【2351】〜【2650】 小説・随筆・映画など

【2351】 ○ ピエール・ルメートル (橘 明美:訳) 『その女アレックス』 (2014/09 文春文庫) ★★★☆
【2352】 ○ 米澤 穂信 『満願』 (2014/03 新潮社) ★★★★
【2353】 ○ 角田 光代 『八日目の蝉』 (2007/03 中央公論新社) ★★★★
【2353】 ○ 成島 出 (原作:角田光代) 「八日目の蝉」 (2011/04 松竹) ★★★☆
【2354】 ○ 角田 光代 『紙の月』 (2012/09 角川春樹事務所) ★★★★
【2354】 ○ 吉田 大八 (原作:角田光代) 「紙の月」 (2014/11 松竹) ★★★★
【2355】 ○ 呉 美保(お・みぼ) (原作:佐藤泰志) 「そこのみにて光輝く」 (2014/04 東京テアトル+函館シネマアイリス) ★★★★
【2356】 △ 池井戸 潤 『ようこそ、わが家へ』 (2013/07 小学館文庫) ★★★
【2357】 △ 堤 幸彦 (原作:東野圭吾) 「天空の蜂」 (2015/09 松竹) ★★★
【2358】 △ 小栗 康平 「FOUJITA」 (15年/日・仏) (2015/11 KADOKAWA) ★★☆
【2359】 ○ オリヴァー・ヒルシュビーゲル 「ヒトラー暗殺、13分の誤算」 (15年/独) (2015/10 ギャガ) ★★★☆
【2360】 ◎ フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク 「善き人のためのソナタ」 (06年/独) (2007/02 アルバトロス・フィルム) ★★★★☆
【2361】 ○ 井伏 鱒二 『多甚古村(たじんこむら)』 (1950/01 新潮文庫) 《(1939/07 河出書房)》《「多甚古村」―『多甚古村・山椒魚』 (2000/05 小学館文庫・新撰クラシックス)》 ★★★☆
【2361】 △ 今井 正 (原作:井伏鱒二) 「多甚古村(たじんこむら)」 (1940/01 東宝映画) ★★★
【2362】 ○ 清水 宏 (原作:井伏鱒二) 「簪(かんざし)」 (1941/08 松竹) ★★★★
【2363】 ○ 坪田 譲治 (坪田理基男/松谷みよ子/砂田弘:編) 『風の中の子供 (坪田譲治名作選)』 (2005/02 小峰書店) ★★★★
【2363】 ○ 清水 宏 (原作:坪田譲治) 「風の中の子供」 (1937/11 松竹大船) ★★★☆
【2364】 △ 小津 安二郎 (原作:オスカー・シスゴール) 「その夜の妻」 (1930/07 松竹蒲田) ★★★
【2365】 ○ 小津 安二郎 (原作:北村小松) 「淑女と髯」 (1931/01 松竹蒲田) ★★★☆
【2366】 ○ 小津 安二郎 「一人息子」 (1936/09 松竹蒲田) ★★★☆
【2367】 ○ 小津 安二郎 「父ありき」 (1942/01 映画配給社(松竹大船)) ★★★☆
【2368】 ○ 小津 安二郎 (原作:大佛次郎) 「宗方姉妹(むねかたきょうだい)」(1950/07 新東宝) ★★★☆
【2369】 ◎ 小津 安二郎 「麦秋」 (1951/10 松竹) ★★★★☆
【2370】 ○ 小津 安二郎 (原作:里見 弴) 「彼岸花」 (1958/09 松竹) ★★★★
【2371】 ○ 吾妻 ひでお 『アル中病棟―失踪日記2』 (2013/10 イースト・プレス) ★★★★
【2372】 ○ つげ 義春 『李さん一家/海辺の叙景―つげ義春全集4』 (1993/12 筑摩書房) ★★★★
【2373】 ○ 村上 春樹 『雑文集』 (2011/01 新潮社) ★★★☆
【2374】 ○ 村上 春樹 『女のいない男たち』 (2014/04 文藝春秋) ★★★★
【2375】 ◎ 東山 彰良 『』 (2015/05 講談社) ★★★★☆
【2376】 ○ 小津 安二郎 「小早川(こはやかわ)家の秋」 (1961/10 東宝) ★★★☆
【2377】 △ 久松 静児 (原作:木々高太郎) 「三面鏡の恐怖」 (1948/06 大映) ★★★
【2378】 ○ 小津 安二郎 「お茶漬の味」 (1952/10 松竹) ★★★☆
【2379】 ○ 松田 定次 「二十一の指紋 (多羅尾伴内 二十一の指紋)」 (1948/07 大映) ★★★☆
【2380】 △ 松田 定次 「三十三の足跡 (多羅尾伴内 三十三の足跡)」 (1948/12 大映) ★★★
【2381】 △ 志村 敏夫 (原作:青木義久) 「女真珠王の復讐」 (1956/07 新東宝) ★★★
【2381】 × 志村 敏夫 「海女の戦慄」 (1957/07 新東宝) ★★
【2382】 △ 曲谷 守平 「海女の化物屋敷」 (1959/07 新東宝) ★★★
【2383】 ○ 石井 輝男 「黒線地帯」 (1960/01 新東宝) ★★★★
【2384】 ○ 杉江 敏男 (原作:松本清張/脚本:石井輝男) 「黒い画集 ある遭難」 (1961/06 東宝) ★★★☆
【2385】 ○ 石井 輝男 (原作:伊藤 一) 「網走番外地 〈シリーズ第1作〉」 (1965/04 東映) ★★★★
【2386】 ○ 市川 崑 「黒い十人の女」 (1961/05 大映) ★★★☆
【2387】 ○ 江戸川 乱歩 『盲獣』 (2016/01 バジリコ) ★★★☆
【2387】 △ 増村 保造 (原作:江戸川乱歩) 「盲獣」 (1969/01 大映) ★★★
【2388】 ○ 野村 芳太郎 (原作:松本清張) 「張込み」 (1958/01 松竹) ★★★☆
【2389】 ◎ 松本 清張 『鬼畜―松本清張短編全集〈7〉』 (1964/06 カッパ・ノベルス) ★★★★☆
【2390】 ○ 野村 芳太郎 (原作:松本清張) 「鬼畜」 (1978/06 松竹) ★★★★
【2391】 ◎ 佐木 隆三 『復讐するは我にあり (上・下)』 (1975/11 講談社)《『復讐するは我にあり[改訂新版]』(2007/04 弦書房)》 ★★★★☆
【2392】 ◎ 今村 昌平 (原作:佐木隆三) 「復讐するは我にあり」 (1979/04 松竹) ★★★★☆
【2393】 ○ ポール・シュレイダー (原作:三島由紀夫) 「MISHIMA:A LIFE IN FOUR CHAPTERS」 (85年/米・日) (2010/11 鹿砦社 【DVD】) ★★★★
【2394】 ○ 青山 文平 『鬼はもとより』 (2014/09 徳間書店) ★★★☆
【2395】 ○ 青山 文平 『つまをめとらば』 (2015/07 文藝春秋) ★★★★
【2396】 ○ 水木 しげる 『星をつかみそこねる男―水木しげる漫画大全集065』 (2016/01 講談社) ★★★★
【2397】 ○ ロナルド・ニーム (原作:ポール・ギャリコ) 「ポセイドン・アドベンチャー」 (72年/米) (1973/03 20世紀フォックス) ★★★☆
【2398】 △ ウォルフガング・ペーターゼン (原作:ポール・ギャリコ) 「ポセイドン」 (06年/米) (2006/06 ワーナー・ブラザーズ) ★★☆
【2399】 ○ オーソン・ウェルズ (原作:ホイット・マスターソン) 「黒い罠」 (58年/米) (1958/07 ユニヴァーサル・ピクチャーズ) ★★★★
【2400】 ○ アガサ・クリスティ (加島祥造:訳) 『愛国殺人』 (1955/07 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
【2401】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第1話)/コックを捜せ(炊事婦の失踪)」 (89年/英) (1990/01 NHK) ★★★☆
【2401】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第2話)/ミューズ街の殺人(厩舎(ミューズ)街の殺人)」 (89年/英) (1990/01 NHK) ★★★☆
【2402】 ○ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第3話)/ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」 (89年/英) (1990/01 NHK) ★★★☆
【2402】○ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第4話)/24羽の黒つぐみ 」(89年/英) (1990/02 NHK) ★★★☆
【2403】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第5話)/4階の部屋」 (89年/英) (1990/02 NHK) ★★★☆
【2403】 ○ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第7話)/海上の悲劇(船上の怪事件)」 (89年/英) (1990/03 NHK) ★★★☆
【2404】 △ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第8話)/なぞの盗難事件(謎の盗難事件)」 (89年/英) (1990/03 NHK) ★★★
【2404】 △ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第9話)/クラブのキング」 (89年/英) (1990/03 NHK) ★★★
【2405】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第10話)/夢」 (89年/英) (1990/07 NHK) ★★★☆
【2405】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第12話)/ベールをかけた女(ヴェールをかけた女)」 (90年/英) (1990/07 NHK) ★★★☆
【2406】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第13話)/消えた廃坑」 (90年/英) (1990/07 NHK) ★★★☆
【2406】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第14話)/コーンワルの毒殺事件(コーンウォールの毒殺事件)」 (90年/英) (1990/08 NHK) ★★★☆
【2407】 ○ リチャード・スペンス 「名探偵ポワロ(第16話)/二重の罪」 (90年/英) (1991/01 NHK) ★★★☆
【2407】 △ ○ リチャード・スペンス 「名探偵ポワロ(第17話)/安いマンションの事件(安アパート事件)」 (90年/英) (1991/02 NHK) ★★★☆
【2408】 △ アンドリュー・グリーブ 「名探偵ポワロ(第18話)/誘拐された総理大臣」 (90年/英) (1991/02 NHK) ★★★
【2408】 △ リチャード・スペンス 「名探偵ポワロ(第19話)/西洋の星の盗難事件」 (90年/英) (1991/06 NHK) ★★★
【2409】 △ ブライアン・ファーナム 「名探偵ポワロ(第21話)/あなたの庭はどんな庭?」 (91年/英) (1991/09 NHK) ★★★
【2409】 ○ アンドリュー・グリーブ 「名探偵ポワロ(第22話)/100万ドル債権盗難事件(百万ドル債券盗難事件)」 (91年/英) (1991/09 NHK) ★★★☆
【2410】 ○ ブライアン・ファーナム 「名探偵ポワロ(第24話)/スズメバチの巣(スズメ蜂の巣)」 (91年/英) (1992/03 NHK) ★★★★
【2410】 △ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第25話)/マースドン荘の惨劇」 (91年/英) (1992/03 NHK) ★★★
【2411】 ○ アンドリュー・ビディントン 「名探偵ポワロ(第26話)/二重の手がかり」 (91年/英) (1992/04 NHK) ★★★★
【2411】 ○ アンドリュー・グリーブ 「名探偵ポワロ(第27話)/スペイン櫃(ひつ)の秘密」 (91年/英) (1992/04 NHK) ★★★☆
【2412】 ○ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第29話)/戦勝舞踏会事件(戦勝記念舞踏会事件)」 (91年/英) (1992/07 NHK) ★★★★
【2412】 ○ レニー・ライ 「名探偵ポワロ(第30話)/猟人荘の怪事件」 (91年/英) (1992/07 NHK) ★★★☆
【2413】 ○ ロス・デベニッシュ 「名探偵ポワロ(第33話)/愛国殺人(愛国殺人事件)」 (92年/英) (1992/10 NHK-BS2) ★★★☆
【2414】 ○ ピーター・バーバー・フレミング 「名探偵ポワロ(第34話)/エジプト墳墓のなぞ(エジプト墳墓の謎)」 (93年/英) (1993/07 NHK) ★★★☆
【2415】 ○ ピーター・バーバー・フレミング 「名探偵ポワロ(第36話)/黄色いアイリス」 (93年/英) (1994/02 NHK) ★★★☆
【2416】 ○ ケン・グリーブ 「名探偵ポワロ(第39話)/チョコレートの箱」 (93年/英) (1993/07 NHK) ★★★★
【2417】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第42話)/ポワロのクリスマス」 (95年/英) (1997/12 NHK) ★★★☆
【2418】 ○ ビリー・ワイルダー 「シャーロック・ホームズの冒険」 (70年/米) (1971/03 ユナイテッド・アーティスツ) ★★★☆
【2419】 ○ アルフレッド・ヒッチコック 「北北西に進路を取れ」 (59年/米) (1959/09 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー) ★★★★
【2420】 ○ ロマン・ポランスキー 「フランティック」 (88年/米) (1988/07 ワーナー・ブラザーズ) ★★★★
【2421】 ○ ジャン=ピエール・ジュネ (原作:イポリト・ベルナール) 「アメリ」 (01年/仏) (2001/11 アルバトロス・フィルム) ★★★★
【2422】 ○ ルイ・マル 「五月のミル」 (90年/仏・伊) (1990/08 シネセゾン) ★★★☆
【2422】 ○ ジャック・リヴェット (原作:オノレ・ド・バルザック) 「美しき諍い女(いさかいめ)」 (91年/仏) (1992/05 コムストック) ★★★★
【2423】 ○ ウィリアム・ワイラー 「大いなる西部」 (58年/米) (1958/12 松竹=ユナイテッド・アーチスツ) ★★★★
【2424】 ○ バート・スターン/アラム・アヴァキアン 「真夏の夜のジャズ」 (59年/米) (1960/08 東和) ★★★★
【2425】 ○ ヴェルナー・ヘルツォーク 「フィツカラルド」 (82年/西独) (1983/07 大映インターナショナル) ★★★★
【2426】 ○ 張藝謀(チャン・イーモウ) (原作:鮑十(パオ・シー)) 「初恋のきた道」 (99年/中国) (2000/12 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント) ★★★★
【2427】 ○ アン・リー(李安) (原作:王度廬(ワン・ドウルー)) 「グリーン・デスティニー」 (00年/中国・香港・台湾・米) (2000/11 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント) ★★★☆
【2428】 ◎ ウォン・カーウァイ(王家衛) 「花様年華」 (00年/香港) (2001/03 松竹) ★★★★★
【2429】 ○ 凌子風(リン・ツーフォン) (原作:許地山) 「春桃(チュンタオ)」 (88年/中国・香港) (1994/12 TJC東光徳間) ★★★★
【2430】 ○ 戴思杰(ダイ・シージエ) 「小さな中国のお針子」 (02年/仏・中国) (2003/01 アルバトロス・フィルム) ★★★☆
【2431】 ○ テレンス・ヤング (原作:イアン・フレミング) 「007 ドクター・ノオ (007は殺しの番号)」 (62年/英) (1963/06 ユナイテッド・アーティスツ) ★★★☆
【2432】 ○ テレンス・ヤング (原作:イアン・フレミング) 「007 ロシアより愛をこめて (007/危機一発)」 (63年/英) (1964/04 ユナイテッド・アーティスツ) ★★★★
【2433】 ○ アンドリュー・デイヴィス (原作:ロイ・ハギンズ) 「逃亡者」 (93年/米) (1993/09 ワーナー・ブラザーズ) ★★★☆
【2434】 ○ ノーマン・ジュイソン (原作:リチャード・ジェサップ) 「シンシナティ・キッド」 (65年/米) (1965/10 MGM映画) ★★★☆
【2435】 ◎ ノーマン・ジュイソン 「華麗なる賭け」 (68年/米) (1968/06 ユナイテッド・アーチス) ★★★★☆
【2436】 ○ ルパート・ジュリアン (原作:ガストン・ルルー) 「オペラ座の怪人」 (25年/米) (1925/09 ユニバーサル・ピクチャーズ) ★★★★
【2437】 ○ ジョエル・シュマッカー (原作:ガストン・ルルー) 「オペラ座の怪人」 (04年/米) (2005/01 ギャガ・コミュニケーションズ) ★★★★
【2438】 ◎ ジャン=ポール・ル・シャノワ (原作:ヴィクトル・ユゴー) 「レ・ミゼラブル」 (57年/仏・伊) (1959/06 中央映画社) ★★★★☆
【2439】 ◎ トム・フーパー (原作:ヴィクトル・ユゴー) 「レ・ミゼラブル」 (12年/英) (2012/12 東宝東和) ★★★★☆
【2440】 ○ ビレ・アウグスト (原作:ヴィクトル・ユゴー) 「レ・ミゼラブル」 (98年/米) (1999/02 ソニー・ピクチャーズ) ★★★☆
【2441】 ○ ブライアン・デ・パルマ 「ファントム・オブ・パラダイス」 (74年/米) (1975/05 20世紀フォックス) ★★★★
【2442】 ○ ガイ・リッチ― 「シャーロック・ホームズ」 (09年/英・米) (2010/03 ワーナー・ブラザーズ) ★★★☆
【2443】 ○ ジョン・カーニー 「はじまりのうた」 (13年/米) (2015/02 ポニーキャニオン) ★★★★
【2444】 ○ ジョン・カーニー 「ONCE ダブリンの街角で」 (07年/アイルランド) (2007/11 ショウゲート) ★★★★
【2445】 ○ ジョゼフ・ロージー (原作:ジェームズ・ハドリー・チェイス) 「エヴァの匂い」 (62年/仏) (1963/06 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2446】 ○ ミケランジェロ・アントニオーニ 「太陽はひとりぼっち」 (62年/伊・仏) (1962/12 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2447】 ◎ フェデリコ・フェリーニ 「フェリーニの8½ (8½)」 (63年/伊・仏) (1965/09 東和=ATG) ★★★★☆
【2448】 ◎ イングマール・ベルイマン 「野いちご」 (57年/スウェーデン) (1962/12 東宝東和) ★★★★☆
【2449】 ○ イングマール・ベルイマン 「第七の封印」 (57年/スウェーデン) (1963/11 東和) ★★★★
【2450】 ○ イングマール・ベルイマン 「夏の遊び」 (51年/スウェーデン) (1992/09 アルバトロス・フィルム) ★★★★
【2451】 ○ イングマール・ベルイマン 「冬の光」 (63年/スウェーデン) (1975/09 インターナショナル・プロモーション) ★★★★
【2452】 ○ イングマール・ベルイマン 「秋のソナタ」 (78年/スウェーデン) (1981/10 東宝東和) ★★★★
【2453】 ◎ ジャン=リュック・ゴダール 「女と男のいる舗道」 (62年/仏) (1963/11 日本ヘラルド映画) ★★★★☆
【2453】 ? カール・テオドア・ドライヤー 「裁かるるジャンヌ (裁かるゝジャンヌ)」 (28年/仏) (1929/10 ヤマニ洋行) ★★★?
【2454】 ○ ジャン=リュック・ゴダール 「女は女である」 (61年/仏・伊) (1961/12 新外映) ★★★★
【2455】 ○ ルイス・ブニュエル 「自由の幻想」 (74年/仏) (1977/11 東宝東和) ★★★☆
【2456】 ◎ 川島 雄三 「幕末太陽傳」 (1957/07 日活) ★★★★★
【2457】 ◎ 今村 昌平 「にっぽん昆虫記」 (1963/11 日活) ★★★★☆
【2458】 ○ 吉村 昭 『海馬(トド)』 (1989/01 新潮社) ★★★★
【2459】 ○ 今村 昌平 (原作:吉村 昭) 「うなぎ」 (1997/06 日活) ★★★☆
【2460】 ○ 川島 雄三 (原作:富田常雄) 「とんかつ大将」 (1952/02 松竹) ★★★★
【2461】 ◎ 谷崎 潤一郎 『』 (1956/12 中央公論社) ★★★★☆
【2462】 ○ 市川 昆 (原作:谷崎潤一郎) 「」 (1959/06 大映) ★★★☆
【2463】 △ 石田 民三 (原作:村松梢風) 「将軍を狙う女 (東海美女傳)」 (1937/10 東宝映画) ★★★
【2464】 △ 森 一生 「お伊勢詣り (旅籠屋騒動)」 (1939/05 新興キネマ京都) ★★★
【2465】 ○ 森 一生 「三代の盃 (花嫁一本刀)」 (1942/12 大映京都) ★★★☆
【2465】 ○ マキノ 雅弘 「日本侠客伝 〈シリーズ第1作〉」 (1964/08 東映) ★★★☆
【2466】 ○ 森 一生 「おしどり笠」 (1948/01 大映) ★★★☆
【2467】 ○ 松田 定次 「河童大将」 (1944/08 大映京都) ★★★☆
【2468】 ○ 松田 定次 (原作:大佛次郎) 「乞食大将」 (1945年秋 完成/1952/04 大映) ★★★☆
【2469】 ○ 松田 定次 「国定忠治」 (1946/09 大映) ★★★☆
【2470】 ○ 伊藤 大輔 (原作:北条秀司) 「王将」 (1948/10 大映) ★★★★
【2471】 △ 冬島 泰三 (原作:長谷川伸) 「刺青判官(ほりものはんがん)」 (1933/06 松竹シネマ京都) ★★★
【2472】 ○ 萩原 遼 「おもかげの街」 (1942/11 東宝映画) ★★★☆
【2473】 △ 萩原 遼 「名人長次彫」 (1943/07 東宝映画) ★★★
【2474】 △ 丸根 賛太郎 (原作:菊池 寛) 「かくて神風は吹く」 (1944/11 大映京都) ★★★
【2475】 ○ マキノ 正博/松田 定次 (原作:大佛次郎) 「鞍馬天狗(鞍馬天狗 角兵衛獅子の巻)」 (1938/03 日活京都) ★★★☆
【2476】 ○ 近藤 勝彦 (原作:大佛次郎) 「エノケンの鞍馬天狗」 (1939/05 東宝京都) ★★★☆
【2477】 △ 中川 信夫 (原作:和田五雄) 「エノケンの森の石松」 (1939/08 東宝東京) ★★★
【2477】 △ 萩原 遼 (原作:小島政二郎) 「清水次郎長」 (1938/09 東宝映画) ★★★
【2477】 ○ 森 一生 「続次郎長富士」 (1960/06 大映) ★★★☆
【2478】 ○ 渋谷 実 (原作:井伏鱒二) 「本日休診」 (1952/02 松竹) ★★★★
【2478】 ○ 井伏 鱒二 『遥拝隊長・本日休診』 (1955/06 新潮文庫) 《本日休診 (1950/06 文藝春秋新社)》 ★★★★
【2479】 ○ 大曾根 辰夫 (原作:林 不忘) 「魔像」 (1952/05 松竹) ★★★☆
【2480】 ○ 松田 定次 「大江戸七人衆」 (1958/04 東映) ★★★☆
【2481】 ○ 内田 吐夢 (原作:海音寺潮五郎) 「酒と女と槍」 (1960/05 東映) ★★★☆
【2482】 △ 萩原 遼 「大江戸の鬼」 (1947/05 新東宝) ★★☆
【2483】 ◎ 内田 吐夢 (原作:井上金太郎) 「血槍富士」 (1955/02 東映) ★★★★☆
【2484】 ○ マキノ 正博 (原作:小国英雄) 「清水港代参夢道中(続清水港)」 (1940/07 日活) ★★★☆
【2485】 ○ 松田 定次 (原作:林 不忘) 「丹下左膳」 (1952/08 松竹) ★★★☆
【2486】 ○ マキノ 正博 (原案:ダシール・ハメット) 「昨日消えた男」 (1941/01 東宝東京) ★★★☆
【2487】 △ マキノ 正博 「家光と彦左」 (1941/03 東宝東京) ★★★
【2487】 △ 深田 金之助 (原作:陣出達朗) 「はやぶさ奉行」 (1957/11 東映) ★★★
【2488】 ○ マキノ 正博/池田 富保 「忠臣蔵 天の巻・地の巻 (総集編)」 (1938/03 日活京都) ★★★☆
【2489】 ○ 松田 定次 (原作:大佛次郎) 「赤穂浪士」 (1961/03 東映) ★★★☆
【2490】 ○ 池田 富保 「赤垣源蔵 (忠臣蔵赤垣源蔵 討入り前夜)」 (1938/11 日活京都) ★★★★
【2491】 △ 降旗 康男 「将軍家光の乱心 激突」 (1989/01 東映) ★★☆
【2492】 △ 中島 貞夫 「真田幸村の謀略」 (1979/09 東映) ★★☆
【2493】 ○ 夏目 鏡子(述)/松岡 譲(筆録) 『漱石の思ひ出』 (1929/10 岩波書店) 《1928/11 改造社》 ★★★★
【2494】 ○ 筒井 康隆 『旅のラゴス』 (1986/09 徳間書店) ★★★★
【2495】 ○ 相場 英雄 『震える牛』 (2012/01 小学館) ★★★★
【2496】 ○ ジョン・グリシャム (白石 朗:訳) 『司法取引 (上・下)』 (2015/02 新潮文庫) ★★★★
【2497】 △ 湊 かなえ 『リバース』 (2015/05 講談社) ★★★
【2498】 △ 米澤 穂信 『王とサーカス』 (2015/07 東京創元社) ★★★
【2500】 ◎ 宮下 奈都 『羊と鋼の森』 (2015/09 文藝春秋) ★★★★☆【2499】 ○ 赤川 次郎 『東京零(ゼロ)年』 (2015/08 集英社) ★★★★
【2501】 ○ 内館 牧子 『終わった人』 (2015/09 講談社) ★★★☆
【2502】 △ 湊 かなえ 『ユートピア』 (2015/12 集英社) ★★★
【2503】 ◎ 相場 英雄 『ガラパゴス (上・下)』 (2016/01 小学館) ★★★★☆
【2504】 ○ 桐野 夏生 『バラカ』 (2016/02 集英社) ★★★★
【2505】 ○ 荻原 浩 『海の見える理髪店』 (2016/03 集英社) ★★★★
【2506】 ○ 吉村 昭 『桜田門外ノ変』 (1990/08 新潮社) ★★★★
【2506】 ○ 佐藤 純彌 (原作:吉村 昭) 「桜田門外ノ変」 (2010/10 東映) ★★★☆
【2507】 × 河野 寿一 「独眼竜政宗」 (1959/05 東映) ★★
【2508】 ○ 庵野 秀明/樋口 真嗣 「シン・ゴジラ」 (2016/07 東宝) ★★★☆
【2509】 ○ 吉田 照幸 (原作:東野圭吾) 「疾風ロンド」 (2016/11 東映) ★★★☆
【2509】 ○ 山崎 貴 (原作:百田尚樹) 「海賊と呼ばれた男」 (2016/12 東宝) ★★★☆
【2510】 ○ 渡辺 邦男 「忠臣蔵」 (1958/04 大映) ★★★★
【2511】 ◎ 大佛 次郎 『赤穂浪士 (上・下)』 (1964/01 新潮文庫) 《『赤穂浪士 (上・中・下)』 (1928/10・1928/11・1929/04 改造社)》 ★★★★☆
【2512】 △ 荒井 良平 (原作:陣出達朗) 「エノケンの豪傑一代男 (豪傑一代男)」 (1950/10 新東宝=エノケンプロ) ★★★
【2513】 △ 斎藤 寅次郎 「エノケンの法界坊」 (1938/06 東宝東京) ★★★
【2514】 ○ ロナルド・ニーム (原作:フレデリック・フォーサイス) 「オデッサ・ファイル」 (74年/英・西独) (1975/03 コロムビア映画) ★★★☆
【2514】 ○ フレデリック・フォーサイス (篠原 慎:訳) 『オデッサ・ファイル』 (1974/01 角川書店) ★★★★
【2515】 ○ シドニー・ポラック (原作:ジェームズ・グラディ) 「コンドル」 (75年/米) (1975/11 東宝東和) ★★★★
【2516】 ○ サム・ペキンパー (原作:ジム・トンプスン) 「ゲッタウェイ」 (72年/米) (1973/03 ワーナー・ブラザース) ★★★★
【2516】 △ アーサー・ヒラー (原作:エリック・シーガル) 「ある愛の詩」 (70年/米) (1971/03 ワーナー・ブラザース) ★★★
【2517】 ○ オリヴァー・ヒルシュビーゲル (原作:ヨアヒム・フェスト/トラウデル・ユンゲ) 「ヒトラー~最期の12日間~」 (04年/独・墺・伊) (2005/07 ギャガ) ★★★★
【2518】 ○ トニー・スコット 「スパイ・ゲーム」 (01年/米) (2001/12 ユニバーサル・ピクチャーズ) ★★★☆
【2519】 △ 犬童 一心 (原作:松本清張) 「ゼロの焦点」 (2009/11 東宝) ★★★
【2520】 ◎ 滝田 洋二郎 「おくりびと」 (2008/09 松竹) ★★★★☆
【2520】 △ 滝田 洋二郎 (原作:谷 俊彦)「木村家の人びと」 (1988/05 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画) ★★★
【2521】 ○ 森谷 司郎 (原作:新田次郎) 「八甲田山」 (1977/06 東宝) ★★★☆
【2522】 ○ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『死との約束』 (1957/05 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
【2522】 △ マイケル・ウィナー (原作:アガサ・クリスティ) 「死海殺人事件」 (88年/英) (1988/05 日本ヘラルド映画) ★★★
【2523】 ○ アンドリュー・グリーブ 「名探偵ポワロ(第43話)/ヒッコリー・ロードの殺人」 (95年/英) (1996/12 NHK) ★★★☆
【2523】 △ アガサ・クリスティ (高橋 豊:訳) 『ヒッコリー・ロードの殺人』 (1956/11 ハヤカワ・ミステリ) ★★★
【2524】 ○ アンディ・ウィルソン 「名探偵ポワロ(第52話)/ナイルに死す」 (04年/英) (2005/08 NHK‐BS2) ★★★☆
【2525】 △ 小谷野 敦 『本当に偉いのか―あまのじゃく偉人伝』 (2016/10 新潮新書) ★★★
【2526】 ○ 浅田 次郎 『帰郷』 (2016/06 集英社) ★★★☆ (○ 「歸鄕」―『帰郷』 (2016/06 集英社) ★★★★)
【2527】 △ 吉田 修一 『橋を渡る』 (2016/03 文藝春秋) ★★★
【2528】 ○ 司馬 遼太郎 『ビジネスエリートの新論語』 (2016/12 文春新書) 《福田 定一 (司馬 遼太郎) 『名言随筆 サラリーマン―ユーモア新論語』 (1955/10 六月社)》 ★★★☆
【2529】 ○ ロイ・アンダーソン 「散歩する惑星」 (00年/スウェーデン・仏) (2003/05 ビターズ・エンド) ★★★★
【2529】 ○ ロイ・アンダーソン 「さよなら、人類」 (14年/スウェーデン・ノルウェー・仏・独) (2015/08 ビターズ・エンド) ★★★☆
【2530】 ○ アンリ・ヴェルヌイユ (原作:オーギュスト・ル=ブルトン) 「シシリアン」 (69年/仏) (1970/04 20世紀フォックス) ★★★☆
【2531】 ○ ソウル・スウィマー 「バングラデシュ・コンサート」 (71年/米) (1972/11 フォックス) ★★★★
【2532】 ○ フランソワ・トリュフォー 「柔らかい肌」 (64年/仏) (1965/05 日本ヘラルド映画) ★★★☆
【2533】 ○ アシュレイ・ピアース 「名探偵ポワロ(第61話)/死との約束」 (09年/英) (2010/09 NHK‐BS2) ★★★☆
【2534】 ○ アガサ・クリスティ (加島祥造:訳) 『もの言えぬ証人』 (1957/03 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
【2535】 ○ アガサ・クリスティ (堀田善衛:訳) 『白昼の悪魔』 (1955/07 ハヤカワ・ミステリ) ★★★★
【2536】 ○ エドワード・ベネット 「名探偵ポワロ(第45話)/もの言えぬ証人」 (97年/英) (1997/12 NHK) ★★★★
【2537】 ○ ブライアン・ファーナム 「名探偵ポワロ(第48話)/白昼の悪魔」 (01年/英) (2002/01 NHK) ★★★★
【2538】 ○ ガイ・ハミルトン (原作:アガサ・クリスティ) 「地中海殺人事件」 (82年/英) (1982/12 東宝東和) ★★★☆
【2539】 ○ ポール・アンウィン 「名探偵ポワロ(第50話)/五匹の子豚」 (03年/英) (2005/08 NHK‐BS2) ★★★★
【2540】 ○ デビッド・ムーア 「名探偵ポワロ(第51話)/杉の柩」 (03年/英) (2005/08/24 NHK‐BS2) ★★★☆
【2541】 ◎ 谷崎 潤一郎 『』 (1951/12 新潮文庫) 《(1931/04 改造社)》 ★★★★☆
【2542】 ○ 増村 保造 (原作:谷崎潤一郎) 「」 (1964/07 大映) ★★★☆
【2544】 ○ 藤原 新也 『大鮃(おひょう)』 (2016/12 三五社) ★★★☆
【2545】 ○ 奥田 英朗 『向田理髪店』 (2016/04 光文社) ★★★☆
【2546】 ○ 木村 恵吾 (原作:谷崎潤一郎) 「痴人の愛」 (1949/10 大映) ★★★☆
【2547】 ◎ 遠藤 周作 『沈黙』 (1966/03 新潮社) ★★★★☆
【2548】 ◎ マーティン・スコセッシ (原作:遠藤周作) 「沈黙 -サイレンス-」 (16年/米) (2017/01 KADOKAWA) ★★★★☆
【2549】 ○ クレモンティーヌ・ドルディル 「パリが愛した写真家/ロベール・ドアノー<永遠の3秒>」 (16年/仏) (2017/04 ブロードメディア・スタジオ) ★★★☆
【2550】 ◎ 志賀 直哉 「剃刀」―『志賀直哉―ちくま日本文学021』 (2008/08 ちくま文庫) 《「剃刀」―『短篇集 剃刀』 (1946/07 斎藤書店)/「剃刀」―『文豪たちが書いた 怖い名作短編集』 (2013/12 彩図社)》 ★★★★☆
【2551】 ? 木村 恵吾 「花くらべ狸御殿」 (1949/04 大映) ★★★?
【2552】 ◎ 村田 沙耶香 『コンビニ人間』 (2016/07 文藝春秋) ★★★★☆
【2553】 ○ 笹沢 左保 『人喰い』 (2016/11 小学館・P+D BOOKS) 《(1960/11 カッパ・ノベルス)》 ★★★★
【2554】 ○ 塩田 武士 『罪の声』 (2016/08 講談社) ★★★☆
【2555】 ○ 早見 和真 『イノセント・デイズ』 (2014/08 新潮社) ★★★☆
【2556】 ○ 浅田 次郎 『鉄道員 (ぽっぽや)』 (1997/04 集英社) ★★★☆
【2556】 ○ 降旗 康男 (原作:浅田次郎) 「鉄道員 (ぽっぽや)」 (1999/06 東映) ★★★☆
【2556】 △ 降旗 康男 「駅 STASION」 (1981/11 東宝) ★★☆
【2557】 ◎ ジュゼッペ・トルナトーレ 「ニュー・シネマ・パラダイス」 (88年/伊・仏) (1989/12 アスミック・エース) ★★★★☆
【2558】 ○ リュック・ベッソン 「グラン・ブルー (グレート・ブルー)」 (88年/仏・伊) (1988/08 20世紀フォックス) ★★★★
【2559】 ○ エリア・カザン (原作:ウィリアム・インジ) 「草原の輝き」 (61年/米) (1961/11 ワーナー・ブラザース映画) ★★★★
【2560】 △ ハワード・ホークス 「男性の好きなスポーツ」 (64年/米) (1964/03 ユニヴァーサル) ★★★
【2561】 △ 増村 保造 「女体(じょたい)」 (1969/10 大映) ★★★
【2562】 ○ 山田 洋次 「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」 (1975/08 松竹) ★★★★
【2563】 ○ 相米 慎二 (原作:ひこ・田中) 「お引越し」 (1993/03 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画=アルゴプロジェクト) ★★★★
【2563】 △ 相米 慎二 「東京上空いらっしゃいませ」 (1990/06 松竹) ★★☆
【2564】 ○ ひこ・田中 『お引越し―Best choice』 (1990/08 福武書店) 《『お引越し―福音館創作童話シリーズ』 (2013/11福音館書店)》 ★★★★
【2564】 △ 長井 龍雪 「心が叫びたがってるんだ。」 (2015/09 アニプレックス) ★★★
【2565】 ○ 大佛 次郎 「怪談」―『見た人の怪談集』 (2016/05 河出文庫) 《「手首」―『怪談その他』 (1930/05 天人社)「手首」―『文豪のミステリー小説』 (2008/02 集英社文庫)》 ★★★★
【2566】 ○ ジョン・リー・ハンコック 「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」 (16年/米) (2017/07 KADOKAWA) ★★★☆
【2566】 △ ティム・バートン (原作:サム・ハム) 「バットマン」 (89年/米) (1989/12 ワーナー・ブラザース) ★★☆
【2566】 △ ティム・バートン (原作:サム・ハム) 「バットマン・リターンズ」 (92年/米) (1992/07 ワーナー・ブラザース) ★★★
【2567】 ○ ロアルド・ダール (田口俊樹:訳) 『あなたに似た人〔新訳版〕Ⅰ・Ⅱ』 (2013/05 ハヤカワ・ミステリ文庫) 《(田村隆一:訳) 『あなたに似た人』 (1957/10 ハヤカワ・ミステリ)》 ★★★★ (◎ 「南から来た男」 ★★★★☆)
【2567】 ○ ノーマン・ロイド (原作:ロアルド・ダール)「ヒッチコック劇場(第136話)/指(Man From The South)」 (60年/米) (1960/01 米国放映) ★★★★
【2567】 ○ スティーブ・デ・ジャネット (原作:ロアルド・ダール)「新・ヒッチコック劇場(第15話)/小指切断ゲーム(Man From The South)」 (85年/米) (1988/01 テレビ東京) ★★★☆
【2567】 △ アービン・S・イヤワース・ジュニア 「マックイーンの絶対の危機(ピンチ)(人喰いアメーバの恐怖)」 (58年/米) (1965/01 アライド・アーティスツ) ★★★
【2568】 ○ ロアルド・ダール (田口俊樹:訳) 『キス・キス〔新訳版〕』 (2014/05 ハヤカワ・ミステリ文庫) 《(開高 健:訳) 『キス・キス―異色作家短編集〈1〉』 (1960/12 早川書房)》 ★★★★
【2569】 ○ フランシス・フォード・コッポラ (原作:ジョゼフ・コンラッド) 「地獄の黙示録」 (79年/米) (1980/02 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2570】 ○ ソフィア・コッポラ 「ロスト・イン・トランスレーション」 (03年/米) (2004/04 東北新社) ★★★☆
【2570】 × ソフィア・コッポラ (原作:アントニア・フレイザー)「マリー・アントワネット」 (06年/米) (2007/01 東宝東和=東北新社) ★★
【2571】 ○ 山本 周五郎 「出来ていた青」―『花匂う』 (1983/04 新潮文庫) 《「出来ていた青」―『文豪のミステリー小説』 (2008/02 集英社文庫)》 ★★★★
【2572】 ○ 芥川 龍之介 「妙な話」―『芥川龍之介全集〈4〉』 (1987/01 ちくま文庫) 《「妙な話」―『夜来の花』 (1921/03 新潮社)/「妙な話」―『文豪たちが書いた 怖い名作短編集』 (2013/12 彩図社)》 ★★★★
【2573】 ○ 江戸川 乱歩 「押絵と旅する男」―『押絵と旅する男―江戸川乱歩全集第5巻』 (2005/01 光文社文庫) 《「押絵と旅する男」―『文豪たちが書いた 怖い名作短編集』 (2013/12 彩図社)/「押絵と旅する男」―『江戸川乱歩名作選』 (2016/06 新潮文庫)》 ★★★★
【2573】 ○ 川島 透 (原作:江戸川乱歩)「押繪と旅する男」 (1994/03 バンダイビジュアル) ★★★☆
【2573】 △ 川島 透 「チ・ン・ピ・ラ」 (1984/11 東宝) ★★★
【2574】 ◎ 宮本 輝 「螢川」―『螢川』 (1978/02 筑摩書房) ★★★★☆
【2574】 ○ 須川 栄三 (原作:宮本 輝) 「螢川」 (1987/02 松竹) ★★★★
【2575】 ○ 降旗 康男 「ホタル」 (2001/05 東映) ★★★☆
【2576】 ○ 鈴木 清順 (原作:泉 鏡花) 「陽炎座」 (1981/08 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2577】 ○ 桐野 夏生 『夜の谷を行く』 (2017/03 文藝春秋) ★★★☆
【2578】 ○ フランシス・フォード・コッポラ 「カンバセーション...盗聴...」 (74年/米) (1974/11 パラマウント映画=CIC) ★★★★
【2579】 ○ アニエス・ヴァルダ 「幸福(しあわせ)」 (65年/仏) (1966/06 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2580】 ○ スティーブン・ダルドリー (原作:ベルンハルト・シュリンク) 「愛を読むひと」 (08年/米・独) (2009/06 ショウゲート) ★★★★
【2580】 ○ ベルンハルト・シュリンク (松永美穂:訳) 『朗読者』 (2000/04 新潮社) ★★★★
【2581】 ◎ ダシール・ハメット (小鷹信光:訳) 『マルタの鷹 [改訳決定版]』 (2012/09 ハヤカワ・ミステリ文庫) 《(砧 一郎:訳) 『マルタの鷹』 (1954/02 ハヤカワ・ミステリ)/(村上啓夫:訳) 『マルタの鷹』 (1961/08 創元推理文庫)/(小鷹信光:訳) 『マルタの鷹』 (1988/06 ハヤカワ・ミステリ文庫)》 ★★★★☆
【2582】 ○ 和田 誠 「殺人 MURDER!」 (1964/09 草月アートセンター) ★★★★
【2582】 ? アラン・レネ (脚本:アラン・ロブ=グリエ) 「去年マリエンバートで」 (61年/仏・伊) (1964/05 東和) ★★★?
【2583】 ○ 恩田 陸 『蜜蜂と遠雷』 (2016/09 幻冬舎) ★★★☆
【2584】 △ ジョゼ・ジョヴァンニ (原作:ジョゼ・ジョヴァンニ) 「ル・ジタン」 (75年/仏) (1976/04 東映洋画) ★★★
【2584】 △ ジョゼ・ジョヴァンニ 「ブーメランのように」 (76年/仏) (1976/12 東映洋画) ★★☆
【2585】 ○ 東野 圭吾 『虚ろな十字架』 (2014/05 光文社) ★★★★
【2586】 ○ 宮本 輝 『錦繡』 (1982/03 新潮社) ★★★★
【2587】 ◎ ジョン・ヒューストン (原作:B・トレヴン) 「黄金」 (48年/米) (1949/05 ワーナー・ブラザーズ) ★★★★☆
【2588】 ○ ジョン・ヒューストン (原作:ダシール・ハメット) 「マルタの鷹」 (41年/米) (1951/01 セントラル) ★★★★
【2589】 ○ ジョン・ヒューストン (原作:ラドヤード・キップリング) 「王になろうとした男」 (75年/米・英) (1976/06 コロンビア映画) ★★★☆
【2590】 ○ ジャック・ドゥミ 「天使の入江」 (63年/仏) (2017/07 ザジフィルムズ) ★★★★
【2591】 ◎ 恩田 陸 『夜のピクニック』 (2004/07 新潮社) ★★★★☆
【2591】 ○ 長澤 雅彦 (原作:恩田 陸)「夜のピクニック」 (2006/09 ムービーアイ=松竹) ★★★☆
【2592】 ○ 小川 糸 『ツバキ文具店』 (2016/04 幻冬舎) ★★★★
【2593】 ○ 恩田 陸 『小説以外』 (2005/04 新潮社) ★★★☆
【2594】 ○ 笹沢 左保 「六本木心中」―『少女ミステリー倶楽部』 (2017/10 光文社文庫) 《「六本木心中」―『第三の被害者』 (1962/06 東都書房)/「六本木心中」―『六本木心中』 (1971/05 角川文庫)》 ★★★☆
【2595】 ◎ 宇佐美 まこと 『愚者の毒』 (2016/11 祥伝社文庫) ★★★★☆
【2596】 ○ 連城 三紀彦 「少女」―『少女』 (1984/05 光文社) 《 少女」―『少女ミステリー倶楽部』 (2017/10 光文社文庫)》 ★★★☆
【2597】 ○ 柚月 裕子 『慈雨』 (2016/10 集英社) ★★★★
【2598】 ○ 篠田 正浩 (原作:石原慎太郎) 「乾いた花」 (1964/03 松竹) ★★★★
【2598】 ○ 石原 慎太郎 「乾いた花」―『完全な遊戯』 (1958/03 新潮社) ★★★☆
【2599】 ○ 石原 慎太郎 「太陽の季節」―『太陽の季節』 (1956/03 新潮社) ★★★☆
【2600】 ○ デヴィッド・O・ラッセル 「ザ・ファイター」 (10年/米) (2011/03 ギャガ) ★★★★
【2601】 ○ 又吉 直樹 『火花』 (2015/03 文藝春秋) ★★★★
【2602】 ○ デヴィッド・O・ラッセル (原作:マシュー・クイック) 「世界にひとつのプレイブック」 (12年/米) (2013/02 ギャガ) ★★★★
【2603】 ○ 東野 圭吾 『素敵な日本人 東野圭吾短編集』 (2017/03 光文社) ★★★☆
【2604】 ○ エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ 「最強のふたり」 (11年/仏) (2012/09 ギャガ) ★★★★
【2605】 △ ウォン・カーウァイ(王家衛) 「グランド・マスター」 (13年/香港・中国) (2013/05 ギャガ) ★★★
【2606】 ◎ 佐藤 正午 『月の満ち欠け』 (2017/04 岩波書店) ★★★★☆
【2607】 ○ カズオ・イシグロ (入江真佐子:訳) 『わたしたちが孤児だったころ』 (2001/04 ハヤカワ・ノヴェルズ) ★★★★
【2608】 ○ ゲイリー・シニーズ (原作:ジョン・スタインベック) 「二十日鼠と人間」 (92年/米) (1992/12 MGM映画=UIP) ★★★★
【2609】 ○ 伊東 潤 「国を蹴った男」―『国を蹴った男』 (2012/10 講談社) 《「国を蹴った男」―『この時代小説がすごい! 時代小説傑作選』 (2016/10 宝島社文庫)》 ★★★★
【2610】 ○ 笹沢 左保 「赦免花は散った」―『赦免花は散った―木枯し紋次郎股旅シリーズ』 (1971/08 講談社) 《「赦免花は散った」―『この時代小説がすごい! 時代小説傑作選』 (2016/10 宝島社文庫)》 ★★★★
【2611】 ○ 桐野 夏生 『猿の見る夢』 (2016/08 講談社) ★★★★
【2612】 ○ ジャン=ピエール・メルヴィル (原作:アゴアン・マクレオ) 「サムライ」 (67年/仏) (1968//03 日本ヘラルド映画) ★★★★
【2613】 ○ シドニー・ポラック (原作:レナード・シュレイダー) 「ザ・ヤクザ」 (74年/米) (1975/03 ワーナー・ブラザース) ★★★☆
【2614】 ○ ハーモニー・コリン 「ミスター・ロンリー」 (07年/英・仏・米) (2008/02 ギャガ・コミュニケーションズ) ★★★☆
【2615】 ○ 張藝謀(チャン・イーモウ) 「HERO」 (02年/香港・中国) (2003/06 ワーナー・ブラザース) ★★★☆
【2616】 ◎ 張藝謀(チャン・イーモウ) (原作:施祥生(シー・シアンション)) 「あの子を探して」 (99年/中国) (2000/07 ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント) ★★★★☆
【2617】 ○ 今村 夏子 『星の子』 (2017/06 朝日新聞出版) ★★★☆
【2618】 ○ 吉野 源三郎 『君たちはどう生きるか』 (2017/08 マガジンハウス) 《(1937/08 日本少国民文庫/1982/12 岩波文庫)》 ★★★★
【2618】 ○ 羽賀 翔一 (原作:吉野源三郎) 『漫画 君たちはどう生きるか』 (2017/08 マガジンハウス) ★★★★
【2619】 ○ アン・リー(李安) (原作:ジェーン・オースティン) 「いつか晴れた日に」 (95年/米・英) (1996/06 コロンビア・ピクチャーズ) ★★★★
【2620】 ○ ジェームズ・アイヴォリー (原作:カズオ・イシグロ) 「日の名残り」 (93年/英) (1994/03 コロムビア・ピクチャーズ) ★★★★
【2620】 ◎ カズオ・イシグロ (土屋政雄:訳) 『日の名残り』 (1990/07 中央公論社) ★★★★☆
【2621】 ○ ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 「ある子供」 (05年/ベルギー・仏) (2005/12 ビターズ・エンド) ★★★★
【2622】 ○ ローラン・カンテ (原作:フランソワ・ベゴドー) 「パリ20区、僕たちのクラス」 (08年/仏) (2010/06 東京テアトル) ★★★★
【2623】 ○ アピチャッポン・ウィーラセタクン 「ブンミおじさんの森」 (10年/タイ・英・仏・独・スペイン) (2011/03 ムヴィオラ) ★★★★
【2624】 ◎ ウォン・カーウァイ(王家衛) 「恋する惑星」 (94年/香港) (1995/07 アスミック・エース) ★★★★☆
【2625】 ◎ ウォン・カーウァイ(王家衛) 「ブエノスアイレス」 (97年/香港) (1997/09 プレノンアッシュ) ★★★★☆
【2626】 ○ ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ 「ロゼッタ」 (99年/ベルギー・仏) (2000/04 ビターズ・エンド) ★★★★
【2627】 ○ 侯孝賢(ホウ・シャオシェン) 「珈琲時光」 (04年/日) (2004/09 松竹) ★★★☆
【2628】 ◎ 侯孝賢(ホウ・シャオシェン) 「悲情城市」 (89年/台湾) (1990/04 フランス映画社=ぴあ) ★★★★☆
【2629】 ○ 賈樟柯(ジャ・ジャンクー) 「プラットホーム」 (00年/香港・日・仏) (2001/12 ビターズ・エンド) ★★★☆
【2630】 ○ ウォン・カーウァイ(王家衛) 「欲望の翼」 (90年/香港) (1992/03 プレノン・アッシュ) ★★★★
【2631】 ○ タル・ベーラ 「ニーチェの馬」 (11年/ハンガリー・仏・スイス・独) (2011/04 ビターズ・エンド) ★★★★
【2631】 ○ アンドレイ・タルコフスキー 「サクリファイス」 (86年/スウェーデン・英・仏) (1987/04 フランス映画社) ★★★☆
【2631】 ○ ミクローシュ・ヤンチョー 「密告の砦」 (65年/ハンガリー) (1977/06 フランス映画社) ★★★★
【2632】 △ レオス・カラックス (原作:ハーマン・メルヴィル) 「ポーラX」 (99年/仏・独・日本・スイス) (1999/10 ユーロスペース) ★★★
【2633】 ○ エミール・クストリッツァ 「黒猫・白猫」 (98年/仏・独・ユーゴスラビア) (1999/08 フランス映画社) ★★★★
【2634】 △ 侯孝賢(ホウ・シャオシェン) (原作:裴鉶) 「黒衣の刺客」 (15年/台湾・中国・香港) (2015/09 松竹メディア事業部) ★★★
【2635】 ○ ジョン・キャロル・リンチ 「ラッキー」 (17年/米) (2018/03 アップリンク) ★★★★
【2635】 ○ ヴィム・ヴェンダース 「パリ、テキサス」 (84年/西独・仏) (1985/09 フランス映画社) ★★★★
【2635】 △ フランシス・フォード・コッポラ 「ワン・フロム・ザ・ハート」 (82年/米) (1982/08 東宝東和) ★★★
【2635】 ○ リドリー・スコット 「エイリアン」 (79年/米) (1979/07 20世紀フォックス) ★★★★
【2635】 △ ジェームズ・キャメロン 「エイリアン2」 (86年/米) (1986/08 20世紀フォックス) ★★★
【2635】 × デヴィッド・フィンチャー 「エイリアン3」 (92年/米) (1992/08 20世紀フォックス) ★★
【2636】 ◎ 黒澤 明 「隠し砦の三悪人」 (1958/12 東宝) ★★★★☆
【2637】 ◎ 溝口 健二 (原作:近松門左衛門) 「近松物語」 (1954/11 大映) ★★★★☆
【2638】 ◎ 三浦 綾子 『泥流地帯』 (1977/03 新潮社) ★★★★☆
【2638】 ◎ 三浦 綾子 『続 泥流地帯』 (1979/04 新潮社) ★★★★☆
【2639】 ◎ 木下 惠介 (原作:壺井 栄) 「二十四の瞳」 (1954/09 松竹) ★★★★☆
【2640】 ○ ファティ・アキン 「女は二度決断する」 (17年/独) (2018/05 ビターズ・エンド) ★★★☆
【2641】 ○ ジャック・ロジエ 「アデュー・フィリピーヌ」 (62年/仏・伊) (2010/01 アウラ) ★★★★
【2641】 ○ ジャック・ロジエ 「オルエットの方へ」 (73年/仏) (2010/01 アウラ) ★★★★
【2641】 ○ ジャック・ロジエ 「メーヌ・オセアン」 (86年/仏) (2010/01 アウラ) ★★★☆
【2642】 ○ 小津 安二郎 「東京暮色」 (1957/04 松竹) ★★★★
【2643】 ◎ アン・リー(李安) (原作:張愛玲(アイリーン・チャン)) 「ラスト、コーション」 (07年/米・中国・香港・台湾) (2008/02 ワイズポリシー) ★★★★☆
【2643】 ○ 張愛玲(ちょう あいれい、アイリーン・チャン) (南雲 智:訳) 『ラスト、コーション 色・戒』 (2007/12 集英社文庫) ★★★★
【2643】 ◎ ○ アン・リー(李安) (原作:E・アニー・プルー) 「ブロークバック・マウンテン」 (05年/米) (2006/03 ワイズポリシー) ★★★★
【2643】 ○ E・アニー・プルー (米塚真治 :訳) 『ブロークバック・マウンテン』 (2006/02 集英社文庫) ★★★★
【2644】 ◎ ラッセ・ハルストレム (原作:ピーター・ヘッジス) 「ギルバート・グレイプ」 (93年/米) (1994/08 シネセゾン) ★★★★☆
【2645】 ○ ルキノ・ヴィスコンティ (原作:トーマス・マン) 「ベニスに死す」 (71年/伊・仏) (1971/10 ワーナー・ブラザース) ★★★★
【2645】 ○ トーマス・マン (高橋義孝:訳) 「ヴェニスに死す」―『トニオ・クレーゲル ヴェニスに死す』 (1967/09 新潮文庫) ★★★★
【2646】 ◎ 辻村 深月 『かがみの孤城』 (2017/05 ポプラ社) ★★★★☆
【2646】 ○ 柚月 裕子 『盤上の向日葵』 (2017/08 中央公論新社) ★★★☆
【2646】 △ 今村 昌弘 『屍人荘の殺人』 (2017/10 東京創元社) ★★☆
【2647】 ◎ 芥川 龍之介 『羅生門・鼻』 (1968/07 新潮文庫) 《『羅生門』 (1917/05 阿蘭陀書房)》 ★★★★☆
【2648】 ○ カズオ・イシグロ (土屋政雄:訳) 『わたしを離さないで』 (2006/04 早川書房) ★★★★
【2648】 △ マーク・ロマネク (原作:カズオ・イシグロ) 「わたしを離さないで」 (10年/英) (2011/03 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ) ★★★
【2649】 ○ ギジェルモ・アリアガ 「あの日、欲望の大地で」 (08年/米) (2009/09 東北新社) ★★★★
【2649】 ○ フランソワ・オゾン 「まぼろし」 (00年/仏) (2002/09 ユーロスペース) ★★★☆
【2650】 ○ 若竹 千佐子 『おらおらでひとりいぐも』 (2017/11 河出書房新社) ★★★★
【2650】 ○ 石井 遊佳 『百年泥』 (2018/01 新潮社) ★★★☆
【2650】 △ 沼田 真佑 『影裏』 (2017/07 文藝春秋) ★★★


 
【001】〜【200】 人事・マネジメント・キャリア200
【201】〜【400】 人文社会・自然科学200
【401】〜【700】 小説・随筆・映画など300
【701】〜【750】 人事・マネジメント・キャリア50
【751】〜【1000】 人文社会・自然科学250
【1001】〜【1150】 小説・随筆・映画など150
【1151】〜【1200】 人事・マネジメント・キャリア50
【1221】〜【1320】 人文社会・自然科学100
【1151】〜【1220】 人事・マネジメント・キャリア70 
【1221】〜【1320】 人文社会・自然科学100
【1321】〜【1570】 小説・随筆・映画など250
【1571】〜【1700】 人事・マネジメント・キャリア130
【1701】〜【1850】 人文社会・自然科学150 
【1851】〜【1900】 人事・マネジメント・キャリア50
【1901】〜【2200】 小説・随筆・映画など300
【1851】〜【1900】 人事・マネジメント・キャリア50
【1901】〜【2200】 小説・随筆・映画など300
【2201】〜【2300】 人事・マネジメント・キャリア100 
【2301】〜【2350】 人文社会・自然科学50
【2351】〜【2650】 小説・随筆・映画など300) 


メイン


HUREC AFTERHOURS 人事コンサルタントの読書・映画備忘録



和田泰明

About this Entry

This page contains a single entry by wada published on 2006年8月 6日 12:42.

was the previous entry in this blog.

【2301】〜【2350】 人文社会・自然科学 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1