○経営思想家トップ50 ランクイン (歴代)

「○経営思想家トップ50 ランクイン」(22人) Prev|NEXT ⇒ ●マネジメント 次の次 ⇒ ●ピーター・ドラッカー  ○日本人ノーベル賞受賞者(サイエンス系)の著書

○経営思想家トップ50(Thinkers50) 2001・03・05・07・09・11・13・15 各年ランクイン 殿堂入り(Hall of Fame)以降はランキング外の扱いに。

ピーター・F・ドラッカー03.jpgピーター・F・ドラッカー(Peter Drucker) オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。(2001-第1位2003-第1位2005年没
【110】 ◎ ピーター・F・ドラッカー(上田惇生:訳) 『マネジメント―基本と原則 [エッセンシャル版] 』 (2001/12 ダイヤモンド社) ★★★★★
    
Bill Gates.jpgビル・ゲイツ(Bill Gates) マイクロソフト社の共同創業者・会長、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同会長。(2001-第9位/2003-第20位/2005-第2位2007-第2位/2009-第7位)
【060】 △ ウィリアム・パウンドストーン (松浦俊輔:訳) 『ビル・ゲイツの面接試験―富士山をどう動かしますか?』 (2003/06 青土社) ★★★
    
ゲイリー・ハメル.jpgゲイリー・ハメル(Gary Hamel) ロンドン・ビジネススクール客員教授。(2001-第4位2003-第4位/2005-第14位/2007-第5位/2009-第10位/2011-第15位/2013-第19位/2015-第30位) 【2292】 ◎ ゲイリー・ハメル/ビル・ブリーン (藤井清美:訳) 『経営の未来―マネジメントをイノベーションせよ』 (2008/03 日本経済新聞出版社) ★★★★☆
     
Steve Jobs.jpgスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs) 商用パーソナルコンピュータで世界初の成功を収めたアップル社の共同設立者の一人。(2007-第29 位/2009-第4位2011年没
【1673】 ◎ ジェフリー・S・ヤング/ウィリアム・L・サイモン (井口耕二:訳) 『スティーブ・ジョブズ―偶像復活』 (2005/11 東洋経済新報社) ★★★★★
    
ジム・コリンズ(Jim Collins).jpgジム・コリンズ(Jim Collins) 元スタンフォード大学経営大学院教授。(2003年-第10位/2005-第6位/2007-第10位/2009-第17位/2011-第4位/2013-第12位/2015-第28位)
【2209】 ◎ ジェームズ・C・コリンズ (山岡洋一:訳) 『ビジョナリー・カンパニー2―飛躍の法則』 (2001/12 日経BP社) ★★★★☆
    
ジャック・ウェルチ.jpgジャック・ウェルチ(Jack Welch) 元ゼネラル・エレクトリック社の最高経営責任者(CEO)。(2001-第6位/2003-第8位/2005-第5位/2007-第8位/2009-第20位)
【109】 ○ ジャック・ウェルチ/ジョン・A・バーン (宮本喜一:訳) 『ジャック・ウェルチ わが経営 (上・下)』 (2001/10 日本経済新聞社) ★★★★
   
ヘンリー・ミンツバーグ(Henry Mintzberg).jpgヘンリー・ミンツバーグ(Henry Mintzberg) カナダ・マギル大学経営大学院教授。(2001-第7位2003-第7位/2005-第8位/2007-第16位/2009-第33位/2011-第30位/2013年殿堂入り【1658】 ◎ ヘンリー・ミンツバーグ (池村千秋:訳)『マネジャーの実像―「管理職」はなぜ仕事に追われているのか』 (2011/01 日経BP社) ★★★★★
   
マーカス・バッキンガム(Marcus Buckingham).jpgマーカス・バッキンガム(Marcus Buckingham) 自己啓発トレーナー。ザ・マーカス・バッキンガム・カンパニー(TMBC)。(2007-第38位/2009-第25位/2011-第8位/2013-第18位) 
【1677】 ◎ マーカス・バッキンガム (加賀山卓朗:訳)『最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと (2006/01 日本経済新聞社) ★★★★★
    
ダニエル・ピンク(Daniel Pink).jpgダニエル・ピンク(Daniel Pink) 著述家、ジャーナリスト、スピーチライター、大臣補佐官、ビジネストレンド評論家。(2011-第29位/2013-第13位/2015-第10位
【1621】 △ ダニエル・ピンク (大前研一:訳) 『モチベーション3.0―持続する「やる気!(ドライブ)」をいかに引き出すか 』 (2010/07 講談社) ★★★
   
peter senge 2.jpgピーター・M・センゲ(Peter M. Senge) マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院の組織学習センターの責任者。 (2001-第11位/2003-第14位/2005-第23位/2007-第47位)
【2205】 ◎ ピーター・M・センゲ (枝廣淳子/小田理一郎/中小路佳代子:訳) 『学習する組織―システム思考で未来を創造する』 (2011/11 英治出版) 《 (守部信之:訳) 『最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か』 (1995/06 徳間書店)》 ★★★★☆
    
ウォーレン・ベニス.jpgウォーレン・ベニス(Warren Bennis) アメリカの経営学者。リーダーシップ論で有名。(2001-第13位2003-第13位/2005-第27位/2007-第24位/2009-第36位/2013年殿堂入り2014年没【1672】 ○ ウォレン・ベニス/バート・ナナス (伊東奈美子:訳) 『本物のリーダーとは何か (2011/05 海と月社) ★★★★
         
Ram Charan.jpgラム・チャラン(Ram Charan)アメリカの人材育成コンサルタント。(2005-第24位/2007-第22位/2009-第13位2015年殿堂入り) 【2268】 ◎ ラム・チャラン/ラリー・ボシディ/チャールズ・バーク (高遠裕子:訳) 『経営は「実行」―明日から結果を出すための鉄則 〔改訂新版〕』(2010/10 日本経済新聞出版社)《[初版] (2003/02 日本経済新聞社)》 ★★★★☆ 【2248】 ○ ラム・チャラン/ビル・コナティ (児島 修:訳) 『人材管理のすすめ(2014/03 辰巳出版) ★★★☆
  
エドガー・H・シャイン  .jpgエドガー・H・シャイン(Edgar Henry Schein) マサチューセッツ工科大学スローンスクール名誉教授。キャリアアンカーという言葉を造り出す。(2001-第21位/2003-第17位/2005-第36位/2015年殿堂入り【2265】 ◎ エドガー・H・シャイン (二村敏子/三善勝代:訳) 『キャリア・ダイナミクス―キャリアとは、生涯を通しての人間の生き方・表現である。』 (1991/02 白桃書房) ★★★★☆
   
ジェフリー・フェッファー(Jeffrey Pfeffer).jpgジェフリー・フェッファー(Jeffrey Pfeffer) スタンフォード大学経営大学院(トーマス・D・ディー二世記念講座)教授。組織行動論。(2007-第49位/2011-第22位/2013-第24位/2015-第17位【1640】 ◎ ジェフリー・フェファー(守島基博:監修)『人材を活かす企業―「人材」と「利益」の方程式』 (2010/10 翔泳社 Harvard Business School Pressシリーズ) ★★★★★
   
ダニエル・ゴールマン(Daniel Goleman).jpgダニエル・ゴールマン(Daniel Goleman) 心理学者、作家、ジャーナリスト。(2003-第29位/2005-第42位/2007-第37位/2009-第34位/2011-第39位/2013-第36位/2015-第22位) 【2267】 ◎ ダニエル・ゴールマン/リチャード・ボヤツィス/アニー・マッキー (土屋京子:訳) 『EQリーダーシップ―成功する人の「こころの知能指数」の活かし方』 (2002/06 日本経済新聞社) ★★★★☆
   
ジョン・P・コッター(John Kotter).jpgジョン・P・コッター(John Kotter)ハーバード・ビジネススクール名誉教授。(2001年-第40位/2003年-第23位/2007-第30位/2009-41位/2011-第34位/2013-第32位/2015-第37位)
【129】 ◎ ジョン・P・コッター (黒田由貴子:訳) 『リーダーシップ論―いま何をすべきか』 (1999/12 ダイヤモンド社) ★★★★★
   
デイビッド・ウルリッチ.jpgデイビッド・ウルリッチ(Dave Ulrich) ミシガン大学スティーブン・M・ロス・スクール・オブ・ビジネス教授。(2007-第42位/2009-第31位/2011-第23位/2013-第30位/2015-第27位)
【2207】 ◎ デイビッド・ウルリッチ (梅津祐良:訳) 『MBAの人材戦略 (1997/10 日本能率協会マネジメントセンター) ★★★★☆
   
スチュワート・フリードマン(Stewart Friedman).jpgスチュワート・D・フリードマン(Stewart Friedman) ペンシルベニア大学ウォートン・スクール教授。リーダーシップ、ワーク・ライフ・バランスの第一人者。(2011-第45位/2013-第27位/2015-第29位) 【1894】 △ スチュワート・D・フリードマン (塩崎彰久:訳) 『トータル・リーダーシップ―世界最強ビジネススクール ウォートン校流「人生を変える授業」』 (2013/04 講談社) ★★★
  
モートン・ハンセン.jpgモートン・ハンセン(Morten Hansen)UCBerkeleyおよびINSEAD教授。ボストンコンサルティング出身。(2013-第28位/2015-第34位)
【1881】 ◎ ジム・コリンズ/モートン・ハンセン (牧野 洋:訳) 『ビジョナリー・カンパニー4―自分の意志で偉大になる』 (2012/09 日経BP社) ★★★★☆
   
Sheryl Sandberg 2.jpgシェリル・サンドバーグ(Sheryl Sandberg) Facebook(フェイスブック)社COO(最高執行責任者)。(2013-第34位
【2242】 ○ シェリル・サンドバーグ (村井章子:訳) 『LEAN IN(リーン・イン)―女性、仕事、リーダーへの意欲』 (2013/06 日本経済新聞出版社) ★★★★
  
ローレンス・ボサイディー.jpgラリー・ボシディ(ローレンス・ボサイディー)(Lawrence A. ("Larry") Bossidy )ハネウエル・インターナショナルの前会長兼最高経営責任者(CEO)。(2005-第48位/2007-第36位) 【2268】 ◎ ラリー・ボシディ/ラム・チャラン/チャールズ・バーク (高遠裕子:訳) 『経営は「実行」―明日から結果を出すための鉄則 〔改訂新版〕』 (2010/10 日本経済新聞出版社)★★★★☆
  
アル・ゴア.jpgアル・ゴア(Al Gore) ビル・クリントン政権下の副大統領、環境活動家、ノーベル平和賞受賞者。(2007-第41位
【872】 ○ アル・ゴア (枝廣淳子:訳)『不都合な真実 (2007/01 ランダムハウス講談社) ★★★★

    
              
     
      
     
経営思想家トップ50(Thinkers50)-「最も影響力のある経営思想家」トップ50人を2001年より隔年で選出。
デス・ディアラブとスチュアート・クレイナー率いるアドバイザーチームと一般投票によって選出されるこのランキング選出の基準は、アイデアの独創性、アイデアの実現性、執筆活動、支持者の忠実度、ビジネスセンス、国際的視野、研究の厳密性、アイデアのインパクト、指導者的要素の10項目。次回ランキングの発表は2017年11月。

         
         
 



ブログランキング・にほんブログ村へ banner_04.gif e_03.gif


和田泰明ブログ

About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 5日 03:17.

●マネジメント was the previous entry in this blog.

○RJ is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1