司法・裁判

「●司法・裁判」  Prev|NEXT ⇒ ●死刑制度 次の次 ⇒ ●児童虐待

刑法面白事典.jpg 刑吏の社会史.jpg 後藤昌次郎著『冤罪』.jpg フィクションとしての裁判.jpg アメリカン・ロイヤーの誕生.jpg 過労自殺.jpg 裁判官はなぜ誤るのか.jpg 自閉症裁判3.jpg ドキュメント検察官 揺れ動く「正義」.jpg 裁判官の爆笑お言葉集.jpg 狂った裁判官.jpg 日本の刑罰は重いか軽いか.jpg 12   日本をダメにした10の裁判.jpg ニッポンの岐路裁判員制度.jpg 死刑でいいです.jpg 2円で刑務所、5億で執行猶予.jpg 検証 秋田「連続」児童殺人事件.jpg 量刑相場 森炎.jpg 毒婦。 木嶋佳苗.jpg 司法殺人 元裁判官が問う歪んだ死刑判決.jpg 死刑と正義 (講談社現代新書).jpg

【796】 △ 和久 峻三 『刑法面白事典 (1977/02 主婦と生活社・21世紀ブックス) 《 刑法おもしろ事典 (1986/06 中公文庫)》 ★★★
【788】 ○ 阿部 謹也 『刑吏の社会史―中世ヨーロッパの庶民生活』 (1978/01 中公新書) ★★★★ 〔●世界史〕 
【317】 ○ 後藤 昌次郎 『冤罪 (1979/04 岩波新書) ★★★★
【318】 ◎ 大野 正男/大岡 昇平 『フィクションとしての裁判―臨床法学講義 (Lecture books)』 (1979/12 朝日出版社) ★★★★★
【809】 ○ 阿川 尚之 『アメリカン・ロイヤーの誕生―ジョージタウン・ロー・スクール留学記』 (1986/10 中公新書) ★★★★
【723】 ○ 川人 博 『過労自殺』 (1998/04 岩波新書) ★★★★ [●労働経済・労働問題]
【319】 ◎ 秋山 賢三 『裁判官はなぜ誤るのか (2002/10 岩波新書) ★★★★☆
【320】 ◎ 佐藤 幹夫 『自閉症裁判―レッサーパンダ帽男の「罪と罰」』 (2005/03 洋泉社) ★★★★☆
【837】 ○ 読売新聞社会部 『ドキュメント 検察官―揺れ動く「正義」』 (2006/09 中公新書) ★★★☆
【935】 ○ 長嶺 超輝 『裁判官の爆笑お言葉集 (2007/03 幻冬舎新書) ★★★★
【935】 × 井上 薫 『狂った裁判官』 (2007/03 幻冬舎新書) ★☆
【970】 ○ 王 雲海 『日本の刑罰は重いか軽いか (2008/04 集英社新書) ★★★★
【1264】 △ チームJ 『日本をダメにした10の裁判 (2008/05 日経プレミアシリーズ) ★★★
【1255】 ◎ 伊東 乾 『ニッポンの岐路 裁判員制度―脳から考える「感情と刑事裁判」』 (2009/04 洋泉社新書y) ★★★★☆
【1726】 ◎ 池谷 孝司 『死刑でいいです―孤立が生んだ二つの殺人』 (2009/10 共同通信社) ★★★★☆ [●犯罪・事件] [●「疋田桂一郎賞」受賞作]
【1821】 ○ 浜井 浩一 『2円で刑務所、5億で執行猶予』 (2009/10 光文社新書) ★★★★ [●犯罪・事件]
【1727】 ◎ 北羽新報社編集局報道部 『検証 秋田「連続」児童殺人事件』 (2009/11 無明舎出版) ★★★★☆ [●犯罪・事件]
【1820】 ○ 森 炎 『量刑相場―法の番人たちの暗黙ルール』 (2011/11 幻冬舎新書) ★★★★
【1798】 △ 北原 みのり 『毒婦。― 木嶋佳苗100日裁判傍聴記』 (2012/04 朝日新聞出版) ★★☆ [●犯罪・事件]
【1822】 ◎ 森 炎 『司法殺人―元裁判官が問う歪んだ死刑判決』 (2012/08 講談社) ★★★★★
【1816】 ◎ 森 炎 『死刑と正義 (2012/11 講談社現代新書) ★★★★☆

                    



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif


About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 02:16.

●死刑制度 was the previous entry in this blog.

●犯罪・事件 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1