○海外サスペンス・読み物 【発表・刊行順】 1人3作以上含む

「○海外サスペンス・読み物 (発表・刊行順)」  Prev|NEXT ⇒ ●海外児童文学
■原著・原本の発表・刊行順 ⇒ ●近代日本文学 ●現代日本の児童文学・日本の絵本 ●コミック ●海外文学・随筆など ●ラテンアメリカ文学 ●海外サスペンス ●海外児童文学・絵本

緋色の研究 光 文社文庫.jpg 四つの署名.jpg バスカヴィル家の犬 光文社文庫.jpg 怪盗紳士ルパン ハヤカワ.jpg ルパン対ホームズ.jpg ブラウン神父の童心.jpg 水晶の栓.jpg チムニーズ館の秘密 クリスティー文庫.jpg アクロイド殺し ハヤカワミステリ.jpg シャーロック・ホームズの事件簿 光文社文庫.bmp 赤い収穫 小鷹.jpg デイン家の呪い.jpg 牧師館の殺人 クリスティー文庫 新訳.jpg ガラスの鍵 光文社古典新訳文庫.jpg シタフォードの秘密  ハヤカワ・ミステリ文庫.jpg xの悲劇 角川文庫.jpg yの悲劇 角川文庫.jpg 邪悪の家 クリスティー文庫 新訳.jpg 闇の中から来た女.jpg エッジウェア卿の死 ハヤカワミステリ文庫.jpg なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? クリスティーb.jpg 『ABC殺人事件』2.jpg ナイルに死す.jpg 死との約束HM.jpg 大いなる眠り.jpg 殺人は容易だ クリスティー文庫.jpg そして誰もいなくなった 青木訳2.jpg 十二人の評決 ハヤカワミステリー1600番突破記念函入り.jpg 杉の柩 ミステリ文庫.jpg 愛国殺人 hpm 2.jpg 書斎の死体 クリスティー文庫.jpg 五匹の子豚 文庫2.jpg 動く指 ハヤカワ文庫.png ゼロ時間へ ハヤカワ文庫.jpg 忘られぬ死 ハヤカワ文庫09.jpg 夜の来訪者.jpg 満潮に乗って クリスティー文庫.jpg 予告殺人 ハヤカワ・ミステリ文庫.jpg 魔術の殺人 (1958年).jpg 検察側の証人1.bmp ポケットにライ麦を ハヤカワ文庫.jpg ヒッコリー・ロードの殺人2004.jpg ナヴァロンの要塞 カラージャケット.jpg パディントン発4時50分 ハヤカワ文庫.jpg 無実はさいなむ ハヤカワ・ミステリ文庫 .bmp 気ちがい〔サイコ〕.png 鳩のなかの猫 hm文庫.jpg The Wycherly Woman.bmp 蒼ざめた馬 アガサ・クリスティ ハヤカワ文庫 2ー.jpg 鏡は横にひび割れてクリスティー文庫.jpg コレクター 上.jpg カリブ海の秘密 クリスティー文庫.jpg ホテル 上巻.jpg 深夜プラス1ミステリ文庫1.jpg アルジャーノンに花束を.jpg バートラム・ホテルにて クリスティー文庫2ー.jpg 荒鷲の要塞 ハヤカワ・ノヴェルズ.jpg 一瞬の敵 ロス・マクドナルド 早川ポケット.jpg 親指のうずき クリスティー文庫 2.jpg ふりだしに戻る 上.jpg ジャッカルの日.jpg 復讐の女神 クリスティ文庫.jpg オデッサ・ファイル (1974年) .jpg 戦争の犬たち 上.jpg Fifty-Two Pickup.jpg クライヴ・カッスラー「タイタニックを引き揚げろ」(パシフィカ).jpg 百万ドルをとり返せ!.jpg スリーピング・マーダー クリスティー文庫.jpg シャイニング(上).gif QD弾頭を回収せよ.jpg ホルクロフトの盟約下.jpg 針の眼.jpg ケインとアベル 上.jpg レベッカへの鍵 集英社.jpg 暗殺者 上.jpg 24人のビリー・ミリガン下.jpg The Prodigal Daughter.jpg スナップ・ショット 新潮文庫.jpg 鷲の翼に乗って 集英社文庫 上.jpg 第四の核 上.jpg レッド・オクトーバーを追え 上.jpg ヴァチカンからの暗殺者.jpg 推定無罪 上.jpg オックスフォード運河の殺 人.jpg 『ジュラシック・パーク 』 hayakawa.bmp 検屍官.jpg ストリート・キッズ ドン・ウィンズロウ.jpg 法律事務所 - THE FIRM.jpg 証拠死体.jpg 決断 バリー・リード.jpg 森を抜ける道.jpg ディスクロージャー〈上〉 (ハヤカワ文庫NV).jpg 極大射程 新潮文庫 下.jpg 女彫刻家 ミネット ウォルターズ 文庫.jpg 空白の一章.jpg カインの娘たち.jpg 『静寂の叫び』.jpg 陪審評決.jpg ボビーZの気怠く優雅な人生.jpg ボーン・コレクター 単行本.jpg フラッシュフォワード.jpg 悪魔の涙.jpg サラ・ウォーターズ  『半身』.jpg 夜中に犬に起こった奇妙な事件.jpg ダ・ヴィンチ・コード 上.jpg くらやみの速さはどれくらい1.jpg 魔術師 単行本.jpg クリスマス・プレゼント ディーヴァー.jpg  あなたに不利な証拠として hpm1.jpg ゴッホは欺く 上.jpg 犬の力 上.jpg ウォッチメイカー.jpg フランキー・マシーンの冬 上.jpg 異邦人[上].gif ソウル・コレクター.jpg 追撃の森.jpg ラスト・チャイルド ポケミス.jpg 解錠師 ハヤカワミステリ文庫.jpg バーニング・ワイヤー.jpg いたって明解な殺人.jpg 無罪 二宮馨訳.jpg ジェフリー・ディーヴァー「007 白紙委任状」.jpg その女アレックス6 2.jpg 司法取引  .jpg 124

●1881年〜1900年
・1886年に執筆され、翌1887年に発 【1403】 ○ アーサー・コナン・ドイル(日暮雅通:訳) 『緋色の研究 (2006/07 光文社文庫)★★★☆
・1890年に発表され、同年に単行本刊行 【1407】 ○ アーサー・コナン・ドイル(日暮雅通:訳) 『四つの署名(2007/01 光文社文庫)★★★☆
●1901年〜20年
・1901年にコナン・ドイル 【1405】 ○ アーサー・コナン・ドイル(日暮雅通:訳) 『バスカヴィル家の犬 (2007/07 光文社文庫) ★★★☆
・1907年 【1408】 ○ モーリス・ルブラン (竹西英夫:訳)『怪盗紳士ルパン(1981/09 偕成社)《(2005/09 ハヤカワ・ミステリ文庫)》★★★☆
・1908年単行本 【1409】 △ モーリス・ルブラン(竹西英夫:訳) 『ルパン対ホームズ―アルセーヌ=ルパン全集2』 (1982/01 偕成社) ★★★
・1911年刊行の第1短編集 【2050】 ○ G・K・チェスタトン (中村保男:訳) 『ブラウン神父の童心 (1982/02 創元推理文庫) ★★★☆
・1912年に刊行された長編で 【1410】 ◎ モーリス・ルブラン(平岡 敦:訳)『水晶の栓 (2007/02 ハヤカワ・ミステリ文庫) ★★★★☆
●1921年〜30年
・1925年にアガサ 【1936】 ◎ アガサ・クリスティ (赤嶺弥生:訳) 『チムニーズ館の秘密 (1955/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1926年に発表されたアガ 【1393】 ◎ アガサ・クリスティ (松本恵子:訳)『アクロイド殺し (1955/10 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1927年、コナ 【1404】 ○ アーサー・コナン・ドイル (日暮雅通:訳) 『シャーロック・ホームズの事件簿(2007/10 光文社文庫) ★★★☆
・1929年に完結したダシール 【1397】 ◎ ダシール・ハメット (小鷹信光:訳) 『赤い収穫 (1989/09 ハヤカワ・ミステリ文庫)★★★★☆
・1929年に刊行された 【1401】 ○ ダシール・ハメット (小鷹信光:訳)『デイン家の呪い (2009/11 ハヤカワ・ミステリ文庫) ★★★☆
・1930年に刊行された 【1937】 ○ アガサ・クリスティ (山下暁三郎:訳) 『牧師館の殺人 (1954/11 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
●1931年〜40年
・1931年に刊行されたダシール 【1398】 ◎ ダシール・ハメット (池田真紀子:訳)『ガラスの鍵 (2010/08 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
・1931年、アガサ・クリス 【2029】 △ アガサ・クリスティ (田村隆一:訳) 『シタフォードの秘密 (1956/05 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
・1932年に発表したした作品で、「エラリー 【1431】◎ エラリー・クイーン (越前敏弥:訳)『Ⅹの悲劇 (2009/01 角川文庫) ★★★★☆
・1932年に発表した作品で、日本での海外ミ 【1432】 ○ エラリー・クイーン (越前敏弥:訳)『Yの悲劇 (2010/09 角川文庫) ★★★★
・1932年に刊行されたアガサ・ 【2006】 ○ アガサ・クリスティ (田村隆一:訳) 『邪悪の家 (1959/08 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1933年に発表されたダシール・ハメ 【1402】 ○ ダシール・ハメット (船戸与一:訳)『闇の中から来た女 (1991/04 集英社) ★★★☆
・1933年に刊行された 【1996】 ○ アガサ・クリスティ (福島正実:訳) 『エッジウェア卿の死 (1955/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1934年、アガサ 【1938】 ◎ アガサ・クリスティ 『なぜ、エヴァンズに頼まなかったのか? (1959/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1935年に発表されたアガサ 【1406】 ○アガサ・クリスティ (鮎川信夫:訳) 『ABC殺人事件 (1957/09 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★ 
・1937年に発表されたアガサ 【1384】 ○ アガサ・クリスティ (脇矢 徹:訳) 『ナイルに死す (1957/10 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1938年に刊行されたアガサ・ 【2522】 ○ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『死との約束 (1957/05 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1939年発表の『大いなる眠り 【674】 ○ レイモンド・チャンドラー (双葉十三郎:訳)『大いなる眠り (1956/01 東京創元社) ★★★★
・1939年、アガサ・クリスティ 【1939】 ○ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『殺人は容易だ (1957/10 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1939年にアガサ 【1967】 ◎ アガサ・クリスティ (清水俊二:訳) 『そして誰もいなくなった (1955/06 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★★
・1940年に発表した作品 【1456】 ○ レイモンド・ポストゲート (黒沼 健:訳) 『十二人の評決 (1954/11 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1940年にアガサ・クリスティが 【1542】 ○ アガサ・クリスティ (恩地三保子:訳) 『杉の柩 (1957/08 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1940年にアガサ・クリスティが 【2400】 ○ アガサ・クリスティ (加島祥造:訳) 『愛国殺人 (1955/07 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
●1941年〜50年
・1942年に刊行されたアガサ 【1940】 ○ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『書斎の死体 (1956/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1943年にアガサ・クリス 【1950】 ◎ アガサ・クリスティ (桑原千恵子:訳) 『五匹の子豚 (1957/01 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1943年に刊行された(米版は1942 【1418】 ○ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『動く指 (1958/10 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1944年に発表した長編ミス 【1419】 ◎ アガサ・クリスティ (田村隆一:訳)『ゼロ時間へ (1958/01 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1945年にアガサ・クリスティ 【1941】 ○ アガサ・クリスティ (村上啓夫:訳) 『忘られぬ死 (1953/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1946年10月初演の、英国のジャー 【1382】○ ジョン・B・プリーストリー(安藤貞雄:訳) 『夜の来訪者 (2007/02 岩波文庫) ★★★★
・1948年1948年に刊行された 【1997】 ○ アガサ・クリスティ (恩地三保子:訳) 『満潮に乗って (1957/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1950年に刊行されたアガサ・クリ 【1420】 △ アガサ・クリスティ (田村隆一:訳)『予告殺人 (1955/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
●1951年〜60年
・1952年に刊行された 【1942】 ○ アガサ・クリスティ (田村隆一:訳) 『魔術の殺人 (1958/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1953年初演の戯曲 【1074】 ○ アガサ・クリスティ (加藤恭平:訳)『検察側の証人 (1980/05 ハヤカワ・ミステリ文庫) ★★★★
・1952年に刊行【1943】 ◎ アガサ・クリスティ (宇野利泰:訳) 『ポケットにライ麦を (1954/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1955年に発表した 【2523】 △ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『ヒッコリー・ロードの殺人 (1956/11 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
・1957年にイギリス 【681】 ○ アリステア・マクリーン (平井イサク:訳)『ナヴァロンの要塞 (1966/11 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1957年に刊行 【1944】 ○ アガサ・クリスティ (大門一男:訳) 『パディントン発4時50分 (1960/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1958年、アガサ・クリス 【2030】 △ アガサ・クリスティ (小笠原豊樹:訳) 『無実はさいなむ (1960/02 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
・1959年発表のアメリカ 【1027】 △ ロバート・ブロック (福島正実:訳) 『気ちがい(サイコ) (1960/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
・1959年にアガサ・クリス 【2091】 ○ アガサ・クリスティ (橋本福夫:訳) 『鳩のなかの猫 (1960/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
●1961年〜70年
・1961年に発表され 【680】 ◎ ロス・マクドナルド (小笠原豊樹:訳) 『ウィチャリー家の女 (1962/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1961年アガサ・クリスティが 【1945】 ○ アガサ・クリスティ (橋本福夫:訳) 『蒼ざめた馬 (1962/01 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1962年、72歳で発 【1389】 ◎ アガサ・クリスティ (橋本福夫:訳) 『鏡は横にひび割れて (1964/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1963年発表のイギリスの小説家ジョン・ファ 【676】 ○ ジョン・ファウルズ(小笠原豊樹:訳) 『コレクター (1966/09 白水社) ★★★★
・1964年に刊行 【1946】 ○ アガサ・クリスティ (永井 淳:訳) 『カリブ海の秘密 (1971/03 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1965年原著発表のイギリス人作家アーサー 【679】 ○ アーサー・ヘイリー (高橋 豊:訳)『ホテル (1970/06 講談社) ★★★★
・1965年に英国の作家 【1390】 ◎ ギャビン・ライアル (菊池 光:訳) 『深夜プラス1 (1967/02 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★☆
・1966年に米国の作家ダニ 【1101】 ○ ダニエル・キイス(小尾美佐:訳)『アルジャーノンに花束を (1978/07 早川書房) ★★★★
・1965年に刊行さ 【1947】 ○ アガサ・クリスティ (乾 信一郎:訳) 『バートラム・ホテルにて (1969/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1967年に発表された 【681】 ○ アリステア・マクリーン (平井イサク:訳) 『荒鷲の要塞 (1968/01 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★☆
・1967年に 【1527】 ◎ ロス・マクドナルド (小鷹信光:訳) 「一瞬の敵」―『世界ミステリ全集〈6〉』 (1972/07 早川書房) ★★★★☆
・1968年、アガサ・クリス 【2019】 ○ アガサ・クリスティ (深町眞理子:訳) 『親指のうずき (1970/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1970年原著刊行の米国人作家 【1024】 ○ ジャック・フィニイ (福島正実:訳) 『ふりだしに戻る (1973/07 角川書店) ★★★★
●1971年〜80年
・1971年発表の彼の出世作 【677】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳) 『ジャッカルの日 (1973/04 角川書店) ★★★★
・1971年に刊行された 【1948】 ○ アガサ・クリスティ (乾 信一郎:訳) 『復讐の女神 (1972/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★☆
・1972年発表の第2作 【2514】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳) 『オデッサ・ファイル (1974/01 角川書店) ★★★★
・1974年に発表されたイギリ 【677】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳) 『戦争の犬たち (1975/01 角川書店) ★★★★
・1974年に発表さ 【1030】 ○ エルモア・レナード (山崎 淳:訳) 『五万二千ドルの罠 (1979/12 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★
・1976年に発表された 【670】 ○ クライブ・カッスラー (中山善之:訳)『タイタニックを引き揚げろ (1977/06 パシフィカ) ★★★★
・1976年に発表された 【1375】 ○ ジェフリー・アーチャー (永井 淳:訳)『百万ドルをとり返せ! (1977/08 新潮文庫) ★★★★
・1976年に 【1949】 ○ アガサ・クリスティ (綾川 梓:訳) 『スリーピング・マーダー (1977/01 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★
・1977年に書かれた 【1033】 ○ スティーヴン・キング(深町真理子:訳) 『シャイニング (上・下)』 (1978/03 パシフィカ) ★★★★
・1978年に発表された第4作 【1530】 ○ クライブ・カッスラー (中山善之:訳) 『QD弾頭を回収せよ (1980/01 新潮文庫) ★★★★
・1978年に米国の作家 【1531】 ○ ロバート・ラドラム (山本光伸:訳) 『ホルクロフトの盟約 (上・下)』 (1980/06 角川書店) ★★★★
・1978年にイギリスの作家ケン・ 【1433】 ○ ケン・フォレット(鷺村達也:訳) 『針の眼 (1980/07 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★
・1979年に発表さ 【669】 ◎ ジェフリー・アーチャー (永井 淳:訳)『ケインとアベル (上・下)』 (1981/05 新潮文庫) ★★★★☆
・1980年に英国の作家ケン・フォレット 【1434】 ○ ケン・フォレット (矢野浩三郎:訳) 『レベッカへの鍵 (1982/01 集英社) ★★★★
・1980年に発表されたアメリカ 【682】 ◎ ロバート・ラドラム (山本光伸:訳) 『暗殺者 (上・下)』 (1983/01 新潮文庫) ★★★★☆
●1981年〜90年
・1981年 【383】 ○ ダニエル・キイス 『24人のビリー・ミリガン―ある多重人格者の記録(上・下)』(1992/09 早川書房) ★★★★[●精神医学]
・1982年夏に 【1026】 ○ ジェフリー・アーチャー (永井 淳:訳)『ロスノフスキ家の娘 (上・下)』 (1983/02 新潮文庫) ★★★★
・1982年に発表された冒険小説作家 【1023】 ○ A・J・クィネル (大熊 榮:訳) 『スナップ・ショット (1984/01 新潮文庫) ★★★★
・1983年に英国の作家ケン・フォレット 【1435】 ○ ケン・フォレット (矢野浩三郎:訳) 『鷲の翼に乗って (1984/01 集英社) ★★★★
・1984年に英国の作家 【1395】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳)『第四の核 (上・下)』 (1984/09 角川書店) ★★★☆
・1984年に発表 【672】 ○ トム・クランシー (井坂 清:訳) 『レッド・オクトーバーを追え (上・下)』 (1985/12 文春文庫) ★★★★
・1987年に発表された『ヴァチ 【1023】 ○ A・J・クィネル (大熊 榮:訳) 『ヴァチカンからの暗殺者 (1987/10 新潮文庫) ★★★★
・1987年発表の本作品『推定無 【675】 ○ スコット・トゥロー (上田公子:訳) 『推定無罪 (上・下)』 (1988/09 文藝春秋) ★★★★
・1989年発表 【1068】 ○ コリン・デクスター (大庭忠男:訳) 『オックスフォード運河の殺人 (1991/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1990年に発表 【671】 ○ マイケル・クライトン (酒井昭伸:訳) 『ジュラシック・パーク (上・下)』 (1991/06 早川書房) ★★★★
・1990年に発表されたパトリシア 【1022】 ○ パトリシア・コーンウェル (相原真理子:訳)『検屍官 (1992/01 講談社文庫) ★★★★
・1990年に発表したデビュー 【1391】 ◎ ドン・ウィンズロウ (東江一紀:訳) 『ストリート・キッズ (1993/11 創元推理文庫) ★★★★☆
●1991年〜2000年
・1991年発表のジョン・グリシャムの『法律 【673】 ○ ジョン・グリシャム (白石 朗:訳) 『法律事務所 (1992/07 新潮社) ★★★★
・1991年に発表された「ケイ・ス 【1028】 ○ パトリシア・コーンウェル (相原真理子:訳)『証拠死体 (1992/07 講談社文庫) ★★★★
・1991年に発表した、『評決』の続編で 【1453】 ○ バリー・リード (田中昌太郎:訳) 『決断 (1994/01 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★
・1992年発表の、コリン・デ 【1069】 ○ コリン・デクスター (大庭忠男:訳) 『森を抜ける道 (1993/08 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1993年に発表され'94年に映 【1049】 ○ マイケル・クライトン (酒井昭伸:訳) 『ディスクロージャー (1993/12 早川書房) ★★★☆
・1993年にスティーヴン・ 【1548】 ○ スティーヴン・ハンター (佐藤和彦:訳) 『極大射程 (上・下)』 (1998/12 新潮文庫) ★★★☆
・1993年に原著刊行の、英国の女流推理 【2015】 ○ ミネット・ウォルターズ (成川裕子:訳) 『女彫刻家 (1995/07 東京創元社) ★★★☆
・1994年に発表された 【1990】 ○ キャロライン・グレアム (宮脇裕子:訳) 『空白の一章―バーナビー主任警部』 (2010/09 論創社) ★★★★
・1994年末に発表された 【1070】 ○ コリン・デクスター (大庭忠男:訳) 『カインの娘たち (1995/10 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・1995年にジェフリ 【1994】 ◎ ジェフリー・ディーヴァー (飛田野裕子 :訳) 『静寂の叫び (1997/06 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★☆
・1996年発表のジョン・グリシャムのリーガル 【1458】 ○ ジョン・グリシャム (白石 朗:訳) 『陪審評決 (1997/10 新潮社) ★★★★
・1997年に発表された 【1394】 ○ ドン・ウィンズロウ (東江一紀:訳) 『ボビーZの気怠く優雅な人生 (1999/05 角川文庫) ★★★★
・1997年に発表された 【1383】 ○ ジェフリー・ディーヴァー(池田真紀子:訳) 『ボーン・コレクター (1999/09 文藝春秋) ★★★★
・1999年にカナダ 【1392】△ ロバート・J・ソウヤー(内田昌之:訳) 『フラッシュフォワード (2001/01 ハヤカワ文庫SF) ★★★
・1999年にジェフリー・・ディーヴァー 【1991】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (土屋 晃:訳) 『悪魔の涙 (2000/09 文春文庫) ★★★☆
・1999年に原著刊行の、英国の女流推理作家サラ 【2014】 △ サラ・ウォーターズ (中村有希:訳) 『半身』 (2003/05 創元推理文庫) ★★★
●2001年〜10年
・2003年イギリスで 【684】 ○ マ-ク・ハッドン (小尾芙佐:訳) 『夜中に犬に起こった奇妙な事件 (2003/06 早川書房) ★★★★
・2003年に発表された 【678】 △ ダン・ブラウン (越前敏弥:訳) 『ダ・ヴィンチ・コード (上・下)』 (2004/05 角川書店) ★★★
・2003年に書かれた 【1102】 ○ エリザベス・ムーン (小尾美佐:訳) 『くらやみの速さはどれくらい (2004/10 早川書房) ★★★☆
・2003年発表の 【1388】 △ ジェフリー・ディーヴァー(池田真紀子:訳) 『魔術師(イリュージョニスト) (2004/10 文藝春秋) ★★★
・2003年12月に 【2199】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (池田真紀子 他:訳) 『クリスマス・プレゼント (2004/10 文藝春秋) ★★★☆
・2004年 【1454】 ○ ローリー・リン・ドラモンド (駒月雅子:訳) 『あなたに不利な証拠として (2006/02 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2005年に刊行された 【1031】 △ ジェフリー・アーチャー (永井 淳:訳)『ゴッホは欺く (上・下)』 (2007/01 新潮文庫) ★★★
・2005年に発表されたドン・ 【1396】 ◎ ドン・ウィンズロウ (東江一紀:訳) 『犬の力 (上・下)』 (2009/08 角川文庫) ★★★★★
・2006年発表のジェフリー 【1385】 ○ ジェフリー・ディーヴァー(池田真紀子:訳) 『ウォッチメイカー (2007/10 文藝春秋) ★★★★
・2006年に発表 【1437】 ○ ドン・ウィンズロウ (東江一紀:訳) 『フランキー・マシーンの冬 (上・下)』 (2010/09 角川文庫) ★★★★
・2007年に発表された「検 【1035】 × パトリシア・コーンウェル (相原真理子:訳)『異邦人 (上・下)』 (2007/12 講談社文庫) ★★
・2008年発表のジェフリー 【1386】 ○ ジェフリー・ディーヴァー(池田真紀子:訳) 『ソウル・コレクター (2009/10 文藝春秋) ★★★★
・2008年にジェフリー・ディーヴァー 【1992】 △ ジェフリー・ディーヴァー (土屋 晃:訳) 『追撃の森 (2012/06 文春文庫) ★★☆
・2009年に発表した作品 【1436】 ○ ジョン・ハ―ト (東野さやか:訳) 『ラスト・チャイルド (2010/04 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2009年に発表した長編小説 【2004】 ○ スティーヴ・ハミルトン (越前 敏弥:訳) 『解錠師 (2011/12 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
・2010年発表のジェフ 【1995】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (池田真紀子 :訳) 『バーニング・ワイヤー (2012/10 文藝春秋) ★★★☆
・2010年に発表されたグラント 【1487】 ○ グラント・ジャーキンス (二宮 馨:訳) 『いたって明解な殺人 (2011/03 新潮文庫) ★★★☆
・2010年にスコット・トゥローが 【2018】 ○ スコット・トゥロー (二宮 磬:訳) 『無罪 INNOCENT (2012/09 文藝春秋) ★★★☆
●2011年〜
・2011年にジェフリー 【1993】 ○ ジェフリー・ディーヴァー (池田真紀子:訳) 『007 白紙委任状 (2011/10 文藝春秋) ★★★☆
・2011年にピエール・ルメートルが 【2351】 ○ ピエール・ルメートル (橘 明美:訳) 『その女アレックス (2014/09 文春文庫) ★★★☆
・2012年10月末に原著が出版され 【2496】 ○ ジョン・グリシャム (白石 朗:訳) 『司法取引 (上・下)』 (2015/02 新潮文庫) ★★★★

NEXT ⇒ ●海外児童文学


ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif



和田泰明

About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 00:15.

●海外児童文学 was the previous entry in this blog.

●海外サスペンス・読み物 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1