Recently in 山岸 凉子 Category

「●や 山岸 凉子」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 「●や 山口 瞳」 【526】 山口 瞳 『新入社員諸君!
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

北の大地を流転した異能の持ち主と身寄りの無い少女の見えない心の絆。読後感がいい。

白眼子.jpg 『白眼子』 (2000/11 潮出版社)  白眼子2.jpg白眼子 (潮漫画文庫)』 ['06年]

 '00(平成12)年5月から9月に「月刊コミックトムプラス」に連載された作品で、昭和21年の北海道・小樽が舞台。戦災孤児となった少女・光子は、ある姉弟に拾われ一緒に暮らすことになるが、その弟の方は「白眼子」と呼ばれる「運命観相」を生業とする盲目の霊能者だった―。

 で、タイトルからしてホラー物かオカルト物という感じですが、ホラーではないですが確かにオカルティックなモチーフではあります。しかし、そうしたオカルト的関心を超えて、北の大地を転々とした異能の持ち主と、身寄りの無い少女の見えない心の絆を描いた、読後感の良い作品と言えるかと思います。

白眼子3.jpg ストイックで一見とっつきにくそうな「白眼子」に光子が徐々に信頼を寄せるようになる過程が、戦後間もない時代の北海道という背景とともに、うまく描かれていると思いました。途中で新聞記事が出てきて、「えっ、これ、実話?」と一瞬思わせますが、このような霊能力者は、作品の中にもあるように、戦地から帰らぬ出征者の行方を案ずる人や新たな商売や投機を始める人の需要に沿って、当時結構いたのではないだろうか。

 「人の幸・不幸は等しく同じ量」という達観したかのような「白眼子」の言葉が、この作品を読む過程では自然に受け容れることが出来、盲目の「白眼子」から光子がどう"見えた"かということが明かされるラストは、何かグッと心に沁み渡るものがありました。

 光子というコンプレックスの固まりみたいだった少女の成長物語にもなっていて、利己的で世俗的に見えた「白眼子」の姉も、本当のところはいい人だったみたいで、こうしたことも、読後感の良さに繋がっているのでしょう。

 【2006年文庫化[潮漫画文庫]】

「●や 山岸 凉子」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【525】 山岸 凉子 『白眼子
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

かなり自由に「卑弥呼」像を描いている。ヒミコと諸国の関係が掴め、勉強になる?

青青(あお)の時代.jpg 『青青の時代』  潮漫画文庫(全3巻) ['04年]

 '98(平成10)年に雑誌『comicトムプラス』(潮出版社)で連載がスタートした作品(1998年5月号~2000年2月号)。南の島で気のふれた祖母を世話しながら暮らす10歳の少女・壱与(イヨ)のもとへ、ある日伊都国から四の王子・狗智日子(クチヒコ)がやってきて、祖母と少女を伊都国へ連れて帰る。伊都国には、「聞こえさま」と呼ばれる大和(ヤマタイ)の巫女王・日女子(ヒミコ)がいて神託で国を治めていたが、少女の祖母は日女(ヒルメ)といい、ヒミコの姉にあたるらしいことがわかる―。

 『日出処の天子』などと同じく古代史ものですが、この作品のヒミコは凋落期にあり、伊都国の方も、男王の死没で王位継承争いが起きていて(この人、こうした血肉の争いをわかりやすく面白く描くのは本当にうまい)、ヒミコは権力抗争の道具になっており、ヒミコはヒミコで、自らの巫女王としての座を守ることに汲々としているという感じ。

 かなり自由に「卑弥呼」像を描いているという感じですが、人間臭い分、『日出処の天子』の厩戸王子(聖徳太子)ほどの清澄な凄みは感じられず、ストーリー的にも、壱与がやがてその後継者となって国を治めるはずですが、壱与を(特殊な能力を持ちながらも)普通の少女のように描いていて、巫女王になるところまでは描かれていないので、やや物足りない感じもしました。

 ラストで壱与は13歳になっていますが、これは壱与が巫女王になった年齢ではないでしょうか。(「卑弥呼以て死す。(中略)更に男王を立てしも、國中服せず。更更相誅殺し、当時千余人を殺す。また卑弥呼の宗女壱与年十三なるを立てて王となし、國中遂に定まる」―『魏志倭人伝』より)。島(沖縄?)に帰っている場合じゃないのでは...。

 でも壱与を助けるクロヲトコ(死体埋葬人)のシビや、王位を狙う狗智日子などのキャラクターの描き方はなかなかよく、最後まで飽きさせず、それなりに厚みのあるストーリーにはなっているように思いました。
 
 一般に「邪馬台国の女王・卑弥呼」という言われ方をしますが、ヒミコは大和連合共通の巫女王であるものの、連合と言っても、統一されておらず、国同士で覇権争いしている、その中の1国である伊都国に居て、伊都国には男王もいるのですが、巫女であるヒミコが次第に権威を増し、伊都国の政治の決定権を握ってしまっているという構図になっています。ヒミコと諸国の関係が掴めるので勉強になる?

 【2004年文庫化[潮漫画文庫(全3巻)]】

「●や 山岸 凉子」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【524】 山岸 凉子 『青青(あお)の時代
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ
「●ま行の外国映画の監督」の インデックッスへ 「●か行外国映画の監督」の インデックッスへ 「○外国映画 【制作年順】」の インデックッスへ 「○都内の主な閉館映画館」の インデックッスへ(新宿東急) 

「スーパー歌舞伎」でお馴染みの原作のマンガ化。面白い。「古事記」が身近に。

ミラクルマスター7つの大冒険 パンフレット - コピー.jpg2コナン・ザ・グレート.jpgヤマトタケル1.jpgヤマトタケル2.jpg ヤマトタケル.jpg
ヤマトタケル』(1987/12 角川書店)/コミック版[あすかコミックス(上・下)]「コナン DVDスペシャルBOX」「映画パンフレット「ミラクルマスター-七つの大冒険-」
 '86(昭和61)年末から翌年にかけて雑誌「ASUKA」に連載された、ヤマトタケルを主人公とした作者の古代史モノ作品の1つで、原作は、梅原猛が市川猿之助の「スーパー歌舞伎」のために書き下ろしたものです。

 兄の大碓命(おおうすのみこと)を偶然殺してしまった小碓命(おうすのみこと)は、父天皇に疎まれ、熊襲(くまそ)討伐を命じられる。叔母から貰った「草薙の剣」を携え、熊襲を征した彼は、ヤマトタケルと呼ばれるようになる。さらに今度は蝦夷(えみし)討伐を命じられ、弟橘(おとたちばな)を妻としたタケルは、「草薙の剣」をもって蝦夷を征するが、途中で弟橘を失い、伊吹山で天皇の配下に追い詰められる―。

 これぞまさに日本最古の悲劇的英雄を描く壮大な叙事詩といったところ。こうして見ると、この人の辿った運命は、ちょっと源義経と似たところがあるあなとか思いつつ、一気に最後まで読みました。
 ハードカバーに相応しい内容。面白いし、日本神話の勉強にもなります(梅原氏の歴史解釈は、多分に恣意的だが)。

 この作者にしては珍しく、主人公のタケルがマッチョに描かれてる点が目を引きますが、アーノルド・シュワルツェネッガーとかシルヴェスター・スタローンの写真やビデオを参考にしたとのことです。アーノルド・シュワルツェネッガーの「コナン・ザ・グレート」('82/米)は絶対に参照しているなあ。

 のストーリーの方は、一応は梅原猛の原作を踏襲しながらも、タケルが女装して熊襲の頭領を欺く場面では、タケルの代わりに従者のタケヒコに女装させたりして(タケルをマッチョにしてしまった関係もあるのだろうが)、かなり柔軟に翻案されています。

 ヤマトタケルには戦争における軍神としてのイメージがあるし、弟橘を初めこの物語における女性の描き方が、男社会における男にとって都合のいい女性像ではないかとの指摘もあります。 弟橘は共同体のために犠牲になる個人、つまり人柱(ひとばしら)の象徴ともとれます。

 いろいろな見方はでき、個人的には梅原猛氏の歴史観そのものにも多々疑念を持っていますが(歴史家ではなく作家と見るべき)、こうして「古事記」を身近に感じることができるメリットというのはそれなりあると思いました。

アーノルド・シュワルツェネッガー コナン.jpgサンダール・バーグマン.png 「コナン・ザ・グレート」('82/米)は、アーノルド・シュワルツェネッガーの映画本格的デビュー作で、ジョン・ミリアスとオリバー・ストーンの共同脚本ですが、シュワちゃんは肉体は大いに披露するものの、まともなセリフは少ないです(似たような体格のスタントマンがいなかったため、スタントも自らこなすなどして頑張ったが、ラジー賞の"最低男優賞"になってしまった。一方、共演のサンダール・バーグマンは、ゴールデングローブ賞の年間最優秀新人賞に)。
アーノルド・シュワルツェネッガー(ジョン・ミリアス監督)「コナン・ザ・グレート」(1982)

Beastmaster [Soundtrack].jpgBEASTMASTER.jpg なぜ、あのアーノルド・シュワルツェネッガーのデビュー作がこのような作品になってしまったかというと、おそらく当時は演技力に関しては全く未知数であったということと(肉体美の方は確かだったが)、そもそも当時この手の古代冒険活劇譚とでも呼ぶべき映画が流行っていたということもあったのではないかと思われます。マーク・シンガー、タニア・ロバーツ主演の「ミラクルマスター 七つの大冒険」('82年/米・伊)などもその類でした。コレ、「桃太郎の鬼退治」みたいな話だったなあ。最初のお供は雉ならぬ鷲と愛犬、途中からフェレットとか加わったりしたけれど。DVD化されていないため、ある種カルト・ムービー化している作品かも。「Beastmaster」[Soundtrack]

コナン・ザ・グレート2.jpgコナン・ザ・グレート3.jpg「コナン・ザ・グレート」●原題:CONAN THE BARBARIAN●制作年:1982年●制作国:アメリカ●監督:ジョン・ミリアス●製作:バズ・フェイシャンズ/ラファエラ・デ・ラウレンティス●脚本:ジョン・ミリアス/オリバー・ストーン●撮影:キャロル・ティモシー・オミーラ●音楽:ベイジル・ポールドゥリス●原作:ロバート・E・ハワード「英雄コナン」●時間:128分●出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/ジェームズ・アール・ジョーンズ/サンダール・バーグマン/マックス・フォン・シドー/ベン・デイヴィッドスン/カサンドラ・ギャヴァ/ジェリー・ロペス/マコ岩松●日本公開:1982/07●配給:20世紀フォックス●最初に観た場所:新宿ローヤル(83-04-30)(評価:★★☆)コナン DVDスペシャルBOX

ミラクルマスター 七つの大冒険2.jpgミラクルマスター7つの大冒険 パンフレット.jpg「ミラクルマスター 七つの大冒険」●原題:BEASTMASTER●制作年:1982年●制作国:アメリカ・イタリア●監督・脚本:ドン・コスカレリ●製作:バズ・フェイシャンズ/ラファエラ・デ・ラウレンティス●脚本:ポール・ペパーマン/ シルヴィオ・タベット●撮影:ポール・ペパーマンth_068769983_vlcsnap_00171_123_577lo.jpg●音楽:リー・ホールドリッジ●原作:ロバート・E・ハワード「英雄コナン」●時間:118分●出演:マーク・シンガータニア・ロバーツ/リップ・トーン/ジョン・エイモス/ジョシュア・ミルラッド●日本公開:1983/10●配給:日本ヘラルド映画●最初に観た場所:新宿東急(83-10-16)(評価:★★☆)
映画パンフレット 「ミラクルマスター-七つの大冒険-」 出演 マーク・シンガー/タニア・ロバーツ

昭和31年完成の東急文化会館.jpg新宿東急 ミラノビル -2.jpg新宿東急.jpg新宿東急 1956年(昭和31年)12月、歌舞伎町「東急文化会館」(現・東急ミラノビル)地階にオープン(右写真:1960年ミラノ座新館開業時)→「新宿ミラノ2」2014(平成26)年12月31日閉館。

 【1991年コミック版[あすかコミックス(上・下)]】

「●や 山岸 凉子」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【523】 山岸 凉子 (原作:梅原 猛) 『ヤマトタケル
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

歴史小説ファンで、少女漫画(家)を軽く見ている人に是非読んでもらいたい作品。

日出処の天子 (全8巻).jpg日出処の天子 第1巻.jpg 日出処の天子7.jpg 『日出処の天子 全7巻 (漫画文庫)
日出処の天子/全巻全話1-8完結:山岸涼子全集(あすかコミックスペシャル)角川書店〔マーケットプレイスコミックセット〕

 '80(昭和55)年から'84(昭和59)年まで雑誌「LaLa」連載、'86年に全集に収められ、'94年に文庫化された著者の最大のベストセラーで、'83(昭和58)年度・第7回「講談社漫画賞」受賞作。

 聖徳太子=厩戸王子(うまやどのおうじ)は超能力者で、しょっちゅう体外離脱し、離れたところにいる者の心を操ったり、旱魃の時に高気圧を動かして!雨を降らせたりした。また彼には強烈なマザーコンプレックスがあって女性を愛することができず、蘇我馬子(そがのうまこ)の息子・蘇我毛人(そがのえみし)を同性愛的に愛していたが、毛人が布都姫(ふつひめ)という女性を愛したためにその愛は報われず、厩戸王子は虚無感から狂女を妻に娶る―というスゴイ設定の話。

 漫画史に残ると言われる厩戸王子の漂白されたような透明感のある線描も含め、よくぞ聖徳太子をここまで妖麗な中性的存在(見た目むしろ女性に近い)に描いて"山岸流"に料理したなあという感じです。

 しかし一方、政治ドラマとしてのストーリー展開の方は、政権に絡む複雑な家系の人々を緻密に網羅し、彼らが入り乱れての男社会の権力抗争、権謀術数を史実にほぼ忠実に描いいて、そんじょそこらの歴史時代小説を圧倒する重厚さです。この辺りが、厩戸王子のかなりキワドイ人物像の設定にもかかわらず、この漫画が男性も含め多くの愛読者を得ている所以でしょう。ホントこの作者は、歴史大河小説を書ける力量が充分にあるのではと思わせます。

日出処の天子 完全版 コミックセット_.jpg 厩戸王子のキャラ設定で好悪は分かれるかもしれませんし、池田理代子氏などはこの作品に対する反発から『聖徳太子』(全7巻)を手掛けたともされているようですが(まだそちらは読んでいない)、歴史小説ファンでありながら少女漫画というものを軽く見ている人などには読んでもらいたい作品です。

メディアファクトリー完全版 コミックセット(MFコミックス)

 【1994年文庫化[白泉社文庫(全7巻)]/2003年白泉社ムック版(全7巻)]/2011年メディアファクトリー完全版 コミックセット(MFコミックス)】

About this Archive

This page is an archive of recent entries in the 山岸 凉子 category.

安岡 章太郎 is the previous category.

山口 瞳 is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1