Recently in つげ 義春 Category

「●つ つげ 義春」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【1354】つげ 義春 『近所の景色/無能の人
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

ラストの見開きが印象的な「海辺の叙景」。読んだことある作品でも時々読み返したくなる。

李さん一家・海辺の叙景  全集.jpg李さん一家・海辺の叙景 文庫.jpgつげ義春コレクション 李さん一家/海辺の叙景 (ちくま文庫)
つげ義春全集 (4)

「古本と少女」 1966年9月号№25「ガロ」再掲 0.jpg古本と少女.jpg 筑摩書房版の全集の第4巻であり、「月刊漫画ガロ」1967(昭和52)年6月号発表の「李さん一家」、同年9月号発表の「海辺の叙景」など、1965(昭和40)年からから1970(昭和45)年発表の18作品を収め、この内14作品が「月刊漫画ガロ」に発表されたものです。

「古本と少女」(「月刊漫画ガロ」'66年9月号)

 作者の「ガロ」初登場作品は「噂の武士」('65年)ですが、その後、少し前の作品をリメイクして、「ガロ」に発表したり「噂の武士」の単行本化の際に加えたりしていて、それらに該当する作品が「古本と少女」('66年)、「不思議な手紙」('66年)、「手錠」('66年)、「蟻地獄」('67年)、「女忍」('66年)などです。「古本と少女」から「噂の武士」にかけてはストーリー主体で、「チーコ」('66年)、「初茸がり」('66年)もその系譜と言えますが、「」('66年)は、背景などに作者特有の幽玄さを帯びているコマがあるのが窺え、とりわけ「沼」は漫画表現における画期的な作品と位置付けられているようです。

 また、「通夜」('67年)は、コミカルな作品ではありますが、前作「初茸がり」の後'66年4月から約1年間、水木しげるのアシスタントをしながら新作は発表せずにいた期間があって、その後に発表された作品ということもあって、水木しげるの描法の影響を色濃く受けているのが興味深いです。それが、やがて、作者独自の描法として確立されていくことになるわけですが、本書で言えば、「通夜」以降、「山椒魚」('67年)、「李さん一家」('67年)、「蟹」('70年)、「峠の犬」('67年)、「海辺の叙景」('67年)の6作品が、その前の作品とまったく筆致の異なっていることが如実に窺えて興味深いです。

海辺の叙景last.jpg 表題作「李さん一家」は後の「無能の人」('67年)にも連なる作風で味わいがありますが(「蟹」は「李さん一家」の続編)、さらなる傑作はもう一つの表題作「海辺の叙景」でしょうか。ラストの見開きが印象に残ります。

 「山椒魚」「通夜」「海辺の叙景」「沼」「峠の犬」「初茸がり」「古本と少女」「チーコ」「噂の武士」は、先にも取り上げた『ゲンセンカン主人―つげ義春作品集』('84年/双葉社)にも所収されている作品ですが、全集の方も文庫化され入手しやすくなったこともあって、改めて手にした次第。つげ義春って、すでに読んだ作品を時折ふっと読み返してしてみたくなる数少ない漫画家です。
「海辺の叙景」

《読書MEMO》
『李さん一家/海辺の叙景―つげ義春全集4』
・古本と少女(1966年9月/12月)...1960年2月発表作品のリメイク
・不思議な手紙(1966年12月)...1959年2月発表作品のリメイク
・手錠(1966年12月)... 1959年8月発表作品のリメイク
・蟻地獄(1967年4月)... 1960年4月発表作品のリメイク
・女忍(1966年12月)... 1961年2月発表作品のリメイク
・噂の武士(1965年8月/1966年12月)..初稿を全面改稿
・西瓜酒(1965年10月)、運命(1965年12月)、不思議な絵(1966年1月)
・沼(1966年2月)
・チーコ(1966年3月)
・初茸がり(1966年4月)
・通夜(1967年3月)
・山椒魚(1967年5月)
・李さん一家(1967年6月)
・蟹(1970年1月)
・峠の犬(1967年8月)
・海辺の叙景(1967年9月)

「●つ つげ 義春」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 「●つ 筒井 康隆」【458】 筒井 康隆 『カメロイド文部省
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

"私小説"的なものを強く感じる。「自分の虚構化」を通して自身が作中人物になってしまった?

近所の景色/無能の人  .jpg 近所の景色/無能の人00_.jpg    無能の人.jpg無能の人』['87年/日本文芸社]
つげ義春全集 (8)』(1994/04 筑摩書房)『つげ義春コレクション 近所の景色/無能の人 (ちくま文庫)』(2009/01)

 1979(昭和54)年発表の「魚石」から1986(昭和61)年発表の「蒸発」まで10作を収めたもので、全8巻(+別巻)の筑摩書房版の全集の第8巻であり、"後期作品"ということになりますが、やはり、この人の作品でしか味わえない、最近の漫画では類型を見出し難い独特の雰囲気があります。

 漫画を読んでいるというより、小説を読んでいるという感じで、最初の「魚石」は、"時代もの"をとの版元の要請に応えるべく描かれ、魚石という不思議な石を巡る江戸時代の話が作中に織り込まれている分"物語"的であり、その後の「近所の風景」('81年)も在日朝鮮人の集落を背景とした"物語"ですが(初期作品「山椒魚」を思い出した)、以降の80年代の作品は、何れも"私小説"的なものを強く感じます。

 「散歩の日々」('84年)のラストの「 自分は売上金を三百円くすねた...」とか、この辺りはまだほのぼのとした雰囲気もありますが、その後の「ある無名作家」('84年)は、内容も暗いけれど、ラストの「ふと子供の頃義父にひどい仕打ちをうけたことを思い出した」というのも、暗いなあ(この暗さがいいのだが)。それに続くのが、「無能の人」('85年)に代表される"石屋シリーズ"です。

 主人公(最近漫画を描かない漫画家)や主人公が接する人々は、うらぶれて半ば世捨て人のように生きていて、但しそれは、人から尊敬されるような高邁な精神生活ではなく、家族を抱え、妻に愛想をつかされたりしながらも、生きる糧を求めながらのかつかつの生活をしているという―、表面的には暗いムードの話が多いのですが、一方で、敢えて時代に追従せず、自我を抑制して淡々と生きる生き方への作者の憧憬のようなものも感じます。

石を売る.jpg 主人公がいきなり「石屋」を始めるとか、かなり浮世離れしている感じもしますが、「石を売る」('85年)、「無能の人」に描かれている"売石業"にしろ、「カメラを売る」('86年)に描かれている中古カメラ屋にしろ、実際に作者が漫画家からの転身を図って試みた"商売"であるとのこと、但し、だからと言って、《主人公=作者》ということになるはずはなく、そこに自分自身の虚構化という作為があることは、作者自身も認めていますが(カメラ屋をやっていた頃の作者の写真を見ると、やけに朗らかで、作中の人物とイメージは異なる)、この作者の場合、自分の生活が本当に作品の主人公みたいになってしまう傾向があるのではないかという気がしなくもないです。

つげ義春全集.jpg 筑摩版の全集は'93年から'94年にかけて刊行されましたが、作者自身は、'87年の「別離」以降は作品を発表しておらず、今日まで長い沈黙を続けており、「無能の人」みたいな生活を送っているのかなあ(この全集も'08年から'09年にかけて全巻文庫化されているので、印税とかは入っているだろうけれど...)。
 
 【2009年文庫化[ちくま文庫(『近所の景色/無能の人―つげ義春コレクション8』)]】

単行本『無能の人』(1992年/日本文芸社)
無能の人 単行本.jpg《読書MEMO》
『近所の景色/無能の人―つげ義春全集8』
・魚石(1979年11月)...「時代もの」の話が作中に織り込まれている
・近所の景色(1981年10月)... 在日朝鮮人の集落が背景
・散歩の日々(1984年6月)... 2年半の空白期間の後に発表
・ある無名作家(1984年9月)... 作者の創作姿勢が反映されている?
・石を売る(1985年6月)..."石屋シリーズ"の最初の作品
・無能の人(1985年9月)...「無能」ということを意識した"石屋シリーズ"第2作
・鳥師(1985年12月)... 作者が出あった"鳥男"のイメージをもとに創作
・探石行(1986年3月)..."石屋シリーズ"第3作
・カメラを売る(1986年6月) ... "石屋シリーズ"の主人公が骨董カメラを売る話
・蒸発(1986年12月)... 書店主・山井のおき方を漂白の俳人・井月に重ねた作品

「●つ つげ 義春」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【2372】 つげ 義春 『李さん一家/海辺の叙景
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

年代で異なる作風。巻頭アルバムに窺える家庭人と逃亡者の二面性。

ゲンセンカン主人68.JPGゲンセンカン主人.jpg ゲンセンカン主人ku.jpg「ゲンセンカン主人」
ゲンセンカン主人―つげ義春作品集 (アクション・コミックス)

 '66(昭和41)年から'70(昭和45)年発表のつげ作品から12本を選んだもので、巻末に作品リストがあり、そちらは'83年までに発表・刊行されたつげ氏の全作品の年譜になっています。

ねじ式 (1968「月刊漫画ガロ」増刊号)/ (1966「月刊漫画ガロ」2月号)
ねじ式.bmpつげ義春 沼.jpg 本書の最初に出てくる、かの有名な「ねじ式」ほか、「山椒魚」「通夜」「海辺の叙景」「沼」「峠の犬」は、いずれも'66-'68年の作品です(発表誌はいずれも「月刊漫画ガロ」)。

月刊漫画 ガロ つげ義春特集 1968年No.47、1971年No.91.jpg 「沼」('66年)は、背景などはすでにつげ義春特有の幽玄さを帯びているコマがあるのが窺え、内容にも作者らしい叙情性はありますが、登場人物の絵は"永島慎二"風という感じで、「通夜」('67年)は、内容は軽妙ですが、背景絵のタッチがよりつげ作品らしい微細なものになっています。

 「やなぎや主人」('70年)は1年の休筆を経た後の作品。人も背景もリアルで暗いタッチになっています。「初茸がり」「古本と少女」「チーコ」「噂の武士」は、'65-'66年の初期のヒューマンタッチな作品群で、「噂の武士」('65年)は宮本武蔵の偽者を描いた時代物。独特の抒情性は見られず、ストーリー主体です。

「月刊漫画ガロ」つげ義春特集 1968年No.47、1971年No.91

ゲンセンカン主人4.jpgゲンセンカン主人 .jpg 最後の本書表題としても選ばれている「ゲンセンカン主人」('68年)は、極端に暗い作風で、主人公の旅人の顔もリアルになっています。個人的には、この「ゲンセンカン主人」と、休筆後の「やなぎや主人」に最も"つげ作品"らしさを覚えましたが、短い期間に結構作風が微妙に変化してるなあと、改めて感じました(「ゲンセンカン主人」は石井輝男監督により、1993年に同タイトルで映画化されており、内容は「李さん一家」「紅い花」などを含んでいる)。

「ゲンセンカン主人」

 巻頭に作者の写真アルバムがありますが、これだけ見ていても天才作家の「家庭人」と「逃亡者」の二面性が窺え、作品の発表年と対比しながら見るとたいへん興味深いものです(作者は時に、"家庭"に対しても"時代"に対しても、意識的に「逃亡者」であろうとした?)。
 
夏目房之介の漫画学.gif 『夏目房之介の漫画学』('85年/大和書房)の中に、'70年前後のマンガを読み返して、「こんなに疲れるとは思わなかった。水を含んだ雑巾みたいな気分だ」とあり、そのころは、林静一、佐々木マキ、真崎守などを中心に、安保闘争の時代を反映したり極端に前衛的だったりする作品が多かったようですが、「総じて青臭く、独特の過剰さに辟易する」と。そうした中で、「実際、今でも時に読みたいと思うのはつげ義春の旅行ものとか、水木しげるの浮世ばなれした作品ぐらい」と書いてありました。 

「●つ つげ 義春」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【696】つげ 義春 『ゲンセンカン主人
「○コミック 【発表・刊行順】」の インデックッスへ

巻末の"自分史"に照らしながら作風の変遷を見ると興味深い。

つげ 義春 『リアリズムの宿』.jpgつげ3039.jpgリアリズムの宿.jpg つげ義春.jpg 
リアリズムの宿―つげ義春「旅」作品集』(1983/07 双葉社) つげ義春

 '67(昭和42)年から'75(昭和50)年に発表されたつげ作品を「旅」というキーワードで括っていますが、傑作揃いで、巻頭のイメージ画も「旅」というテーマに沿って"つげワールド"を展開していて、とてもいいです。

 '93年から'94年にかけて筑摩書房から全集も出ていますが(全9巻)、全部揃えるまで出来なくとも、この1冊でかなり「つげワールド」が堪能できるようなリアリズムの宿1.gif気がします(書版の大きさにこだわらなければ主要な作品は小学館文庫などでも読める(その後、筑摩版の全集はちくま文庫として文庫化された))。

 本書は作品の発表順に所収されていて、'67年作品が「李さん一家」「紅い花」「西部田村事件」の3作、'68年作品が「長八の宿」「二峡渓谷」「オンドル小屋」「ほんやら洞のべんさん」「もっきり屋の少女」の5作、'70年以降が「蟹」('70年)、「リアリズムの宿」('73年)、「庶民御宿」('75年)の3作であり、いずれも作者の代表作といっていい傑作です。巻末の"自分史"と併せて見ると、'67-'68年がいかに旺盛で充実した創作期であったかがわかります。

「リアリズムの宿」初出1973年11月「漫画ストーリー」(双葉社)

つげ3040.JPGつげ3043.JPG また最後の'70年代の2作「リアリズムの宿」と「庶民御宿」は作風がグッと暗くなっていて、旅人としての主人公の顔つきも、ボサボサ髪の無精ひげになっています。これは、この本には収められていませんが、「ゲンセンカン主人」('68年)「やなぎ屋主人」('70年)にも見られる作風です。ただし、'70年の「蟹」は、「李さん一家」の続編として作風も3年前のものを踏襲しています。

つげ義春全集 4.jpgつげ義春全集 5.jpg では、作品の発表が全く無かった'69年は、一体この人は何していたのだろうか? "自分史"によれば、'69年は水木しげるの助手だけを勤め、自作は発表していません。その年を挟む'68年との'70年作品に、異なる作風が交互に(一時的に昔の作風に回帰するかのように)表れていることになります。'70年後半に爆発的な"つげブーム"が起こると、逆に自らは創作から遠ざかり、その後、心身不調とノイローゼを繰り返す寡作の作家となります。

筑摩書房『つげ義春全集 (4)』 李さん一家 他/『全集 (5)』 赤い花 他

リアリズムの宿 映画01.jpgリアリズムの宿 映画02.jpgリアリズムの宿  長塚圭史、山本浩司.jpg 
「リアリズムの宿」 2003年映画化(監督:山下敦弘/出演:長塚圭史、山本浩司、尾野真千子)

About this Archive

This page is an archive of recent entries in the つげ 義春 category.

陳 舜臣 is the previous category.

筒井 康隆 is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1