平成2)年6月閉館 1992年3月14日、改築し渋谷シネパレスとしてオープン。2018年5月28日「渋谷シネパレス」閉館。2018年7月2日「シネクイント」(旧PARCO SPACE PART3)の後継館「シネクイント」として再オープン
 ● [渋谷シネパレス] 【2566】 ○ ジョン・リー・ハンコック 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (16年/米) (2017/07 KADOKAWA) ★★★☆(17-07-30)
㉙ 旧・渋谷東映 (1953年11月、宮益坂下交差点前にオープン) 1990(平成2)年9月16日閉館
 ● 【1050】 ○ 今村 昌平 「楢山節考」 (1983/04 東映=今村プロ) ★★★☆(83-04-29)
跡地に「渋谷東映プラザ」が建設され、1993年2月20日渋谷東映(7階)と渋谷エルミタージュ(9階)がオープン(2004年10月9日~渋谷TOEI1・2)
㉚ 渋谷松竹 (1938年、前身の松竹系「東京映画劇場」オープン)1990(平成2)年9月16日閉館
 ● 【1117】 × 森田 芳光 「愛と平成の色男」 (1989/07 松竹) ★☆(89-07-15)
  併映:【1117】 △ 森田 芳光 (本田昌広/鈴木元/岩松了/成田裕介) 「バカヤロー!2 幸せになりたい。」 (1989/07 松竹) ★★★
㉛ 五反田TOEIシネマ (目黒川右岸、1977(昭和52)年12月3日オープン) 1990(平成2)年9月30日閉館
 ● 【266】 ○ ジャン=ルー・ユベール 「フランスの思い出」 (87年/仏) (1988/08 巴里映画) ★★★★(89-08-26)
  併映:「人生は長く静かな河」(エティエンヌ・シャティリエ)
 ● 【2189】 △ テッド・コチェフ 「料理長(シェフ)殿、ご用心」 (78年/米) (1979/05 日本ヘラルド映画) ★★★(80-02-18)
  併映:「セント・アイブス」(J・リー・トンプソン)/「クリスチーヌの性愛記」(アロイス・ブルマー)
㉜ 三鷹東映/三鷹オスカー (1977年9月3日、三鷹駅南口に「三鷹東映」再オープン。1978年5月に「三鷹オスカー」に改称) 1990(平成2)年12月30日閉館
 ● [三鷹東映] 【2070】 ◎ ピーター・イェーツ 「ジョンとメリー」 (69年/米) (1969/12 20世紀フォックス) ★★★★☆(78-01-17)
  併映:【1053】 ◎ シドニー・ポラック 「ひとりぼっちの青春」 (69年/米) (1970/12 20世紀フォックス) ★★★★☆【2559】 ○ エリア・カザン 「草原の輝き」 (61年/米) (1961/11 ワーナー・ブラザース映画) ★★★★
 ● [三鷹東映] 【1083】 ○ サルヴァトーレ・サンペリ 「スキャンダル」 (76年/伊) (1977/06 日本ヘラルド映画) ★★★★(78-02-04)
  併映:「ラストタンゴ・イン・パリ」(ベルナルド・ベルトリッチ)/「O嬢の物語」(ジュスト・ジャキャン)
 ● [三鷹オスカー] 【2011】 ○ ロバート・アルドリッチ 「ロンゲスト・ヤード」 (74年/米)(1975/05 パラマウント映画) ★★★★(78-07-20)
  併映:【1052】 ○ ハル・ニーダム 「トランザム7000」 (77年/米) (1977/10 ユニバーサル・ピクチャーズ) ★★★★/「デキシー・ダンスキングス」(ジョージ・G・アビルドセン)
 ● [三鷹オスカー] 【2098】 ◎ 小津 安二郎 「東京物語」 (1953/11 松竹) ★★★★☆(82-09-12)
  併映:【2101】 ○ 小津 安二郎 「秋刀魚の味」 (1962/11 松竹) ★★★☆【2370】 ○ 小津 安二郎 「彼岸花」 (1958/09 松竹) ★★★★

  
 ページトップへ  ①1980年‐90年 閉館 ②1991年‐2000年 閉館 ③2001年‐2005年 閉館 ④2006年‐2010年 閉館 ⑤2011年‐2015年 閉館 ⑥2016年‐2020年 閉館 ○都内の主な閉館映画館(五十音順)
 ○1980年代またはそれ以前より存続中の映画館



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif


About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 4日 23:51.

○都内の主な閉館映画館 ②1991年‐2000年 閉館 was the previous entry in this blog.

○外国映画 【タイトル五十音順】④ ま行‐わ行 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1