Recently in 三浦 しをん Category

「●み 三浦 しをん」の インデックッスへ Prev|NEXT⇒「●み 三島 由紀夫」【490】三島 由紀夫『仮面の告白

シリーズ第3弾にしてパワーアップ? 作者のシリーズへの愛着が感じられる。

「まほろ駅前狂騒曲」三浦しをん.jpg              まほろ駅前多田便利軒.jpg
まほろ駅前狂騒曲』(2013/10 文藝春秋)  『まほろ駅前多田便利軒』(2006/03 文藝春秋)

 多田便利軒に行天が転がり込み、居候を始めて早3年が経とうとしていた。そして多田は、ついに禁断の依頼(子供の預かり)を引き受けることに。それに対して行天の反応は―。

 作者の直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』('06年/文藝春秋)の第2弾『まほろ駅前番外地』('09年/文藝春秋)に続くシリーズ第3弾ですが、シリーズ物はシリーズが続いていくにつれてパワーダウンしていく傾向があるのに対し、このシリーズはここにきてパワーアップしている感じで、作者自身もこのシリーズに殊の外に愛着を抱いているのではないかと思わせるものでした。

 当初のコマ切れの話の連なりから、ここにきて大きなうねりのようなストーリー展開になっていて、相変わらず横中バスの間引き運転疑惑の追及に燃える岡さん(憎めないキャラだなあ)が、何故か、怪しげな無農薬野菜の販売組織の秘密を暴こうとする多田便利軒の多田・行天らの意向に沿った行動をとるようになるといった、ややご都合主義ともとれる話の展開もありましたが、まあ、面白かったからいいか。大きなストーリーになっている分、盛り上がりも十分でした。

 今回は、行天が主役といった感じで、その秘められた過去が徐々に明かされますが、飄々とした感じの男が、実は重い過去をしょっているという設定が何とも言えません(行天は怖いものを問われ「記憶」と答える)。預かった子供は実は仰天と別れた妻との間の実子であるわけですが、最初はその娘に恐怖を抱き、距離を置こうとして「あれ」呼ばわりしていた彼が、次第に親としての親愛の情を見せるようになり、終盤は「はる」と名前で呼ぶようになる展開は絶妙です。最後は実際に身を挺して娘を守ろうとして...(多田の方は多田の方で、バツイチ男&寡婦のキャリアウーマンの恋愛話があり、これはこれで楽しませてくれたが、行天に比べると今回はややインパクトが弱いか)。

 第1弾『まほろ駅前多田便利軒』が瑛太・松田龍平主演で映画化されたのに対し、第2弾『まほろ駅前番外地』はTVドラマ化でした。そして、この第3弾『まほろ駅前狂騒曲』は今年('14年)秋に映画化作品が公開予定です。但し、個人的には、これまでの映像化作品は観ていません。作中の「多田・行天」と配役の「瑛太・松田龍平」にギャップを感じ、映像化されたものに引っ張られるのが嫌だからというのがその理由です。シリーズが完結するまでは、映像化作品の方は観ないでおこうと勝手に決め込んでいます(それでも観てしまうかもしれないが)。

「●み 三浦 しをん」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【2166】 三浦 しをん 『まほろ駅前狂騒曲
「●「本屋大賞」 (10位まで)」の インデックッスへ

力のある作家がしっかり取材して書いた作品。素直に上手だなあと思った。

舟を編む10万.jpg舟を編む30万.jpg舟を編む00.jpg舟を編む』(2011/09 光文社)

 2012(平成24)年・第9回「本屋大賞」第1位作品。

 大手出版社・玄武書房の営業部に勤務する馬締(まじめ)は、営業部では変人としてお荷物扱いだったが、辞書編集一筋の荒木に後任として見込まれ辞書編集部に異動、言葉の捉え方における鋭い天性を発揮し、新しい辞書『大渡海』の編纂にのめり込んでいく。定年後嘱託として勤務する荒木や日本語研究に人生を捧げる老学者の松本先生、チャラいが外回りに才能を発揮する西岡、ファッション誌編集部から異動してきたキャリア系の岸辺―問題山積の辞書編集部において、馬締をはじめとするこれらの人々の努力により『大渡海』は完成の日の目を見ることができるのか―。

 素直に上手だなあと思いました。『まほろ駅前多田便利軒』('06年/文藝春秋)で直木賞を受賞した際に(29歳での直木賞受賞は、平岩弓枝(27歳)、山田詠美(27歳)に続く歴代3位の若さ)、選評で平岩弓枝氏が「この作者の年齢の時、私はとてもこれだけの作品は書けなかった」と一番褒めていたけれど、そこからまた進化した感じ。

 特に、前半の真締と西岡の関係がいい。『まほろ駅前多田便利軒』もそうだけど、男同士の関係を描いて巧み(直木賞選考の際に阿刀田高氏は、作者は男性だと思っていたらしい)。コミカルだけど、『まほろ駅前多田便利軒』に比べると、ギャグ調はむしろ抑え気味ではないかと。

 前半は馬締の香具矢に対する恋物語もあって青春小説のようにもなっていて、前半と後半で十数年の時を置くことで、後半が前半の後日譚のようにもなっている。それでいてダラダラ長くなく、気楽に読めるエンタテインメントに仕上がっているし、前半部では西岡を、後半部では岸辺の眼を通して、真締を主として「見られる側」の存在として描いているのも成功していると思いました。

 辞書が編まれるように、馬締、香具矢、荒木、松本先生、西岡、岸辺といった登場人物の人生が編まれていく―今時、全ての辞書がこうした編纂のされ方をしているのかという疑問も残りましたが、普通は小説の主人公にはならないような人たちに着眼したこと自体が一つの成功要因。そのうえで、もともと力のある作家がしっかり取材して書いた作品とみていいのではないでしょうか。

舟を編む 映画.jpg映画「舟を編む」1.jpg映画「舟を編む」2.jpg映画「舟を編む」(2013年) 監督:石井裕也. 脚本:渡辺謙作
出演:松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー

【2015年文庫化[光文社文庫]】

「●み 三浦 しをん」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【1910】 三浦 しをん 『舟を編む
「●「直木賞」受賞作」の インデックッスへ

面白かった。コミカルなトーンと登場人物の心の闇の兼ね合いが計算され尽くされている。

まほろ駅前.JPG   まほろ駅前多田便利軒.jpg       「まほろ駅前多田便利軒」より.jpg 本書より
まほろ駅前多田便利軒』 (2006/03 文藝春秋)

 2006(平成18)年上半期・第135回「直木賞」受賞作。

 東京のはずれに位置する"まほろ市"の駅前で便利屋を営む多田啓介は、正月の仕事帰りにバス停で、高校の同級生で極端に無口で変人だった行天春彦に出会い、その行天が多田のところに住みついて多田の便利屋稼業を手伝うようになってから、さまざまな事件に巻き込まれるようになる―。

 29歳での直木賞受賞は、平岩弓枝(27歳)、山田詠美(27歳)に続く歴代3位の若さだそうですが、直木賞の選評では、平岩氏が「この作者の年齢の時、私はとてもこれだけの作品は書けなかった」と一番褒めていたように思います。

 便利屋というのがハードボイルド小説における探偵事務所みたいな位置づけになっていて、ペットの世話や塾の送り迎えなどの雑事請負を通して窺える今時の世情や人と人との繋がりをうまく物語として取り込んでるところに惹き込まれ、多田と行天のやりとりなどもひたすら面白いのですが、一方で、章の扉ごとにある劇画調の挿画に感化されるまでもなく、コミック的な面白さに流れているという印象も抱きました(つまりリアリティがない。いちいち、既視感のある漫画の1カットが頭に浮かぶ)。

 しかし、ギャグ的な面白さだけで成り立っているわけでなく、読み進むにつれて、なかなか愛嬌がある居候男・行天の心の闇のようなものがちらちら見えてきて、このコミカルなトーンの中で、その辺りの重い部分をどう落とし込むのか、多田と行天の関係がどうなるか、といった点で結構最後までぐいぐい引っぱられました。

まほろ駅前多田便利軒 文春文庫.jpg 平岩氏ではないですが、なぜ、こんなに器用に書けるのかホント不思議。計算され尽くされていると言っていい。
 少女コミックの影響を受けているは間違いないと一般の読者なら誰もが思うところですが、直木賞選考委員の作家先生たちがどの程度そのことを思ったか(阿刀田高氏は作者は男性だと思っていたらしい)。 
                               
まほろ駅前多田便利軒 (文春文庫)』 ['09年]

 【2009年文庫化[文春文庫]】

まほろ駅前多田便利軒 映画.jpg 映画「まほろ駅前多田便利軒」(2011年)
 監督:大森立嗣 主演:瑛太/松田龍平

About this Archive

This page is an archive of recent entries in the 三浦 しをん category.

松本 清張 is the previous category.

三島 由紀夫 is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1