Recently in 湊 かなえ Category

「●み 湊 かなえ」の インデックッスへ  Prev|NEXT ⇒ 「●み 宮城谷 昌光」【625】 宮城谷 昌光 『孟嘗君
「●「山本周五郎賞」受賞作」の インデックッスへ

「山本周五郎賞」の選評は微妙か。個人的にはプロットを活かし切れていないと思った。

湊 かなえ  『ユートピア』.jpgユートピア』(2015/12 集英社)

 2015(平成27)年・第28回「山本周五郎賞」受賞作。

 太平洋を望む美しい景観の小さな港町・鼻崎町。実は5年前に資産家の老人が殺害される事件があり、芝田という男で、指名手配されていた。町には日本有数の大手食品会社があり、そこに勤める住民と、昔から住んでいる地元住民、移住してきた芸術家たちなど、それぞれ異なるコミュニティの人々が暮らしている。鼻崎町で仏具店を営む堂場菜々子の娘・久美香は、幼稚園の集団登園中に交通事故に逢い、小学生になっても車椅子で生活している。東京から父親の転勤によって鼻崎町にやってきた小学4年生の彩也子は久美香と仲良くなり、子ども同士が仲良くなったことから、菜々子と彩也子の母・相場光稀は交流をもつことになる。最近引っ越してきた陶芸家の星川すみれは、久美香を広告塔に、車椅子利用者を支援するブランド「クララの翼」を立ち上げ、翼モチーフのストラップを販売することを思いつく。出だしは上々だったが、ある日ひょんなことから「実は久美香は歩けるのではないか?」という噂がネット上で流れ、徐々に歯車が狂い始める。そんなある日、子どもたちが行方不明に―。

 ボランティア団体「クララの翼」の活動における女性たちの、ふとしたことから好意の裏側に芽生えた嫉妬や意地悪い気持ちがドロドロとした心理に発展していく描写などは作者のお手の物だと思いましたが、一方で、ややパターン化しているかなとも。主要登場人物である3人のキャラクターがあまり描き切れていなく、どこまで読み進んでもどれも同じように見えるのが難でした(実際、読みにくかった)。

 プロット的にはかなり凝っていたと言えるかもしれません。ただ、謎解きは全てエピローグの中で行われていて、本編の中にそれらの伏線があったかといと、そうでもなかったような。それに、留守中の子どもの火遊びによる火事みたいな偶然の出来事も重なっていて、殆ど推理不可能のように思えました(犯人探しに関しては、この人物が少しおかしいなとか思う出来事はあるのだが)。

 同じ時期に「山本周五郎賞」の候補になった相場英雄氏の『ガラパゴス』('16年/小学館)の方がずっと面白いと思いましたが、「山本周五郎賞」の5人の選考委員の中で、警察小説の先輩格にあたる佐々木譲氏の『ガラパゴス』への評価が厳しく、一方で、佐々木氏は本作『ユートピア』を強く推し、「大事なのは、この作品は広義のミステリーではあるが、様式的なクライム・ノベルではない点だろう。謎があり、事件が起こり、その一応の解決はみるが、解決それ自体は作品の主題ではない」と評しています。

 確かに、探偵役が出てくるわけでもなく、エピローグで謎解きをしているわけだから、ミステリの枠からはやや外れていると見るのが普通かもしれません。同じく選考委員の白石一文氏は、「(『ガラパゴス』と共に)△とする方針で選考会に臨んだ」とし、「佐々木委員は湊氏に○をつけていた」とする一方で(他の委員を意識している?)、氏自身は「最後の謎解きの部分は相当にひとりよがりと言わざるを得ない」としています。

 同じく選考委員で、自身にもこの作品同様に女性同士のドロドロとした心理を描いた作品がある角田光代氏も、「(女性たちの)異様な感情に変化する直前の、一瞬の輝くような瞬間もさりげなく書く」と中身を褒めながらも、「終盤、私にはいくつかわからないことがあった。(中略)作者があえて書かなかったのか、そうでないのかの判断が私にはつかなかった。その一点においてこの小説を受賞作として全面的に推すことがためらわれた」としています。一方で、同じく選考委員の石田衣良氏が、「ミステリーとしての整合性は、この作品の読みどころじゃないんだ。そこまでの過程のおもしろさのほうが重要だよ」と述べていますが、そうは言っても個人的にはやっぱりプロットを活かし切れていない作品であることが気になりました。

 ただ、先に否定的な意見を述べた白石一文氏も、「当選作を出すとなれば、やはり湊氏の作品しかないだろうというのは5人の委員全員の一致するところであった」としており、やはり作者19作目と言うことで、そろそろ賞をあげてもいいのではといった(功労賞的)雰囲気もあったのではないでしょうか。最後もう一人の選考委員である唯川恵氏が、「市井の人々の細やかな描き方は山本周五郎の作風に通じるものがあり、またこれまでの十分な実績から受賞にふさわしいと思えた」と言っていることからも、その辺りが窺えます。

「●み 湊 かなえ」の インデックッスへ  Prev|NEXT ⇒ 【2502】 湊 かなえ 『ユートピア

読者を驚かせたいという意図とそのための創意は分かるが、それがどこまで果たせたのか疑問。

リバース 湊かなえ.jpg 『リバース』(2015/05 講談社) 湊 かなえ リバース .jpg 2017年ドラマ化(「TBS金曜ドラマ」)

 深瀬和久は大学4年の夏、ゼミ仲間4人と連れ立って旅行に出かけた。その旅路で、和久が唯一気を許していた友人が不慮の死を遂げた。それから3年、今の深瀬は、事務機会社に勤めるしがないサラリーマン。今までの人生でも、取り立てて目立つこともなく、趣味と呼べるようなものもそう多くはないが、敢えていうのであればコーヒーを飲むこと。そんな深瀬が、今、唯一落ち着ける場所が〈クローバー・コーヒー〉というコーヒー豆専門店だ。深瀬は毎日のようにここに来ている。ある日、深瀬がいつも座る席に、見知らぬ女性が座っていた。彼女は、近所のパン屋で働く越智美穂子という女性だった。その後もしばしばここで会い、やがて二人は付き合うことになる。そろそろ関係を深めようと思っていた矢先、二人の関係に大きな亀裂が入ってしまう。美穂子に『深瀬和久は人殺しだ』という告発文が入った手紙が送りつけられたのだ―。

 第37回「吉川英治文学新人賞」の候補作となった作品。導入部分はなかなか良かったけれども、主人公である深瀬和久に届けられたのと同様の手紙は、深瀬和久と同じゼミ生だった村井隆明、浅見康介、谷原康生にも届けられており、彼らは全員、亡くなった広沢由樹の死に関わっていた―って、ここまで読んで、これもまた1つのパターンではないかなあと。あまり新鮮さを感じないままに読んでいたら、最後に意外な事実が明らかになり、ああ、これが作者の狙いだったのかと。旧友を訪ねつつ、犯人(脅迫者)探しの形をとりながら、実は最後、自分の記憶の中に真相への糸口があったわけでした(記憶を辿るから「リバース」なのか)。

 でも、作者の読者を驚かせたいという意図とそのための創意は分かるももの、それがどこまで果たせたのか疑問に思いました。「吉川英治文学新人賞」の選考で、選考委員の大沢在昌氏が「素材の小ささが最後まで気になった」「主人公たちのもとに届く、人殺しだという告発文にも首を傾げざるをえない。的はずれと思う人間もいるのではないか」とコメントしたように、起きた事件と復讐のバランスがとれていないような気もしました。同じ同賞選考委員の伊集院静氏に至っては、「この作品を候補作にしたことに疑問を抱いた」とまで言っています。

 この作者には珍しく男性が主人公であり、だからと言って心理描写等がそう不自然であったりはしないのですが、亡くなった広沢を含めゼミ仲間4人のキャラクターが今一つ見えにくいというのも難点としてありました。久しぶりにこの人の作品を読んだけれど、イマイチといった印象。多くのファンがいて、いつか直木賞を獲る作家なんだろうけれど、もうちょっとかかるのか。

【2017年文庫化[講談社文庫]】

「●み 湊 かなえ」の インデックッスへ  Prev|NEXT ⇒ 【2497】 湊 かなえ 『リバース

状況設定自体にかなり無理がある。『告白』のインパクトを超えるのは難しい?

往復書簡 湊.png 『往復書簡』(2010/09 幻冬舎)

 高校卒業以来10年ぶりに放送部の同級生が集まった地元での結婚式で、女子4人のうち千秋は行方不明であり、そこには5年前の「事故」が影を落としていたが、それが本当に事故だったのか、真実を知りたい悦子は、式の後日、事故現場にいたというあずみと静香に手紙を送る―。(「十年後の卒業文集」)

 「十年後の卒業文集」「二十年後の宿題」「十五年後の補習」の3作の連作ミステリで(それぞれの内容の繋がりは無い)、いずれも高校時代からその後にかけて起きた事故や事件について、その真相を探るためにかつての同級生同士や生徒と担任の教師が連絡を取り合う書簡形式になっており、そうした意味では、計算された構成となっているように思えました。

 ただ、ラストでそれぞれにひねりは効かせているものの、状況設定自体にかなり無理があるような気もしました。例えば、「十年後の卒業文集」ですが、手紙を受け取った側もハナから違和感を覚えているし、そもそも複数の視線が集まる同窓会で、そんなに上手く全員を欺き通せるものかと。「二十年後の宿題」なども、わざわざここまでして過去をほじくり返すかなという気もして、それにしてもこの連作の登場人物達は、皆"告白"好きだなあと。

 『告白』('08年/双葉社)を読んだ時もそうでしたが、登場人物があまり好きになれない―但し、『告白』の場合は、「読後感が良くない」こと自体が1つの"ウリ"であるような、登場人物に対する読者の感情移入も誘発しつつ、作者自身は登場人物達と一定距離を置いているような計算があったように思いますが、この連作は、(とりわけ「十五年後の補習」がそうだが)感動ストーリーにしようとしているのか、どうしようとしているのか、個人的にはよく分かりませんでした。

往復所管2.jpg 書簡体でありながらも、書簡体の中で過去の出来事を会話体で再現している箇所がいくつもあり、普通に手紙を書く人が、こんな小説家のような書き方をするかなあという違和感もありました。ミステリとしても読んでいて何となく先が読めてしまうという難点もあって、すべてにおいて物足りない印象。やはり、『告白』のインパクトを超えるのは難しいのか(いつかは超えて欲しいと思うが)。

【2012年文庫化[幻冬舎文庫]】 

北のカナリアたち.jpg「二十年後の宿題」 2012年映画化「北のカナリアたち」(主演:吉永小百合)

 
 
 
 
 
 
 

十五年後の補習00.jpg十五年後の補習01.jpg「十五年後の補習」2016年TVドラマ化(主演:松下奈緒)

「●み 湊 かなえ」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【1461】 湊 かなえ 『往復書簡
「●「週刊文春ミステリー ベスト10」(第1位)」の インデックッスへ
「●「本屋大賞」 (10位まで)」の インデックッスへ

登場人物と等距離を置きながらも突き放してはいない。新人離れした力量。

告白 湊かなえ.jpg 『告白』 (2008/08 双葉社) 映画「告白」.jpg 2010年映画化(東宝)

湊かなえ 告白3.jpg 2009(平成21)年・第6回「本屋大賞」の大賞(1位)受賞作で、単行本デビュー作での大賞受賞は同賞では初めて(他に、「週刊文春」2008年度ミステリーベスト10(国内部門)で第1位)。

 愛娘を校内のプールで亡くした公立中学の女性教師は、終業式の日のホーム・ルームでクラスの教え子の中に事件の犯人がいることを仄めかし、犯人である少年A及び少年Bに対して恐ろしい置き土産をしたことを告げ、教壇を去っていく―。

 「小説推理新人賞」(双葉社の短編推理小説を対象とした公募新人文学賞)を受賞した第1章の「聖職者」は女性教師の告白体をとっていますが、これだけでもかなり衝撃的な内容。その後も同じくモノローグ形式で、犯人の級友、犯人の家族、犯人の少年達と繋いで1つの事件を多角的に捉え物語に厚みを持たせる一方、話は第2、第3の事件へと展開していきます。

 「本屋大賞」において、貴志祐介、天童荒太、東野圭吾、伊坂幸太郎ら先輩推理作家の候補作を押しのけての堂々の受賞であるのも関わらず、Amazon.comなどで見る評価は(ベストセラーにありがちなことだが)結構割れているみたいでした。ネガティブ評価の理由の1つには、読後感が良くない、登場人物に共感できず"救い"が見えないといったものがあり、もう1つにはプロットに現実性が乏しいといったところでしょうか。

 「登場人物に共感できない」云々という感想については、「聖職者」「殉教者」「慈愛者」といった章タイトルがそれぞれに反語的意味合いを持っていることからすれば、当然のことかも。それぞれの章の「語り手」乃至「その対象となっている人物」(第3章の「慈愛者」などは「語り手」と「対象人物」の入籠構造となっている)に対し、作者は等距離を置いているように思いました。

 それらの何れをも否定しきってしまうのではなく、内面に寄り添って描いている部分がそれぞれにあって、そのために、最初に誰かに過剰に感情移入して読んでしまった読者との間には、齟齬が出来るのではないかと。
 
 個人的には、そうした登場人物の描き方は、登場人物への読者の過度の感情移入も制限する一方で、通り一遍に拒絶するわけにもいかない思いを抱かせ、物語に重層的効果を持たせることに繋がっていて、「読後感は最悪」という「本屋大賞」に絡めた帯キャッチも、賛辞として外れていないように思えました。

 プロットに関しても、重いテーマを扱った作品は往々にして問題提起に重点が行き、エンタテイメントとしてはそう面白くなかったりすることがあるのに対し、この作品の作者はストーリーテラーとしての役割をよく果たしているように思えました。

 但し、プロット自体はともかく、モノローグ形式を貫いたがために、なぜ最後に登場する語り手が全てお見通しなのか、どうして病いの身にある、しかも有名人が、学校に忍び込んで易々と事を成し遂げることが出来るのか等々に対する状況説明部分が弱く(そこに至るまでも幾つか突っ込み所が無いわけではない)、自分としてはその点での物足りなさが残り、星1つマイナス。しかしながら新人にしては手慣れているというか、作品の持つ吸引力のようなものは新人離れしていると言っていいのでは。

 【2010年文庫化[双葉文庫]】

About this Archive

This page is an archive of recent entries in the 湊 かなえ category.

道尾 秀介 is the previous category.

宮城 音弥 is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1