●小説系文庫 (レーベル別・刊行年順)

 
●河出文庫 (1980年6月創刊)(23
0僕って何 (1980年) (河出文庫) - コピー.jpg【2023】 △ 三田 誠広 『僕って何 (1980/06 河出文庫 ★★★ (●創刊ラインナップの1冊)
十九歳の地図.jpg【602】 ○ 中上 健次 「十九歳の地図」―『十九歳の地図』 (1981/06 河出文庫) ★★★★
文豪ミステリー傑作選 第2集.jpg【2565】 ○ 大佛 次郎 「怪談」―『文豪ミステリー傑作選(第2集)』 (1985/11 河出文庫) ★★★★【2571】 ○ 山本 周五郎 「出来ていた青」―『文豪ミステリー傑作選(第2集)』 (1985/11 河出文庫) ★★★★
ベッドタイムアイズ2.jpg【630】 ○ 山田 詠美 『ベッドタイムアイズ (1987/08 河出文庫) ★★★☆
蹴りたい背中 文庫.jpg【552】 ○ 綿矢 りさ 『蹴りたい背中(2007/04 河出文庫) ★★★☆
0ひとり日和 (河出文庫).jpg【1066】 ○ 青山 七恵 『ひとり日和 (2010/03 河出文庫) ★★★☆
そこのみにて光輝く 河出文庫.jpg【2198】 ◎ 佐藤 泰志 『そこのみにて光輝く (2011/04 河出文庫) ★★★★☆
鬼の詩/生きいそぎの記2.jpg【2108】 ○ 藤本 義一 『鬼の詩/生きいそぎの記―藤本義一傑作選』 (2013/04 河出文庫) ★★★★
緋色の習作 (河出文庫―シャーロック・ホームズ全集).jpg【1403】 ○ アーサー・コナン・ドイル (小林 司/東山あかね:訳) 『緋色の習作―シャーロック・ホームズ全集1』 (2014/03 河出文庫) ★★★☆
四つのサイン (河出文庫).jpg【1407】 ○ アーサー・コナン・ドイル (小林 司/東山あかね:訳) 『四つのサイン―シャーロック・ホームズ全集2』 (2014/04 河出文庫) ★★★☆
バスカヴィル家の犬 (河出文庫).jpg【1405】 ○ アーサー・コナン・ドイル (小林 司/東山あかね:訳) 『バスカヴィル家の犬―シャーロック・ホームズ全集5』 (2014/05 河出文庫) ★★★☆
邪宗門 下 (河出文庫) - コピー.jpg邪宗門 上 (河出文庫) - コピー.jpg【591】 ◎ 高橋 和巳 『邪宗門 (上・下)』 (2014/08 河出文庫) ★★★★☆
シャーロック・ホームズの事件簿 (河出文庫).jpg 【1404】 ○ アーサー・コナン・ドイル (小林 司/東山あかね:訳) 『シャーロック・ホームズの事件簿――シャーロック・ホームズ全集9』 (2014/10 河出文庫) ★★★☆
0冥途めぐり.jpg【1912】 ○ 鹿島田 真希 『冥土めぐり (2015/01 河出文庫) ★★★☆
見た人の怪談集 2016.jpg【2572】 ○ 芥川 龍之介 「妙な話」―『見た人の怪談集』(2016/05 河出文庫)★★★★【2565】 ○ 大佛 次郎 「怪談」―『見た人の怪談集』 (2016/05 河出文庫) ★★★★
若冲  河出文庫.jpg【2900】 ○ 澁澤 龍彦 他 『若冲 (2016/11 河出術文庫) ★★★☆
とむらい師たち 河出文庫.jpg【608】 ○ 野坂 昭如 『とむらい師たち―野坂昭如ベスト・コレクション』 (2017/06 河出文庫) ★★★★
0ウホッホ探険隊 (河出文庫).jpg【611】 ○ 干刈 あがた 『ウホッホ探険隊 (2017/12 河出文庫) ★★★☆
児次郎吹雪・おたふく物語.jpg【3005】 ○ 山本 周五郎 「おたふく物語」―『児次郎吹雪・おたふく物語』 (2018/05 河出文庫) ★★★★
盲獣・陰獣 (河出文庫).jpg【2387】 ○ 江戸川 乱歩 『盲獣・陰獣 (2018/10 河出文庫) ★★★☆
白の闇 2008-4.jpg【2971】 ◎ ジョゼ・サラマーゴ (雨沢 泰:訳) 『白の闇 (2020/03 河出文庫) ★★★★☆
0おらおらでひとりいぐも (河出文庫).jpg【2650】 ○ 若竹 千佐子 『おらおらでひとりいぐも (2020/06 河出文庫) ★★★★
あるいは酒でいっぱいの海 河出.jpg【3074】 ○ 筒井 康隆 『あるいは酒でいっぱいの海 (2021/08 河出文庫)》 ★★★☆

 


●福武文庫 (1985年11月創刊)((1998年12月休刊)

『ウホッホ探険隊』福武文庫 1.jpg【611】 ○ 干刈 あがた 『ウホッホ探険隊 (1986/09 福武文庫) ★★★☆
0愛と笑いの夜 福武文庫.jpg【667】 ○ ヘンリー・ミラー (吉行淳之介:訳) 『愛と笑いの夜 (1987/05 福武文庫) ★★★★
0われらの時代に hukutake.jpg【1021】 ○ アーネスト・ヘミングウェイ (宮本陽吉:訳) 『われらの時代に (1988/01 福武文庫) ★★★★
0_ガルシン短篇集 (福武文庫).jpg【654】 ○ フセーヴォロド・ガルシン (中村 融:訳) 「紅い花 」―『ガルシン短篇集』 (1990/03 福武文庫) ★★★★
0キッチン (福武文庫).jpg【1366】 ○ 吉本 ばなな 『キッチン (1991/10 福武文庫) ★★★☆
0冥土(福武文庫).jpg【642】 ○ 内田 百閒 『冥途 (1994/01 福武文庫) ★★★★
0太平洋ひとりぼっち (福武文庫).jpg【1467】 ○ 堀江 謙一 『太平洋ひとりぼっち (1994/07 福武文庫) ★★★★
0青い犬の目(文庫).jpg【1416】 ○ ガブリエル・ガルシア=マルケス (井上義一:訳) 『青い犬の目―死をめぐる11の短篇』 (1994/08 福武文庫) ★★★☆
美しい水死人2.jpg【1427】 ○ ガブリエル・ガルシア=マルケス (木村栄一:訳) 「美しい水死人」―『美しい水死人―ラテンアメリカ文学アンソロジー』 (1995/03 福武文庫) ★★★☆

 



●ちくま文庫 (1985年12月創刊)(41

宮沢賢治全集〈7〉銀河鉄道の夜・風の又三郎.jpg【649】 ◎ 宮沢 賢治 「銀河鉄道の夜」―『宮沢賢治全集〈7〉』 (1985/12 ちくま文庫) ★★★★☆【1482】 ○ 宮沢 賢治 「風の又三郎」― 『宮沢賢治全集〈7〉』 (1985/12 ちくま文庫) ★★★★【3052】 ○ 宮澤 賢治 「セロ弾きのゴーシュ」―『宮沢賢治全集〈7〉』 (1985/12 ちくま文庫) ★★★★ (●創刊ラインナップの1冊)
川三部作 泥の河・螢川・道頓堀川2.jpg【627】 ◎ 宮本 輝 「泥の河」―『泥の河・螢川・道頓堀川』 (1986/01 ちくま文庫) ★★★★☆【2574】 ◎ 宮本 輝 「螢川」―『泥の河・螢川・道頓堀川』 (1986/01 ちくま文庫) ★★★★☆
芥川龍之介全集〈4〉.jpg【2572】 ○ 芥川 龍之介 「妙な話」―『芥川龍之介全集〈4〉』 (1987/01 ちくま文庫) ★★★★
夏目漱石全集〈5〉 (ちくま文庫).jpg【473】 ○ 夏目 漱石 「三四郎」―『夏目漱石全集〈5〉』 (1988/02 ちくま文庫) ★★★★
夏目漱石全集〈6〉 (ちくま文庫).jpg【474】 △ 夏目 漱石 「」―『夏目漱石全集〈6〉』 (1988/03 ちくま文庫) ★★★
寺島町奇譚.jpg【694】 ○ 滝田 ゆう 『寺島町奇譚 (1988/03 ちくま文庫) ★★★★
0エレンディラ ちくま文庫.jpg【1427】 ○ ガブリエル・ガルシア=マルケス (鼓 直/木村榮一:訳) 『エレンディラ (1988/12 ちくま文庫) ★★★★
コラムは踊る―エンタテインメント評判記.jpg【3000】 ◎ 小林 信彦 『コラムは踊る―エンタテインメント評判記 1977~81』 (1989/04 ちくま文庫) ★★★★☆
太宰治全集〈9〉 (ちくま文庫)斜陽・人間失格.jpg【448】 ◎ 太宰 治 「斜陽」―『太宰治全集〈9〉』 (1989/05 ちくま文庫) ★★★★★【449】 ◎ 太宰 治 「人間失格」―『太宰治全集〈9〉』 (1989/05 ちくま文庫) ★★★★☆
地獄の読書録 ちくま文庫.jpg【2999】 ○ 小林 信彦 『地獄の読書録 (1989/05 ちくま文庫) ★★★★
星をつかみそこねる男 ちくま文庫.jpg【2396】 ○ 水木 しげる 『劇画 近藤勇―星をつかみそこねる男』 (1989/07 ちくま文庫) ★★★★
劇画ヒットラー (ちくま文庫).jpg【2960】 ○ 水木 しげる 『劇画ヒットラー (1990/08 ちくま文庫) ★★★★
0織田作之助 (ちくま日本文学全集).jpg【2950】 ◎ 織田 作之助 「夫婦善哉」―『織田作之助(ちくま日本文学全集)』 (1993/05 ちくま文庫) ★★★★☆
0幸福な無名時代 文庫.jpg【1415】 ○ ガブリエル・ガルシア=マルケス (旦 敬介:訳) 『幸福な無名時代 (1995/03 ちくま文庫) ★★★☆
森鴎外全集〈4〉雁 阿部一族 (ちくま文庫).jpg【650】 ○ 森 鷗外 「」―『森鷗外全集〈4〉雁/阿部一族』 (1995/09 ちくま文庫) ★★★☆【1373】 ○ 森 鷗外 『「阿部一族」―『森鷗外全集〈4〉雁/阿部一族』 (1995/09 ちくま文庫) ★★★☆
シェイクスピア全集 (3) マクベス (ちくま文庫).jpg【1017】 ○ ウィリアム・シェイクスピア (松岡 和子:訳) 『シェイクスピア全集〈3〉マクベス (1996/12 ちくま文庫) ★★★☆ 
妊娠小説 (ちくま文庫).jpg【421】 ○ 斎藤 美奈子 『妊娠小説 (1997/06 ちくま文庫) ★★★★
シェイクスピア全集 (5) リア王 (ちくま文庫).jpg【1016】 ○ ウィリアム・シェイクスピア (松岡 和子:訳) 『シェイクスピア全集〈5〉リア王 (1997/12 ちくま文庫) ★★★★
紅一点論―アニメ・特撮・伝記のヒロイン像 (ちくま文庫).jpg【421】 △ 斎藤 美奈子 『紅一点論ーアニメ・特撮・伝記のヒロイン像』 (2001/09 ちくま文庫) ★★★
シェイクスピア全集 (10) ヴェニスの商人 (ちくま文庫).jpg【657】 ○ ウィリアム・シェイクスピア (松岡 和子:訳) 『シェイクスピア全集〈10〉ヴェニスの商人 (2002/04 ちくま文庫) ★★★☆
冥途―内田百けん集成〈3〉 ちくま文庫.jpg【642】 ○ 内田 百閒 「冥途―『冥途―内田百閒集成〈3〉』 (2002/12 ちくま文庫) ★★★★
片腕.jpg【1379】 ○ 川端 康成 『川端康成集 片腕―文豪怪談傑作選』 (2006/07 ちくま文庫) ★★★★
趣味は読書 文庫.jpg【426】 ○ 斎藤 美奈子 『趣味は読書。 (2007/04 ちくま文庫) ★★★★
文章読本さん江2.jpg【424】 ○ 斎藤 美奈子 『文章読本さん江 (2007/12 ちくま文庫) ★★★★
『名短篇、ここにあり』(ちくま文庫).jpg【3095】 ○ 北村 薫/宮部 みゆき(編) 『名短篇、ここにあり (2008/01 ちくま文庫) ★★★☆
ちくま日本文学013 樋口一葉 - コピー.jpg【3004】 ◎ 樋口 一葉 「たけくらべ」―『樋口一葉ちくま日本文学013』 (2008/04 ちくま文庫) ★★★★☆【3011】 ○ 樋口 一葉 「にごりえ」―『樋口一葉ちくま日本文学013』 (2008/04 ちくま文庫) ★★★★【3008】 ○ 樋口 一葉 「大つごもり」―『樋口一葉ちくま日本文学013』 (2008/04 ちくま文庫) ★★★★【3007】 ○ 樋口 一葉 「十三夜」―『樋口一葉ちくま日本文学013』 (2008/04 ちくま文庫) ★★★☆
ちくま日本文学021 志賀直哉.jpg【1321】 ○ 志賀 直哉 「赤西蠣太」―『志賀直哉―ちくま日本文学021』 (2008/08 ちくま文庫) ★★★☆【2550】 ◎ 志賀 直哉 「剃刀」―『志賀直哉―ちくま日本文学021』 (2008/08 ちくま文庫) ★★★★☆
李さん一家・海辺の叙景 文庫.jpg【2372】 ○ つげ 義春 『つげ義春コレクション 李さん一家/海辺の叙景 (2008/12 ちくま文庫) ★★★★
近所の景色/無能の人.jpg【1354】 ○ つげ 義春 『つげ義春コレクション 近所の景色/無能の人 (2009/01 ちくま文庫) ★★★★
魚影の群れ (ちくま文庫).jpg【639】 ○ 吉村 昭 『魚影の群れ (2011/09 ちくま文庫) ★★★★
真鍋博のプラネタリウム 2013.jpg【2874】 ○ 真鍋 博/星 新一 『真鍋博のプラネタリウム―星新一の插絵たち』 (2013/08 ちくま文庫) ★★★★
2013 ジョージ オーウェル 動物農場 ちくま.jpg【3013】 ○ ジョージ・オーウェル (開高 健:訳)『動物農場 (2013/09 ちくま文庫) ★★★★
英語に強くなる本 ちくま文庫.jpg【2884】 ○ 岩田 一男 『英語に強くなる本―教室では学べない秘法の公開』 (2014/12 ちくま文庫) ★★★★
英単語記憶術 (ちくま文庫).jpg【1224】 ○ 岩田 一男 『英単語記憶術―語源による必須6000語の征服』 (2014/12 ちくま文庫)★★★★
パルプ チャールズ ブコウスキー ちくま.jpg【2997】 ○ チャールズ・ブコウスキー (柴田元幸:訳) 『パルプ (2016/06 ちくま文庫) ★★★★
文庫本を狙え (1).jpg【2962】 ○ 坪内 祐三 『文庫本を狙え! (2016/08 ちくま文庫) ★★★★
『セメント樽の中の手紙ほかプロレタリア文学』 - コピー.jpg【1036】 ○ 葉山 嘉樹 「セメント樽の中の手紙」―『教科書で読む名作 セメント樽の中の手紙ほかプロレタリア文学』 (2017/03 ちくま文庫)★★★☆
たまもの 神蔵 文庫.jpg【3036】 ○ 神蔵 美子 『たまもの (2018/03 ちくま文庫) ★★★★
殿山泰司ベスト・エッセイ.jpg【2963】 ○ 殿山 泰司 (大庭萱朗:編) 『殿山泰司ベスト・エッセイ (2018/10 ちくま文庫) ★★★★
アニマル・ファーム (ちくま文庫).jpg【3013】 ○ 石ノ森 章太郎 (原作:ジョージ・オーウェル) 『アニマル・ファーム (2018/11 ちくま文庫)★★★☆<
1真鍋博の植物園と昆虫記 (ちくま文庫).jpg【2958】 ○ 真鍋 博 『真鍋博の植物園と昆虫記 (2020/01 ちくま文庫) ★★★☆

 

 
●講談社文芸文庫 (1988年1月創刊)(

桜の森の満開の下 (講談社文芸文庫).jpg【2972】 ○ 坂口 安吾「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」―『桜の森の満開の下』(1989/03 講談社文芸文庫)★★★★
『叫び声』講談社文芸文庫.jpg【414】 ○ 大江 健三郎 『叫び声 (1990/03 講談社文芸文庫) ★★★★
堕落.jpg【592】 △ 高橋 和巳 『堕落 (1995/10 講談社文芸文庫) ★★★
浅草紅団 文芸文庫.bmp【1372】 ○ 川端 康成 『浅草紅団・浅草祭 (1996/12 講談社文芸文庫) ★★★☆
外套・鼻 (講談社文芸文庫).jpg【1474】 ○ ニコライ・ゴーゴリ (吉川宏人:訳) 『外套・鼻 (1999/02 (講談社文芸文庫) ★★★★ 
夫婦善哉 (講談社文芸文庫) 文庫.jpg【2950】 ◎ 織田 作之助 『夫婦善哉 (1999/05 講談社文芸文庫) ★★★★☆
夏の流れ.jpg【622】 ◎ 丸山 健二 『夏の流れ―丸山健二初期作品集』 (2005/02 講談社文芸文庫) ★★★★☆
『つげ義春日記』.jpg【3144】 ○ つげ 義春 『つげ義春日記 (2020/03 講談社文芸文庫) ★★★★

 


●ハヤカワepi文庫 (2001年5月創刊)(
カズオ・イシグロ『日の名残り』.jpg日の名残り 文庫.jpg【2620】 ◎ カズオ・イシグロ (土屋政雄:訳) 『日の名残り (2001/05 ハヤカワepi文庫) ★★★★☆ (●創刊ラインナップの1冊)
わたしたちが孤児だったころges.jpg【2607】 ○ カズオ・イシグロ (入江真佐子:訳) 『わたしたちが孤児だったころ (2006/03 ハヤカワハヤカワepi文庫) ★★★★
わたしを離さないで 文庫 2008.jpg【2648】 ○ カズオ・イシグロ (土屋政雄:訳) 『わたしを離さないで (2008/08 ハヤカワハヤカワepi文庫) ★★★★
一九八四年2.jpg【3014】 ◎ ジョージ・オーウェル (高橋和久:訳)『一九八四年〔新訳版〕』 (2009/07 ハヤカワepi文庫) ★★★★☆
日はまた昇る〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫).jpg【1025】 ◎ アーネスト・ヘミングウェイ (土屋政雄:訳) 『日はまた昇る〔新訳版〕』 (2012/03 ハヤカワepi文庫) ★★★★☆
夜中に犬に起こった奇妙な事件 (ハヤカワepi文庫).jpg【684】 ○ マ-ク・ハッドン (小尾芙佐:訳) 『夜中に犬に起こった奇妙な事件 (2016/04 ハヤカワepi文庫) ★★★★
IMG_20210328_115145.jpg【3013】 ○ ジョージ・オーウェル (山形浩生:訳)『動物農場〔新訳版〕』 (2017/01 ハヤカワepi文庫) ★★★★

 
 

●光文社古典新訳文庫 (2006年9月創刊)(28
光文社古典新訳文庫創刊ラインナップ(第1弾・第2弾)
光文社古典新訳文庫創刊.jpg「カラマーゾフの兄弟」4.jpg「カラマーゾフの兄弟」3.jpg「カラマーゾフの兄弟」2.jpg「カラマーゾフの兄弟」1.jpg【467】 ◎ フョードル・ドストエフスキー(亀山郁夫:訳) 『カラマーゾフの兄弟 (1~4)』 (2006/09・2006/11・ 2007/02・2007/07 光文社古典新訳文庫) ★★★★★ (●創刊ラインナップ第1弾の1冊)
飛ぶ教室 (光文社古典新訳文庫).jpg【1015】 ◎ エーリッヒ・ケストナー (丘沢静也:訳) 『飛ぶ教室 (2006/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆ (●創刊ラインナップ第1弾の1冊)
リア王.jpg【1016】 ○ ウィリアム・シェイクスピア(安西徹雄:訳) 『リア王 (2006/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★ (●創刊ラインナップ第1弾の1冊)
イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ.jpg【1037】 ◎ レフ・トルストイ (望月哲男:訳)「イワン・イリイチの死」―『イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ』 (2006/10 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆ (●創刊ラインナップ第2弾の1冊)
黒猫/モルグ街の殺人.jpg【2937】◎ エドガー・アラン・ポー (小川高義:訳)「黒猫」―『黒猫/モルグ街の殺人』(2006/10 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆【2936】 ◎ エドガー・アラン・ポー (小川高義:訳)「モルグ街の殺人」―『黒猫/モルグ街の殺人』(2006/10 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆ (●創刊ラインナップ第2弾の1冊)
 
鼻 外套 査察官.jpg【1474】 ○ ニコライ・ゴーゴリ (浦 雅春 :訳) 「外套/鼻」―『外套/鼻/検察官』 (2006/11 光文社古典新訳文庫) ★★★★
ヴェネツィアに死す.jpg【2645】 ○ トーマス・マン(岸 美光:訳)『ヴェネツィアに死す (2007/03 光文社古典新訳文庫) ★★★★
ヴェニスの商人2.jpg【657】 ○ ウィリアム・シェイクスピア (安西徹雄:訳) 『ヴェニスの商人 (2007/06 光文社古典新訳文庫) ★★★☆
武器よさらば( 下).gif武器よさらば (上).gif【1029】 ○ アーネスト・ヘミングウェイ (金原瑞人:訳) 『武器よさらば(上・下)』 (2007/08 光文社古典新訳文庫)★★★☆
変身,掟の前で.jpg【653】 ○ フランツ・カフカ(丘沢 也:訳)「変身」―『変身、掟の前で 他2編』 (2007/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★
51赤と黒.jpg41p赤と黒(下).jpg【3046】 ◎ スタンダール (野崎 歓:訳) 『赤と黒 (上・下)』 (2007/09・2007/12 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
マクベス.jpg【1017】 ○ ウィリアム・シェイクスピア(安西徹雄:訳) 『マクベス (2008/09 光文社古典新訳文庫) ★★★☆
ワーニャ伯父さん/三人姉妹.jpg【663】 ◎ アントン・チェーホフ (浦 雅春:訳) 「ワーニャ伯父さん」―『ワーニャ伯父さん/三人姉妹』 (2009/07 光文社古典新訳文庫) ★★★★★
グレート・ギャッツビー (光文社古典新訳文庫).jpg【1103】 ◎ スコット・フィッツジェラルド (小川高義:訳)『グレート・ギャッツビー (2009/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
貧しき人々 (光文社古典新訳文庫).jpg【464】 ◎ フョードル・ドストエフスキー (安岡治子:訳) 『貧しき人々 (2010/04 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
夜間飛行 (光文社古典新訳文庫).jpg【2173】 ◎ アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ (二木麻里:訳) 『夜間飛行 (2010/07 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
ガラスの鍵 光文社古典新訳文庫.jpg【1398】 ◎ ダシール・ハメット (池田真紀子:訳)『ガラスの鍵 (2010/08 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
フランケンシュタイン (光文社古典新訳文庫)2010.jpg【3079】 ○ メアリー・シェリー (小林章夫:訳) 『フランケンシュタイン (2010/10 光文社古典新訳文庫) ★★★★
クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫).jpg【1073】 ○ チャールズ・ディケンズ (池 央耿:訳) 『クリスマス・キャロル (2011/01 光文社古典新訳文庫) ★★★★
アウルクリーク橋の出来事 豹の眼.jpg【664】 ○ アンブローズ・ビアス (小川高義:訳) 「アウルクリーク橋の出来事」―『アウルクリーク橋の出来事/豹の眼』 (2011/03 光文社古典新訳文庫) ★★★★
老人と海 (光文社古典新訳文庫).jpg【1038】 ○ アーネスト・ヘミングウェイ(小川高義:訳)『老人と海 (2014/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★
狭き門 (光文社古典新訳文庫).jpg【658】 ○ アンドレ・ジッド (中条省平/中条志穂:訳) 『狭き門 (2015/02 光文社古典新訳文庫) ★★★★
白夜/おかしな人間の夢.jpg【465】 ○ フョードル・ドストエフスキー (安岡治子:訳) 「白夜」―『白夜/おかしな人間の夢』 (2015/04 光文社古典新訳文庫) ★★★★
アッシャー家の崩壊 黄金虫.jpg【2938】 ○ エドガー・アラン・ポー (小川高義:訳) 「盗まれた手紙」―『アッシャー家の崩壊/黄金虫』(2016/05 光文社古典新訳文庫) ★★★★
脂肪の塊/ロンドリ姉妹.jpg【1517】 ◎ ギ・ド・モーパッサン (太田 浩一:訳) 「脂肪の塊」―『脂肪の塊/ロンドリ姉妹―モーパッサン傑作選』 (2016/09 光文社古典新訳文庫) ★★★★☆
幸福な王子 柘榴の家.jpg【2175】 ○ オスカー・ワイルド (西村孝次:訳) 「幸福な王子」―『幸福な王子/柘榴の家』 (2017/01 光文社古典新訳文庫) ★★★★
八月の光   光文社古典新訳文庫.jpg【665】 ◎ ウィリアム・フォークナー (黒原敏行:訳)『八月の光 (2018/05 光文社古典新訳文庫) ★★★★★
死刑囚最後の日 (光文社古典新訳文庫 ).jpg【1019】 ○ ヴィクトル・ユーゴー (小倉孝誠 :訳) 『死刑囚最後の日 (2018/12 光文社古典新訳文庫) ★★★☆


 
 


●創元文芸文庫 (2022年2月創刊)( 
流浪の月 (創元文芸文庫.jpg【2951】 △ 凪良 ゆう 『流浪の月 (2022/02 創元文芸文庫) ★★★ (●創刊ラインナップの1冊)


 


 
 

【小説系新書】 【小説系文庫】



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif



和田泰明ブログ  

About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 00:10.

●小津 安二郎 監督作品 was the previous entry in this blog.

●小説系新書 (レーベル別・刊行年順) is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1