Recently in 大江 健三郎 Category

「●お 大江 健三郎」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 「●お 大岡 昇平」 【418】 大岡 昇平 『野火

作家の思考の現況を探るうえでは興味深いものだったが...。

さようなら、私の本よ.jpg  『さようなら、私の本よ!』 (2005/09 講談社)

 「ストックホルムで賞をもらった」ほどの作家である長江古義人が、幼馴染みの国際的建築家・椿繁の、東京の高層ビルで爆弾テロを起こすという計画に荷担を余儀なくされ、北軽井沢の別荘に軟禁される―。
 作者の分身・古義人が主人公の3部作の最後の作品ですが、大江健三郎の新作長編を腰を据えて読むのは久しぶりで、なぜ読む気になったかというと、ストーリーが、前2作に比べてダイナミックな感じがしたからという単純なものでした。

 しかし読み進むにつれ、この小説がアンチ・クライマックス小説であることが明らかになり、作者の目的は、自分が書いてきたこと、書くという行為の総括であるともに、古義人と繁を「老人の愚行」を晒す「おかしな二人組」とすることで、繁もまた作者の分身であることが窺えます。
 「外国文学の影響から小説を書き始めた。(中略)それが現在、じつに日本的な書き方で、家族の生活を書くだけだ」(142p)などといった自身に対する批判に(これを繁に言わせている)、新しい小説を書くことで答えようとしているような部分もあり、それをセリーヌの『夜の果ての旅』になぞらえています(その結果書かれたのが、メタ私小説である本作品ということか?)。

伊丹十三.bmp また、死んだ人たちや過去に決別した人たちとの会話を通して、書くことの意味を問い直しているフシもあり、作中にある自殺した映画監督・塙吾良とは言わずと知れた伊丹十三であり、師匠の六隅は仏文学の渡辺一夫であるほか、「都知事の芦原」(石原慎太郎)、「評論家の迂藤」(江藤淳)などの名前も見えます。
 さらに、爆破計画と平行して「ミシマ問題」として扱われている、三島由紀夫の自衛隊クーデターに対する「本気」度の考察は、そのまま「書くこと」に対する自らの「本気」度を真摯に自問しているように思えました(三島自決事件の作家たちに与えた影響というのは重いなあとも思いました。特にノーベル賞を取った大江にとって)。

 その他にも過去の自身の作品への距離を置いた省察やモチーフの再現が見られ、 "お目出度い"とされる彼の「平和主義」に対する批判に対しては、「核廃絶」の困難さへの絶望感を露わにしつつも何かを希求し続ける様子が見てとれ、作家の思考の現況(心境)を探るうえでは興味深いものでした。
 
 しかし、もう自分だけのために書いているという感じがしたのと、「巨大暴力に拮抗する、個人単位の暴力装置を作る」という繁の考えが一種レトリックにしか思えず、最後まで違和感を覚えざるを得ませんでした。

 【2009年文庫化[講談社文庫]】

「●お 大江 健三郎」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【417】 大江 健三郎 『さようなら、私の本よ!

大江健三郎が初めて子供向け(?)に書いたエッセイ集。

自分の木」の下で.jpg  『「自分の木」の下で』 (2001/06 朝日新聞社) 「新しい人」の方へ.jpg  『「新しい人」の方へ』 〔'03年〕 (画:大江ゆかり)

 大江健三郎が初めて子供向けに書いたエッセイ集ということですが、大江ゆかり氏の挿絵との組み合わせでのエッセイは、ノーベル賞受賞直後に出版された『恢復する家族』('95年/講談社)などがあり、著者の暖かく優しい視線や平易な語り口には共に通じるものがあります。

 「なぜ子供は学校に行かねばならないか」といった素朴な疑問に、ノーベル賞作家である65歳の著者は、自らの少年時代の回想を交えながら真摯に答えています。
 その内容は著者独特の世界観や人生観に根ざすもので、例えばタイトルにもある「自分の木」というのは、著者の小説の中にも出てくる独特なイメージ構造であるし(子供の私が「自分の木」の下で会うかもしれない年とった私―について今書いている「年とった私」にとっての子供の私。考えてみたら結構フクザツな思考回路だなあ)、本書の続編である『「新しい人」の方へ』('03年/朝日新聞社)の「「新しい人」についても同様です。

 「なぜ子供は学校に行かねばならないか」についての著者の考え方もそうですが、これらの問いに対する回答としてのメッセージに「普遍性」があるかどうかと言えば、必ずしもあるとは言えないのではないかと思います(「生まれ変わった新しい自分たちが、死んだ子どもたちと同じ言葉をしっかり身につけるために必要なのだ」って言われても...)。

 個人的には、大江氏の文学作品を読む感じで本書を読みました。大人にだって、読み解くのが難しい...。
 ただし、「子供にとって、もう取り返しがつかない、ということない。いつも、なんとか取り返すことができる」(178p)といった今の子供に対する重要かつわかりやすいメッセージも多く含まれているのは事実です。

 書きながら意識した読者年代にバラツキがあることを著者も認めていますが、それだけに大人でも充分に味わえるし、大江文学をよく知る人はより深い読み方ができるエッセイではないかと思います。
 続編の『「新しい人」の方へ』ともどもの爽やかな読後感は、著者の将来世代への真摯な希望からくるものだと思いました。
 
 【2005年文庫化[朝日文庫]】

《読書MEMO》
●「人にはそれぞれ『自分の木』ときめられている樹木が森の高みにある...人の魂は、その「自分の木」の根方から谷間に降りて来て人間としての身体に入る...そして、森のなかに入って、たまたま「自分の木」の下に立っていると、年をとってしまった自分に会うことがある」 (21p)

「●お 大江 健三郎」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【416】 大江 健三郎 『「自分の木」の下で

それまでの作品と以降の作品の分岐点にある作品。今日性という点では...。

個人的な体験 単行本.jpg 単行本 ['64年] 個人的な体験.jpg 『個人的な体験』新潮文庫

 1965(昭和40)年・第11回「新潮社文学賞」受賞作。

 27歳の予備校講師バードは、アフリカ旅行を夢見る青年だが、生まれた子どもが頭に異常のある障害児だという知らせを受け、将来の可能性が奪われたと絶望し、アルコールと女友達に逃避する日々を送る―。

 この作品は'64年に発表された書き下ろし長編で、頭部に異常のある新生児として生まれてきた息子に触発されて書かれた点では著者自身の経験に根づいていますが、自身も後に述べているように、多分に文学的戦略を含んでいて、いわゆる伝統的な"私小説"ではないと言えます。

 しかし、それまで『性的人間』('63年)などの過激な性的イメージに溢れた作品を発表していた著者が、以降、家族をテーマとした作品を多く発表する転機となった作品でもあり、さらに『万延元年のフットボール』('67年)と併せてノーベル賞の受賞対象となった作品でもあります。

 個人的には、どちらか1作だけを受賞対象とするには根拠が弱かったのではないかという気がしているのですが、結果として、著者のノーベル賞受賞には"家族受賞"というイメージがつきまとうことになった?

 そうした転機となった作品であると同時に、それまでの作品の流れを引く観念的な青春小説でもあると思いますが、そのわりには文章がそれまでの作品に比べ読みやすく、入りやすい作品だと思います。

 一方、主人公の予備校講師バードが逃避する女友達の「火見子」との関係には、ある時代(全共闘世代)の男女の友情のパターンのようなものが感じられ、こうした何か"政治的季節が過ぎ去った後"の感じは、今の若い読者にはどう受けとめられるのだろうか。

 むしろ今日性という点では、出産前の胎児障害の発見・告知がより可能となった医療環境において、障害児が日本という社会で生まれてくることの社会的な難しさに、今に通じるものを感じました(日本人の平均寿命はなぜ高いのか、ということについて同様の観点から養老孟司氏が考察していたのを思い出した)。
 
 【1981年文庫化[新潮文庫]】

「●お 大江 健三郎」の インデックッスへ Prev|NEXT ⇒ 【415】 大江 健三郎 『個人的な体験

大江健三郎の最も青春小説っぽい作品。「風の歌を聴け」と比べると...。

叫び声6.jpg叫び聲.jpg 『叫び声 (1963年)』 『叫び声』講談社文芸文庫.jpg 叫び声.jpg 『叫び声 (講談社文芸文庫)』['90年]
叫び声 (講談社文庫)』['71年]

 二十歳の「僕」、17歳の{虎」、18歳の{呉鷹男」の3人は、偶然アメリカ人の邸に同居することになり、ヨット「レ・ザミ(友人たち)号」での航海を夢見て"黄金の青春の時"を過ごすが、そんな中、呉が悲劇的な事件を起こし(小松川女子校生殺しの少年がモデルになっている)、彼らの夢は挫折へと向かう―。

 その小説が「難解」の一言で片付けられがちな大江健三郎ですが、彼ぐらい作風が微妙に何度も変化している作家は少ないのでは(学生時代から作家であるわけだから当然かもしれないが)。

 大江健三郎は、初期作品だけでも 『死者の奢り』('58年)などのサルトル哲学っぽいものから、長男誕生を転機とする『個人的な体験』('64年)までの間にさらに、『われらの時代』('59年)、『性的人間』('63年)などの過激な性的イメージに溢れた作品群がありますが、この作品は'62年、大江が27歳で書いた長編(長めの中篇)で、系譜としては「性的人間」や「セヴンティーン」に近いものです。

 以前にこの『叫び声』を読んだとき、途中ユーモラスな部分もあるものの、やがて3人がそれぞれに閉塞状況に追い込まれ、最後はかなり暗いムードが漂う印象を受け、その「暗さ」が案外よかったのかも知れませんが、石原慎太郎の『太陽の季節』などと('55年)比べても、"青春小説"としてはこちらの方が上だと感じました(『太陽の季節』は「明るい」系か。大江健三郎と石原慎太郎は絶対に相容れないなあ)。

 大江の最も"青春小説"っぽい作品だと思っていますが、仏文学の翻訳のような文体(読みやすくはない!)が、後世代の純文学"青春小説"の代表作とされる村上春樹の『風の歌を聴け』('79年)が米国小説の翻訳のような文体であることとの対比で興味深く感じます(村上春樹の読んでいて"心地よい"文体に比べると、大江の方がずっと読みにくいが)。

 その他にも、「僕」と言う1人称主人公や(大江はサルトルの「神の視点は実在しない」という考えを受けて1人称を用いている)、その他登場人物の呼称に「虎」(『叫び声』)とか「鼠」(『風の歌...』)など動物名を用いているなど、大江健三郎と村上春樹のそれぞれの初期作品には、何か不思議に通じる部分があります。

 江藤淳に登場人物のリアリティの無さを批難された大江ですが、作家個人の内面で創出された自己分身的キャラクターと言う風に捉えれば、そこにも村上春樹との共通点が見出せるような気がします。

 【1971年文庫化[講談社文庫]/1990年再文庫化[講談社文芸文庫]】

《読書MEMO》
●「ひとつの恐怖の時代を生きたフランスの哲学者の回想によれば、人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、誰かひとり遥かな救いをもとめて叫び声をあげる時、それを聞く者はみな、その叫び声が自分自身の声でなかったかと、わが耳を疑うということだ」 (書き出し文)

About this Archive

This page is an archive of recent entries in the 大江 健三郎 category.

遠藤 周作 is the previous category.

大岡 昇平 is the next category.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Categories

Pages

Powered by Movable Type 6.1.1